teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ゴメン、ゴメン

 投稿者:阪井  投稿日:2013年 9月27日(金)11時25分59秒
  滅多に掲示板にコメントが無いので開いてもいませんでした。
後先になって、どうコメントすればよいかわかりませんが、
その後、経過が良好なことを祈ります。

 
 

お久しぶりです

 投稿者:3月  投稿日:2013年 8月 1日(木)20時28分42秒
  今年も短い滞在になりそうです。
次女の方はかなり良いですが、私が半年前から右側だけ顎関節症になりまして。
明らかに体の左右バランス崩れてる気がします。
低気圧期に復活する明け方の咳も去年よりも早くて…。滞在期間短いときに限ってもう。。。
8/10~18の間、最低でも3回は行きたいと思っています。
そちらに着いたら連絡致しますね。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月21日(土)14時12分1秒
  私はどなたに対しても、毎回の施術の度に更なる好転反応が出る事を期待しながら、何とかこれで治ってくれと言う思いを込めながら毎回の施術に当たっています。何故、貴女が今の時点で悪化状態になるのか、全く分りません。

確かに貴女には「神経系?」と思われる、マイナス要素があると思います。しかし、いずれのマイナス要素の場合でも施術毎に、ますます、悪化して行くと言う例は今までには皆無のはずです。施術毎に遅々として効験が表れなかったと言う例は普通にあります。

もしかしたら貴女の場合は、頚椎(首)の7番目が陥没していると言いましたが、この事が「骨格系」のマイナス要素になっていて、先の「神経系」と「骨格系」のマイナス要素が複合されていて、施術の効験度に悪影響を及ぼしている事も懸念されるかも知れません。その為に、今の時点で「呼吸の改善率」が極端に低い事も考えられますが、もし、そうだとすれば、今までに貴女が痒さの軽減または消失を自覚する事は絶対にあり得ません。

皮膚の状態が一時的に悪化したと言う例はありますが、「痒さ」の程度がますます、酷くなったと言う例も無かったと思います。もしかしたらあったのかもしれませんが、私が気がつかなかったのかもしれませんし、その人も劇的な変化ではなかった為に、私に訴えなかったかのかも知れません。

私があまりにも貴女に対して、最少の施術回数に拘っている事も確かです。よく考えて見ますと9回目終了後の今の時点の貴女の自覚症状は当たり前の状態なのかも知れません。新旧が混在した話になりますが、今の貴女と同じ状態の人が「完治状態」に達するまでに15回以上~20回以上と言う人は少ない例ですが確かにありました。しかし、このような人と貴女を単純に比較出来ない事も確かな事です。

これ以後に好転反応が表れる事を祈っております。
 

ありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月20日(金)20時15分36秒
  今は様子を見てみます。なんとも。。。今では自分の反応すら当てにならないもののような気がします。すっかり疲れてしまいました。
すみませんが、今の私には自分の体に正しい判断ができるとは思えません。少し落ち着いてからまたご連絡します。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月20日(金)18時05分35秒
  >今は、痒みと湿疹につらい思いをしています。
以前にも言いましたように、今の貴女の皮膚の状態は非常に不安定なものと思われます。これは、皮膚の見かけの表面上の問題ではなくて、湿疹の下の細胞レベルの事を指しております。他の切り傷や擦り傷でも触れると痛さを感じますが、それと同じ状態で外的な刺激と質の変わった血液によって「痒さ」を感じているかと思われます。湿疹は以前にも言いましたように、呼吸が良くなった時点で、何故か一時的に湿疹の程度が悪化する例はありました。

>4回目~5回目のころに戻った感じです。
いずれに致しましても、8回目よりは9回目の方が絶対にレベルアップしている事は間違いの無いところだと思われます。9回目でレベルアップした事が、むしろ今の貴女の不安定な皮膚の、痒さや湿疹に悪影響を与えている事も考えられます。過去の施術体験によれば、回数を重ねる事によって前進した事があっても、以前の悪化状態に戻ったと言う事は一度もありません。生理との因果関係についてはよく分りませんが、施術中にこれによって、悪化したと言う場合と逆に良好になったと言う両方の例があるようです。

