teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/28 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

寺田屋と拳銃

 投稿者:高田  投稿日:2015年11月 9日(月)13時35分56秒 180-198-166-201.nagoya1.commufa.jp
  通報 返信・引用
  1866年1月23日、龍馬が寺田屋で幕吏の襲撃を受けたときに使用した拳銃はスミス&ウエッソンモデル2アーミーです。龍馬はこの事件の顛末を報告する親類宛の手紙で「右銃ハ元より六丸込ミな礼ども、其時ハ五丸のミ込めてあれば・・。」と書いています。また木戸宛の手紙には「彼高杉より被送候ビストールを以て打払・・。」とあります。
この当時六連発の金属薬莢式の拳銃はスミス&ウエッソンモデル2アーミーしかありません。この拳銃は南北戦争で使われた軍用拳銃で1861~1870までに7万丁が作られ、モデル1より大きな弾を使います。
寺田屋事件の半年前の8月、龍馬の斡旋で長州がグラバーから購入した数千丁の銃器が下関に到着するのですが、高杉はその中に混ざっていた拳銃の1丁を、その後龍馬にプレゼントしたのかも知れません。高杉はそれ以前に私物として新式銃を所持していた可能性は大いにありますが、それを龍馬に送ったわけではないと思います。理由は、自分も拳銃が必要だったからです。

https://www.youtube.com/watch?v=VBJnPr7y_Uo
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/28 《前のページ | 次のページ》
/28