teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月19日(土)16時48分10秒
返信・引用
  No. 576「カタクリ」 '11/ 5/ 3に撮ったもの。
秋田県仙北市西木町小山田鎌足・八津地区の西明寺栗の栗林です。
http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/06_katakuri.html
英語だと、
dog's-tooth violet
って言うんですね。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm

 
 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月16日(水)23時28分7秒
返信・引用
  No. 575 「さくら48」工業団地の桜です。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm

 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月 9日(水)07時09分11秒
返信・引用
  No. 574「菜の花5」
No. 568、571と同じく高知県四万十市(旧土佐中村)の入田ヤナギ林「菜の花まつり」会場にて。
壁紙性(笑)重視で、ガンマ2.5up(明るい一面黄色っぽい)画像にしてみました。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm

 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月 8日(火)19時58分53秒
返信・引用
  No. 573 ふき。
震災の春に旅行した東北の画像は、もう一枚(No.576を予定)あります。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm

 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月 6日(日)04時51分1秒
返信・引用
  No. 572「さくら47」
高知県南国市岡豊小蓮の長畝古墳公園で撮りました。
ようやく近所を散策し始めました。
この桜の写真は、僕の今年のベストショットです。
スポットでピントを合わせるのが結構むずかしいので。
次にカメラを買うときには、接写が出来てピントがスポットで合わせやすいやつにしようと思う。(当分今のが壊れるまで買えないだろうけれど。)
モータードライブのズームや、自動焦点などいらないから、以前使っていたPENTAX F+50mm単焦点レンズのように、シンプルなカメラが良いなぁ。(と、マニアを装いつつ、現在使っているカメラは、カシオのEX-Z550(プレミアムオートがついた初期のやつ)です。ある意味、すごいでしょσ(゜ε゜;)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm

 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月 5日(土)22時13分34秒
返信・引用 編集済
  No. 571「菜の花4」
No. 568と同じく、高知県四万十市(旧土佐中村)の入田[にゅうた]ヤナギ林「菜の花まつり」会場で撮影したものです。
いわゆる「緑がかぶっている」画像です。普段でしたら、ここに貼り付けた二枚目の画像のように、RGB分解してヒストグラムの上下0.15%でハイライト/シャドーの引き延ばし(デジタル処理)して、コントラストを上げます。
今回は、あわててTwitterにアップロードした画像が、(誰かが、どこかで宣伝したのか)僕としては希に見るリツイート、お気に入り登録されており、ここで画像処理しては、なにがしかのおもむきを損ねる事を嫌い、一切画像処理せず、そのままアップロードしました。(サイズ、縦横比は、各画像に合わせてます。)

なお、この画像は、最初のページの画像サイズアイコン(「UXGA」とか)をクリックして表示されるものは、
同じso-netのu-pageにアップロードしたものですが、
以降のページなどサムネイルをクリックして表示される個別ページの画像サイズアイコン(「QXGA」とか)をクリックして表示されるものは、外部ストレージサービス(JUST SYSTEMのインターネットディスク)にアップロードしています。
so-netのu-pageは、初心者用で、追加料を支払っても50Mbyteが上限です。このNo. 571はこれだけで30Mbyteを占有しています(/--)/
JUST SYSTEMのインターネットディスクは、500Mbyteコースですので、向こう約1年分の画像を作って、今月および翌月(一部は翌々月)までのカレンダー付き画像を置いておける余裕があります。
ただし、ストレージサービスは、会社などのインターネット環境ではアクセス制限があり、ご覧頂けないと思います。
この画像自体は、セキュリティー上問題が無いと思いますが、環境によっては、「不正アクセスを防止しました。」みたいな警告が出て画像が表示されないと思います。
大量のデータを転送できるストレージサービスに制限を掛けるのは、企業としては致し方ないかと思いますので、会社でご覧になる方は、最初のページ
http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm
の画像サイズアイコン(「SXGA」とか)をクリックして表示されるものに限ってご利用下さい。
さすがに、二種類~容量の少ないときでも5種類の壁紙用画像しか置いておけませんが(^_^;)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dany/kabegami/kabegami.htm

 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月 3日(木)01時24分10秒
返信・引用
  No. 570「こごみ」
震災の歳に、それでも行った春の大型連休温泉旅行で、
たまには温泉以外も。と、カタクリ群生地に足を運びました。その遊歩道の脇にこごみが芽を出していました。
 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 4月 3日(木)01時17分58秒
返信・引用
  No_569「さくら46」高知市の東隣。南国市は高知県内で高知市に次ぐ人口規模の市。ただし、No.2の市としては、全国で一番人口が少ない市だそうです(^_^;)
南国市の北、高知平野の北端に工業団地があります。工業団地によくある植え込みのサクラです。
 

「壁紙に如何ですか?」コーナー更新

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 3月27日(木)02時04分59秒
返信・引用
  No. 568「菜の花3」
高知県四万十市(旧土佐中村)入田[にゅうた]ヤナギ林で開催されている「菜の花まつり」に行ってきました。
さすがに毎年ソメイヨシノの開花宣言で全国一位を争う県で、春が早いです。

?
 

だにえる・やんの書庫コーナー更新しました。

 投稿者:Daniel Yang  投稿日:2014年 3月24日(月)02時31分37秒
返信・引用
  No. 555 「穴」小山田浩子著2014/1/25新潮社
第150回(2013年下期)芥川賞受賞作「穴」に加えて「いたちなく」「ゆきの宿」を収録した中編小説集。
2/20帝国ホテルでの芥川・直木賞贈呈式での選考委員島田雅彦の選評が面白かったので、帰宅途中の駅の本屋さんで、店頭に並んでいた本を買いました。
「いたちなく」「ゆきの宿」は、リアリズム小説ですが、
芥川賞の「穴」は前衛的な寓話。思わず「現代版、女・安部公房」だ、と思いました。
ドナルドキーンが新潮文庫の安部公房作品解説で「安部公房の作品は寓話だが、西洋の古典寓話と違い、物語が終わった後に「教訓:急がば回れ」のような教訓の但し書きがない。だから、読者がそれぞれ教訓を読み取るのだ。」と言うようなことを書いていたように記憶して、参考のために、僕のリアル・書庫にある安部公房の文庫解説を全部読み返していたら時間が掛かってしまいました。(結局見つからず。)
で、「穴」から僕が読んだ教訓は、「子供の居ない夫婦で、妻に専業主婦をさせると、ろくな事がない。」と言うものでした。
それは、現実に起こるはずのないことを目にしたり、体験したのが、ちょうど専業主婦をやっていた時期だから。

それにしても、小説と言うのは(小説に限らず、話題の学術論文などでもそうだと思うのですが)実際に読まないとわからないものだよな。
と言うのが、今回も感想の大前提でした。
と、言うのは、あらかじめ読んだ人の感想(芥川賞の選評など)を読むと、テクニカルな面についてはわかったのですが、実際に読者がどんな感想を持つのかは、わかりませんでした。
ネットの評判って、感覚的、直感的に「好き」「嫌い」に後付で理屈を付けたようなものが多いですよね。

と、言うわけで読んでみると、「いたちなく」「ゆきの宿」まで含めて、当たり前の夫婦が幸せな家庭を築く、その絆を描いているように感じたわけです。
リアルな本好きの知り合いとは、そのような読み方について意見をもらうことができます。
僕は、現在多くの趣味を絞って「読書感想文で頑張る。」ことにしているので、
リアルな本好きの知り合いから意見をもらえることは大変に強力な武器となっています。
 

レンタル掲示板
/36