今は辛いでしょが、より改善された呼吸が「痒さ」と湿疹の回復が時間経過と共に、必ず好転反応をもたらすものと想定しております。もう少し時間をおいて観察してください。貴女の場合は今までの施術の経過から「戻り易い」と言う事はないと思います。従いまして、症状が4~5回の頃に戻ったと言う事は絶対にあり得ないものと思われます。

>9回にして、改善が見られなかった例にあたると思います。
前回も言いましたし繰り返しになりますが、9回目に以前よりはレベルアップしている事は間違いないと思います、その証拠に施術の直後に、例え短時間であっても貴女は「痒さ」の明らかな変化を感じ取っております。その上で「戻っていない」と言う事を重ねれば、今、悪化状態の自覚症状があるのは前述した事が悪影響をもたらしているものと想定いたしております。貴女は以前に、時間経過と共に好転反応を感じた事もありました。また、メールの時間帯から、家にたどり着いて安心した事による、副交換神経モード(リラックス)による、毛細血管の拡張により刺激を多く受けた事も考えられます。いずれに致しましても今後の時間経過と共に好転反応が表れる事を期待しております。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月19日(木)11時04分30秒
  9回目の施術の効験についてですが、貴女は事前と事後の呼吸の差を感じませんでした。しかし、私が見るところによると明らかに胸郭の膨らみ(動き)は事後の方が大きい事が明確に確認出来ました。貴女は呼吸の差としては自覚しなかったが、現実には呼吸の差がある事になります。この時点で明らかに8回目よりは、また一歩呼吸の改善がされた事が明確に言えます。従いまして、終了直後に例え短時間であっても痒さの変化を感じております。後はこれがどの位の時間持続されるかです。

「治り難い」場合の全体の施術回数についてですが、貴女が施術回数に拘るのは当然の事です、それを明確に言えないと言うのが現実です。それと今となっては旧操法と新操法の比較は全く無意味なものと思われますので、今後は新操法のみの実例を基準にしてお話いたします。ただ、新操法の治験例はあまりにも少ないものですので、データー化する事も出来ないですから、殆ど参考にはならないものと思われます。と言うよりも「治り難い」人の場合は、「完治状態」に至るまでの施術回数は夫々がバラバラで、回数を特定する事が出来ません。つまり、他の人と相互にそれを比較する事が出来ません。

ただ、貴女の場合に限って言える事は、施術の経過を見ますと今までの「治り難い」人と比較すると、はるかにその都度の施術毎に、明らかな効験がある事が確認されております。これについては貴女が、特に、「痒さ」に対する自覚症状の変化を、例え短時間であってもご確認いただけた事と思います。後は、これを如何に長期間、持続させる事が出来るかですが、これについては、施術回数を重ねる以外に方法がありません。

敢えて言いますと、「骨格系」の場合は「戻り易い」事で回数が多くなる。「神経系」の場合は「効き難い」事で回数が多くなると言う事です。貴女は後者に属します、何も根拠がありませんが、今のペースで12~13回で「完治状態」に到達出来ると思っております。

これから以後の貴女の自覚症状や、管理についてですが、痒さが以前よりは「軽減」または「消失」されている事が自覚出来る、それに伴う皮膚の改善の度合いが、やや改善傾向にあるとしたら、当分の間様子を見てもかまいませんが、今の時点でこのような自覚症状が感じられれば、ベストです。貴女のご事情と相談しながらと言う事になりますが、今のペースで施術を続行されるのがベストかと思われます。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月16日(月)11時18分8秒
  >傷や湿疹は減る傾向にありません
これについては全く好転を感じませんか?、これは「第一段階」の場合でもやや好転して来て、部分的ではあるが、改善傾向を自覚される人もおります。貴女の場合でも最初に発症した部位の痒さの程度がどの位か分りませんが、改善傾向を感じませんか?。

基本的な事に戻りますが、痒さは皮膚の細胞を盛んに破壊している状態です。従いまして、痒さを感じている段階では、皮膚に好転反応が表れる事は絶対にありません。何度も言いますように、「完治状態」はアトピー本来の痒さが完全に「消失」する事が必須条件です。

