teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


まとめです

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月16日(月)19時16分28秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  龍馬ファンのみなさんにとっても、どうでも良いマニアックな内容でしたが、まとめの動画を作りましたので最後に紹介させて下さいね。

長々とお付き合い下さってありがとうございました。
https://www.youtube.com/watch?v=jrQJLta_3gk
 
 

当てになるものは

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月10日(火)15時50分28秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  寺田屋事件は、映画やテレビのなかった頃も雑誌や書籍で広く紹介され、世間に知られた事件でした。当時、事件を実際に目の当たりにした人々も、晩年小説などで知った事件の顛末をさも自分の見聞きしたことのように脚色し人にも語り物にも書いたようです。ですから事件の実際は、いくら雑誌や書籍を読んでもはっきりしないのです。当事者であるお龍の証言も、時が経ってからのもので当てになりません。ですから私は、寺田屋事件については「龍馬の手紙」「寺田屋お登勢の手紙」「三吉慎蔵日記」を元にして考えました。
 龍馬の拳銃についても研究者たちが一部を誤って記述をして発表したものを、次の誰かが根拠もなく自分の推論を加え引用流布することで、混乱が深まってしまったようです。今では笑い話ですが、司馬遼太郎は龍馬の拳銃をコルトだと書いています。
 

龍馬の拳銃のその後

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月10日(火)10時45分18秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  龍馬が寺田屋で捨てた拳銃はその後どうなったのでしょうか?
三吉慎蔵日記には「寺田屋ニハ変動ノ翌日探索者至リ家内ヲ検シ、遺コシ置キタル銃槍及ビ書類用金等ヲ拾ヒ揚ゲ、奉行所ニ取帰リ候由」とあります。奉行所に押収された拳銃も、その後の鳥羽伏見の戦いのドサクサで行方不明となってしまったのでしょう。この戦いで寺田屋も焼失しています。
 ただし、不思議な一文があります。寺田屋の跡目を継いだ伊助が、龍馬没後40年を記念して子どもの頃の記憶を元に「寺田屋伊助申立書」を残していますが、その中に次の一文があります「使用セシ短銃ハ長崎ニテ求メラレ候由ニテ、其際携ヘラレ初メテ見候事トテ、一同珍敷モノト思居ルコトニ候 後記念トシテ私方へ下サレ候。」事実なのでしょうか?

 次に、龍馬の遺品となった拳銃は、だいたいこんな経緯をたどったようです。龍馬の遺品は坂本家を継いだ龍馬の甥の坂本直からその子坂本直衛に移りますが、直衛は北海道の叔父坂本直寛を頼って浦臼に移住します。龍馬の拳銃は直寛の婿養子弥太郎に受け継がれ、龍馬展にも展示されたりしますが、大正2年の釧路大火で焼失してしまいます。火で焼かれた拳銃は単なる鉄くずになってしまいますからしかたありません。

 龍馬の所持した拳銃の実物は無くなってしまいましたが、レプリカや模型はたくさん存在します。
龍馬が使わなければ誰の目にも留まらなかったアメリカの拳銃が、面白いことにアメリカ以上に日本では知られる拳銃となっているのです。
 

手の傷からわかること

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月 9日(月)21時09分6秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  龍馬は寺田屋で捕り手の一人が切りかかってきた脇差しを、拳銃で受けようとして手を負傷したという話がありますが、どうも変です。
龍馬は手紙の中で、手の負傷についてこう書いています。要約するとこうです。
「脇差しで右手の親指のわたの部分を削がれ、中指の先も切られ、左手の親指の関節と人差し指の関節を切られた。」と。
一枚目の写真の部位を切られた訳ですが、拳銃を握った形に両手を添えれば傷の位置が重なります。実際はこの状態で不意に切られたのですね。拳銃で脇差しを受け止めたのではありません。
 

龍馬の遺品

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月 9日(月)14時49分26秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  龍馬が近江屋で暗殺される半年ほど前の1867年6月、所持していた拳銃について乙女宛に手紙に書いています。「是ハ妻ニも一ツつかハしこれあり長さ六寸斗五発込・・・」「(妻)は此頃ビストヲルハ大分よく発申候・・・」
長さ20cmほどの5連発拳銃となればスミス&ウエッソンモデル11/2(1865年~1868年製造)です。11/2と云うのは弾丸の大きさがモデル1とモデル2の中間の大きさという意味で、口径はモデル2アーミーと同じ32口径です。
龍馬の遺品の写真があります。不鮮明な写真ですがよく見ると、右側の拳銃(モデル2アーミーで銃身の短いタイプ)ではなくて、左側のモデル11/2であることがわかります。
 