今の貴女の状態は、言われますように、痒さが軽減または消失の所謂、「第一段階」に達していない事が想定されます。しかし、痒さの若干の軽減を自覚されておりますから、施術に対する効験はどの程度か分りませんが、明らかに出ているものと思われます。過去の実例を参考にしてもこのような状態の人はおりました。今のところは「完治状態」に到達するまでの施術回数の予測が出来ないだけで、回数を重ねる事によって「完治状態」に到達する事が出来ると想定いたしております。しかし、新操法を行使するようになってからの所謂、「治り難い人」が回数を重ねる事によって「完治状態」に到達した実例は、今までにせいぜい2人位ですので、あまり参考にならないものと思われます。RICAさんの場合は旧操法の時代ですので、全く参考になりません。

ただ、前述の「治り難い」2人と貴女を比較すると、正確に比較が出来るものではありませんが、7回目と8回目の施術に対する貴女の反応(自覚症状)の方がより顕著な事が確認されております。これと比較しても9回目以降の施術に対する反応も、より高いものが期待出来ると思っております。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月15日(日)19時16分12秒
  そうですか。。。痒みの軽減と消失ですが、残念ながら第一段階まで達してないかと存じます。私のアトピー暦の中で、全く症状がない、痒みがないという期間も多々ありました。それと比較しても、骨に響く痒みは、まだありますので、傷や湿疹は減る傾向にありません。ただ、掻かずにすむ時間は頭と足、手を含めて確実に伸びていると思うのです。
私も9回目に効果が出ない場合のことについては考えないようにします。18日に予約をとりますのでよろしくお願いいたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月15日(日)13時56分0秒
  文面からは判断が難しいところですが、8回目の施術の効験がやや出ていると見てもよいかも知れません。それにしてもまだ「第一段階」には到達していないものと思われます。再度、「第一段階」と「完治状態」について述べますと、前者は「痒さ」が「軽減または消失」したと自覚された場合で、後者は「痒さ」が「消失」して皮膚の改善が顕著に自覚出来る事を言っております。もっと端的に言いますと「軽減」と「消失」の違いです。
無理も無い事ですが、貴女には「痒さ」の区別がつかないのかもしれません。「完治状態」になった人が、1回目のアフターケアを終了した後にこの区別が容易につくようです。

>6回目→7回目も時間が経つにつれ調子が上がっていきましたので、また期待して過ごし>てみます。

以前に時間経過と共に上記のような自覚症状があったのであれば、今回も同様な効験の状態が期待出来るかもしれません。ただ、9回目の施術後の反応で懸念されるのは、今まだ、痒さを感じてる部位が終了直後に、7、8回目で感じたように、即、痒さの「消失」を感じなければ、これ以上の効験が出ない事も考えられます。これは、過去の実例でもあった事ですが、この場合は、やはり、顕著なマイナスポイントがあって「特殊」と判断された人の例です。貴女にそれが無い事を祈るばかりです。

いずれに致しましても、まだ、施術が必要な状態と思われますが、私も余計な事は考えたくないです。今度も8回目を上回る効験を期待いたしております。少しずつですが前進しているようですが、貴女のご負担を考えると切ない思いが致します。19日は他の事で問題のある人が、午前と午後に夫々、先約がありますので都合が悪いです。出来れば18日に前回と同じ時間帯で予定しておいてください。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月14日(土)21時30分52秒
  先日は長い時間どうもありがとうございました。ご報告です。
頭、足、手と痒みのひどかった部分ですが。。。痒みの減り方は50%~30%くらいでしょうか。
やはりあと2、3回は必要かと思ったりします。次の回次第ですが。
6回目→7回目ほどの大きな違いはありませんでした。
ただ、6回目→7回目も時間が経つにつれ調子が上がっていきましたので、また期待して過ごしてみます。
次回はまた、来週水曜日(18日)か木曜日(19日)くらいにお願いできますでしょうか。
 

時間の変更

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月11日(水)19時48分50秒
  阪井先生
すみません。明日(12日)の来院時間が11時→12時前後になりそうです。取り急ぎお知らせします。
11月に雪を見るなんて!
100%の改善を目指して、私もいるかスペシャルをまたやっておきます。どうぞ明日もよろしくお願いいたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月11日(水)17時17分25秒
  >8回目のこと、うまく行きそうと書いたのは、ちょっと行き過ぎですね。
そんな事ありませんよ、貴女がそう思っていただける事が一番良い策です。私の手法として「過去の実績(実例)」を当てにして施術を行なうしかありません。これを数値化してより具体的に、人に見せる事が出来れば、皆さんが私の施術に対して、納得が出来るはずです。血液検査により、貴女の血中の二酸化炭素と酸素の量を、例えば、施術前と呼吸に差が無くなった時点、或いは痒さが消失した時点で比較する事は簡単な事です。しかし、これには法的な規制があって私には出来ない事です。私は今までこれを「アレルギー性の疾患」に関するHPを持っている医師に訴えて来ましたが誰も相手にしてくれません。もしかしたら密かに調べている医師もいるかも知れませんが・・・。

よく考えたら既にHPに全て記述している事を何度も繰り返し、貴女に対して記述しております。貴女のお蔭で更にまた勉強させられたとも思っております。(貴女には悪いですが)いずれにいたしましても、8回目で100%に達する事が目標です。もし、100%に達しない場合でも、回数については確定出来ませんが、回数を重ねる事によって必ず、「痒さ」が消失されるものと確信いたしております。それを今回(8回目)の施術終了後の貴女の反応によって判断する事が出来ます。

特別なご事情がありながら、何の根拠も無しに、私を信じていただいて、今までご努力されて来られた貴女のご希望に絶対に背く事が無いような結果が出る事を信じております。当方はまた気温が下がり始め各地で雪の予報が出始めております。寒さ対策には充分ご注意いただきまして、くれぐれもお気を付けておいでください。お待ちいたしております。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月11日(水)13時38分42秒
  そうですか。痒みや湿疹について詳細な説明ありがとうございます。湿疹は気にしていませんでしたが、他の方も多数経験されたとのこと、さらに安心しました。
8回目のこと、うまく行きそうと書いたのは、ちょっと行き過ぎですね。
今日は本当に久しぶりに気分の良い休日を過ごしています。それもこれも、先生に希望を持たせていただいたおかげです。
肩や背中、腕など今まで痒みが酷かった部分が楽になって、標準的ではないにしろ私にとっては7回でここまで来たのは奇跡のようなものです。
先生があきらめず施術してくださったおかげで光が見えてきました。私も過剰な期待はせず、しかし希望を持って施術を受けたいと思います。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月10日(火)11時46分5秒
  >他の部分はむしろ日々かゆみが楽になってきているようです。
>むずむずしたり突発的に痒く感じるけれど、掻いてみると以前ほど気持ちよく感じな
>い、ということろでしょうか。
貴女の上記の自覚症状を受けてですが、「他の部分」と言われている部位には二酸化炭素が多く、酸素が少ない所謂、質の悪い血液が集中していない事が想定されます。前回も言いましたが、過去の実例で、「呼吸の改善率」が70%位と思われる人がよく言われる自覚症状です。前回言いました二酸化炭素が100と30の話ですが、今現在の貴女の状態は、弱いと思われる最後に発症した部位にこの30が集中している為に、最初に発症した強いと思われる部位には、これを侵すほどの二酸化炭素が無いと言う状態だと思います。

>むずむずしたり突発的に痒く感じるけれど
上記は多分、アトピー本来の痒さではなく、古傷が治る時に感じる「痒さ」だと思われます。

>(湿疹は酷くなった?理由はわかりませんし、気にしていません)、
湿疹の程度が酷くなった、・・・これも過去の実例でよく言われていた事です。私にも理由はよく分りませんが、その後、日に日に改善して来る事が実感出来るとも言っています。最初に発症した部位の今現在の湿疹はただの傷状態と思われますので、各種のスキンケア(プラセンタは必要ない)が有効なものと思われます。薬も今までよりは、はるかに効くものと思われます。

>8回目でうまくいきそうな気がします。
貴女に対して否定的な事を言う積もりはありませんが、何度も言いますように今の貴女の「呼吸の改善率」は70%位と想定しております。過去の実例では「標準的な施術回数」でここまで達する人は普通におります。ただし、70%の人の比率は非常に小さい。過去の実績では大半の人が100%に達する事が多いです。