寺田屋と拳銃

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月 9日(月)13時35分56秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  1866年1月23日、龍馬が寺田屋で幕吏の襲撃を受けたときに使用した拳銃はスミス&ウエッソンモデル2アーミーです。龍馬はこの事件の顛末を報告する親類宛の手紙で「右銃ハ元より六丸込ミな礼ども、其時ハ五丸のミ込めてあれば・・。」と書いています。また木戸宛の手紙には「彼高杉より被送候ビストールを以て打払・・。」とあります。
この当時六連発の金属薬莢式の拳銃はスミス&ウエッソンモデル2アーミーしかありません。この拳銃は南北戦争で使われた軍用拳銃で1861~1870までに7万丁が作られ、モデル1より大きな弾を使います。
寺田屋事件の半年前の8月、龍馬の斡旋で長州がグラバーから購入した数千丁の銃器が下関に到着するのですが、高杉はその中に混ざっていた拳銃の1丁を、その後龍馬にプレゼントしたのかも知れません。高杉はそれ以前に私物として新式銃を所持していた可能性は大いにありますが、それを龍馬に送ったわけではないと思います。理由は、自分も拳銃が必要だったからです。

https://www.youtube.com/watch?v=VBJnPr7y_Uo
 

高杉の拳銃

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月 9日(月)11時19分8秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  高杉晋作は1862年6月に上海のアメリカ人の店で7連発薬莢式の拳銃を購入しています。
高杉の書いた「遊清五録」の一冊に「外行米堅人店求七穴銃」とあります。
当時の新式拳銃はアメリカのスミス&ウエッソン社のモデル1です。広告の拳銃の特徴は、金属薬莢式の七連発で、小さくて軽いことで、護身用に所持するにはぴったりの拳銃でした。1862年当時の上海には初期型(広告の写真・・・1858年~1859年製造)と二型(二枚目の写真・・・1860年~1868年製造)が出回っていたはずです。晋作がどちらを購入したのかは不明ですが、量産された二型を購入した可能性が高いと思います。
しかし、このおもちゃのような拳銃を龍馬にプレゼントしたわけではありません。
 

龍馬の拳銃

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月 8日(日)00時01分40秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  20年ほど昔、こちらの研究会に混ぜてもらっていたものですが、この掲示板を見つけましたので懐かしくて書き込みます。ネットで検索してみても諸説入り交じって混乱したままなのが龍馬の拳銃です。一枚目の写真は高杉晋作が上海で買った拳銃と同型のものです。寺田屋で龍馬が使ったものは二枚目の写真の形の拳銃です。龍馬の遺品となった拳銃が3枚目の形の拳銃です。この当たりがごちゃごちゃになっていますね。少しづつこのあたりを書いていきたいと思いますね。  

もはや、明治維新はすべて「ウソ」。

 投稿者:ねこ  投稿日:2014年 8月 3日(日)17時40分55秒 bf04264.fip.synapse.ne.jp
返信・引用
  もはや、明治維新はすべて「ウソ」。

http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0203/36/249.html

日本の歴史は、全てウソであることが既に判明している。
しかも、ウソである以上、中途半端ではない。
「真逆」のウソだ。
それは、成績劣等生がウソをついて生きていくとき、
どうせつくウソなら大きなウソをつくのと同じ心理状況だ。
しかも万全の権力のバックアップがあればなおさらのことだ。
(仮説を含む)

( http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0102/5/182.html )
 

龍馬ファンの集いエクスカーション

 投稿者:岩原会長  投稿日:2013年 9月10日(火)17時47分24秒 239.245.233.111.ap.yournet.ne.jp
返信・引用 編集済
  龍馬研究会の方で、龍馬ファンの集いエクスカーションを希望する方は、掲示板かメールで知らせて下さい。研究会事務局が申し込みします。
アクセスカウンターには現在138人が来ていますと表示。

http://www.ryoma-kenkyu.jp/kakogyoji/index.html

 

レンタル掲示板
/3