貴女に対する実績では6回目でも70%には達しなかったものと思われます。つまり、貴女の場合は、私が言うところの何故か「特殊」に分類されるお身体であると言う事が想定されます。話が少し複雑になりますが、新操法を行使するようになってからは、ここから100%に達するのに「標準」と思われる人と比較して、確定的な事は言えませんが2~3回位多くなりますが、結果として出せていると言う実績が少ない例ですがあります。

RICAさんの場合はまだ旧操法の時代でしたので、100%に達するまでの回数が殆ど予測が出来ない状態でした。それでも、ご本人は何かが違うと言う自覚症状があって、私を信じて通っていただいて、結果として人の何倍もの回数を施して成果が出た例です。

貴女の場合は「特殊」である事は間違いのないところですが、今現在、私はそれに対するマイナスポイントを見つけられないまま、暗中模索状態で貴女に対する施術を行なっている状態です。何の根拠も無いままに、貴女と同様「上手く行きそうな気がする」だけを頼りにしております。しかし、こんな消極的な事でもダメですから、気概だけは8回目で結果が出ると信じております。それは8回目の施術終了後に即、結果として表れます。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 9日(月)22時16分28秒
  先生のおっしゃるとおりかと思います。
本日は、頭、足先、手先など7月以降に症状が悪化した部分は相変わらず痒かったのですが、他の部分はむしろ日々かゆみが楽になってきているようです。
数値でいうと、0.5~2くらい、むずむずしたり突発的に痒く感じるけれど、掻いてみると以前ほど気持ちよく感じない、ということろでしょうか。
先生が書いてくださっているように湿疹はありますし(湿疹は酷くなった?理由はわかりませんし、気にしていません)、服がこすれたり、汗をかいたり、またイライラすると痒くは感じます。しかし、明らかに以前とは違います。
むしろ他の部分に意識が向かなくなり、頭、額や足が余計痒く感じる気がします。
8回目でうまくいきそうな気がします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月 9日(月)13時47分44秒
  12日のご予定了解致しました。

「痒さ」についてですが、今の貴女の皮膚の状態は全体的に、まだ修復されていない不安定な状態と思われます。

痒さがやや改善されたと思われる部位と、頭、足、手の二つに分けてご説明致します。前者は、やや皮膚の修復がされている状態と想定いたしますが、それでも皮膚の状態が不安定な為に、汗、衣服でスレルや掻く等の外部からの刺激によって痒さを感じる事や、増す事があると思います。この場合、判別が難しいかも知れませんが、痒さがアトピー本来の痒さではないかも知れません。従いまして、掻いて手を離すと痒さが治まる事があるかも知れません。

後者の場合は、まだ、アトピーの症状が改善傾向ではない事が想定出来ますので、アトピー本来の痒さを感じるものと思われます。

判別する事は難しいかもしれませんが、前者と後者の痒さの違いを感じれば、前者の皮膚は改善傾向にあると見てよいと思います。

8回目の目標はまだアトピー状態と思われる、頭、足、手の痒さを無くす事です。
「自助努力」は出来るだけ頑張ってお続けください。
 

承知しました

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 8日(日)19時36分36秒
  12日(木)は11時くらいになると思います。昼食の時間をはさんで申し訳ありませんが、どうか私のことはお気になさらず、昼食をおとりください。
本日も、あまり痒さは戻ってないように思います。相変わらず足、手、頭が痒いのは、先生が下記にご説明いただいていたとおり(最近発症した部分)かと存じます。
明日明後日は仕事ですので、通常の生活に戻り、今までとの痒さの比較が容易になると思います。また報告いたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月 8日(日)14時12分51秒
  今の貴女の自覚症状から70%なのか、如何ほどなのか分りませんが、5、6回目よりは7回目で「呼吸の改善率」が確実にレベルアップした事は間違いないものと思われます。

では何故、後から発症した部位が今の時点で「痒い」のかと言いますと、後から発症した部位は他の部位と比較して、元々、皮膚は強いはずです。その強い部位が侵されますから、その部位の皮膚のダメージーは他の部位よりは大きいはずです。貴女の身体を二酸化炭素の量で説明致しますと、施術を受ける前の二酸化炭素の量を100とすると、今現在(7回目)の量を30と想定致します。その30が一番ダメージを強く受けている部位に二酸化炭素が集中している状態だとお考えください。火山の噴火と同じで弱い部位を狙って、二酸化炭素が集中している状態です。つまり、頭、足、手が集中砲火を浴びている状態と言えます。

施術を行なっている時に、その人がある回数の時に、呼吸の差を感じなくなりますが、その人が自覚が出来ないだけで、実はその時点でも事前と事後で差がある事があります。私はこれを事前と事後の肋骨と横隔膜の動きを主観的に見る事によって、判断いたします。しかし、これとても確実に観察が出来る訳ではありません。あくまでも、この段階ではその人の「痒さ」に対する自覚によって、施術に対する効験度をチェックしております。貴女の場合も7回目でこの状態だと予測出来ます。つまり、私が見てまだ差があると判断している状況です。従いまして、100%になっていないから、まだ、今の時点で弱いと思われる部位に「痒さ」を感じているのだと判断しております。

では何故、弱いと思われる最初に発症した部位が痒さが軽減したのか?。また、例によって想定の話ですが、最初に発症した部位がダメージーを受けている時間が長かった事によって、逆に、ある意味で強くなったのではないかと想定しております。貴女の今の時点では、最初と最後に発症した部位を比較すると、最後の方が二酸化炭素が集中し易くなっている状況なのだと判断しております。これは、過去の実績で言いますと、どなたの場合もこのような傾向にある事が確認されております。この事によって最初の部位の方が皮膚の改善は早くなる傾向にある事も同時に確認されております。

8回目でどの程度の改善率になるのかは全く予測が出来ませんが、今現在の貴女の状態からは必ず、ステップアップされる事が予測出来ます。それもこれも、あくまでも「痒さ」を感じる部位が以前よりは少なくなって来る事によって自覚されるはずです。その回数については全く予測が出来ませんが、施術を重ねる事によって「完治状態」になる事が予測出来ます。

12日(木)了解です。滞在時間は4時間以上としてください。それまでは毎日「痒さ」に関する状況をご連絡ください。
 

ありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 7日(土)20時34分18秒
  阪井先生
たしかに頭と足の先、手の甲など7月以降に発症した場所は今でも痒いですが、他は若干収まり気味です。無意識でついつい掻いてしまうのは、まだ痒みゼロになってないからですが。。。70%でも改善したならうれしいです。
次は11月12日(木)にお願いしたいと思います。また4時間程度は見た方がいいでしょうか?
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月 7日(土)10時53分55秒
  5,6回目の後、貴女からこれほど具体的な事を伺っておりませんが、好転反応のレベルが上がったのではないかと想定しております。つまり、5,6回目よりは、はるかに「呼吸の改善率」のレベルが上がった事が想定されます。

A、B、C、の痒さの関連ですが、過去の実例で言いますと「呼吸の改善率」が70%程度の場合によくこのように表現される人が多いようです。これを逆に言えば、貴女の場合、7回目で「呼吸の改善率」が100%に達しなかったと言う事が言えます。それでも、今回は施術の直後に私の所で明らかに「痒さ」に対する変化を感じました。これは貴女にとって初めて体感した事です。通常は、5~6回目の呼吸の差を感じなくなった時点で、このように感じる事が多いです。

今回の施術の事前と事後に深呼吸の差を感じたのは、多分、貴女の自助努力のたまものであると理解しております。何故ならば、5、6回目である程度改善された「呼吸の改善率」が、たかだか、3週間位では戻る事は考え難いからです。つまり、貴女にとっては「自助努力」は有効なものであると言う事が言えます。ただ、前述しましたように、7回目で100%に達しなかったと言う事は断言出来ます。しかし、回数については断言出来ませんが、このまま施術を重ねる事で、100%に達する見込みはあると思います。

このまま、3~5日間の間、「痒さ」に関して詳細に観察を続けて見てください。もし、痒さが増すようであれば、戻った事が想定されます。現状維持であれば、8回目の施術でレベルアップが期待出来るかもしれません。今後の施術時に参考になる事ですので、シッカリ確認してください。貴女の場合、頭部が一番後に発症したとの事ですから、今の時点では「痒さ」が頭部だけ感じ、身体の方は感じないか、または軽減された状態がベストです。

8回目ですが、予定通り12日(木)か13日(金)を予定してください。時間帯も前回と同様に予定してください。何となく光のようなものが見えて来たように思います。私の予定もありますので決まり次第ご連絡ください。
 

昨日はありがとうございました

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 6日(金)13時34分0秒
  昨日は長い時間お世話になりました。あまり寒くなくてよかったです。
さて、なんか、いい感じです。そうしかいいようがないのですが・・・
痒みはあります。でも、全体的に痒みが薄くなったというか、具体的に言うと
Aという場所を掻くとBも痒くなり、Bも掻いているとCまで痒みが広がり・・・際限なく掻いてしまう、というのがあまりなくなり、Aを掻いてもB,Cはさほど痒くないので、すこし楽になったと思います。思いたいです。
5回目が終わったときもそんな気はしたし、どちらかというと夜がつらいのでもう少し様子を見てみます。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月 5日(木)09時43分2秒
  11/6(金)ですね、了解ですよ。
ただ、他の予定との調整がありますので
出来るだけ早く時間帯をご連絡ください。

貴女のような人の場合は
他の人と出来るだけダブらないように
配慮しておりますので・・・。
その時間帯によっては、他の人とダブルかも知れません。
 

ご迷惑をおかけします。

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 4日(水)23時25分58秒
  予定を変更・・・申し訳ありません。もう手遅れですよね。
申し訳ないのですが、明日行かせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月 4日(水)09時46分58秒
  ミゾオチと両方やってください。
11/5(木)ですね、承知いたしました。コチラの予定を変更して
お待ちいたしております。
当方は寒波が去って11/4から少し温かくなって来たようです。
気候はそちらと3ヶ月位違う、感覚で考えてください。
 

承知しました。

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 3日(火)23時07分13秒
  新いるかスペシャル、ちょうど胃の辺りでしょうか、指に力を入れると気持ち悪くなりますね。でも我慢してやっていると、たしかに鈍痛を感じますし、少しだけ暖かさを感じる気がします。
ただ、指が腱に当たっているかちょっと自信がないです。みぞおちと違い、感触があまりわかりません。
さて、今週木曜日の11時半~12時頃おじゃましようと思っています。よろしくお願いいたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年11月 2日(月)13時51分50秒
  *「いるかスペシャル」について、またまた改良点があります。
肋骨の下に指先をエグルように入れて、横隔膜を上に突き上げる。・・・は同じですが、

みぞおちとお臍の中間当たりも同様にやってみてください。横方向に指先の幅分ずつ行なう事も同じですが、この時、水平方向に、腹の真横まで行なってください。(肋骨に沿わなくてもよい)これにより、やはり温かさを感じたり、鈍痛を感じると思います。(両方の位置をやってください)


横隔膜は鍋やプラスチック容器の丸い蓋(板)のようなものだと連想してみてください。この板の中央に腱がありますが、これも円形状になっています。

上記のみぞおちとお臍の中間を指先で突き上げると言うイメージーでやってみてください。これでこの円形状の腱に指があたります。尚、この後必ず「努力呼吸」を行ってください。

私の目標は7~8回の施術によって、第一段階に達する事です。当方は昨日(11/1)の夜半に初雪が降りました。寒さ対策は万全を期して、道中はくれぐれもお気を付けておいでください。お待ち致しております。
 

ありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年11月 1日(日)22時41分18秒
  不安も多かったここ数週間でしたが、とうとう施術に入るのですね。本当にドキドキうれしいです。
施術に長時間ととっていただけるとのこと、本当にありがとうございます。残りの日々を一層努力します。今日は体調が復活したので、いるかスペシャルを特に頑張りましたが、みぞおちの暖かさは感じませんでしたので、良い傾向であるとうれしいです。
今週木曜日か金曜日にお願いしたいと思います。また明日ご連絡いたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月31日(土)11時46分7秒
  >ぼちぼちタイミングでしょうか。来週は仕事が毎日ではないので、飛行機しだいですが>北海道へはいつでもいけると思います。
結論から先に言いましょう。貴女のご都合のよい日でかまいませんが、7回目と8回目のインターバルは4~5日間として日程を決めてください。必ず、これをお守りください。

当日は4時間以上、私の所に滞在出来るように時間割を決めてください。当日は貴女の為にこの時間をとっておきます。
尚、「体型調整」と「肩こり腰痛」に対するストレッチ法のプリントを必ずご持参ください。

>みぞおちの暖かさを最近あまり感じなくなったと思います。
いつも推測や想定の話ばかりで恐縮ですが、これは何を意味するかと言いますと、「いるかスペシャル」と「努力呼吸」は呼吸筋に対するストレッチですので、もし、呼吸筋が緊張状態だったとすれば、温かさを感じなくなったのは、特に、横隔膜の緊張が弛んだ事が想定されます。

私も、もしかしたら貴女の呼吸筋が緊張状態にあるかもしれないと思ったのは、貴女に対する施術を行なった事で想定が出来た事です。(貴女には悪いですが)今までの人で、標準的な回数で第一段階に達しなかった人にも、この現象があったのかも知れませんが、単に私が見落としていた事かも知れません。
しかし、これは私が扱っている他の「愁訴」についても見られる現象で、その場合はストレッチ法が功を奏する事が当たり前のようにあります。

>以前ほど一生懸命、いるかスペシャルをやっていませんでした。
*体調が悪いのはどの程度か分りませんが、「いるかスペシャル」と「努力呼吸」は来られるまで毎日お続けください。言うまでもありませんが、回数は多いほど良いです。治すためです頑張ってください。

体調が悪いのはどのような事なのか、ここには書かなくても良いですから、来られた時に具体的に言ってください。多分、私で治せるレベルのものだと思いますので・・・。

>痒さというと、あまり参考にならないかもしれませんが下記のとおりです。
時系列の「痒さ」の程度は、貴女の言いたい事が良く分ります。

いずれに致しましても「治す」と言う事については、貴女も私も同じ最終的な目標です。それなりに貴女に対する施術方針を既に、組み立ててお待ち致しております。今までの施術と基本的には同じですが、好結果が出る事には大いに期待しております。
(GOOD LUCK)
 

おひさしぶりとなりました

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月31日(土)08時29分49秒
  せっかく書き込んでくださったのに申し訳ありません。ちょっと体調を崩してPCを開いておりませんでした。
みぞおちの暖かさを最近あまり感じなくなったと思います。それによっての痒さは特に変化ないようです。
痒さというと、あまり参考にならないかもしれませんが下記のとおりです。
起床(5:40)痒さ2くらい
通勤(7:15)頭皮痒さ4、他2くらい
午前中 頭皮痒さ6、腕6、足4くらい
午後  頭皮痒さ5、他3くらい
帰宅(19:00)頭皮痒さ4、足8~9、他5くらい
夕食後 頭皮痒さ5、他6~7くらい
就寝  頭皮痒さ10、足9、他7くらい

親身になっていただいた上で本当に悪い患者なのですが、ここ数日体調が悪かったので、以前ほど一生懸命、いるかスペシャルをやっていませんでした。
そのせいかどうか、(そのせいではない気もします・・・)呼吸が施術前に戻った(1回目~2回目くらい)気がします。横隔膜や肋骨は動いているけど呼吸が浅くなったような??うまく説明できないのですが。
自分でも筋力が弱いのは自覚してるので、神経より横隔膜等の筋力が特に弱い、というのはとても納得できます。
ぼちぼちタイミングでしょうか。来週は仕事が毎日ではないので、飛行機しだいですが北海道へはいつでもいけると思います。
北海道はずいぶん寒くなったのですね。体調にお気をつけて(と患者の私が言うのもなんですが)。。。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月27日(火)17時53分0秒
  アララ、前日の投稿に誤字がありますね。先刻→宣告ですね、ゴメンなさい。
よく悩みなど忘れてしまえ、クヨクヨするな、前向きに等、私は人の事については、今までよく無責任に言って来ました。特に、この仕事を始めてからは随分その機会が多くありました。私は貴女に人生観を語れるほどの資質は持ち合わせておりません。しかし、言える事は貴女以外の人に悩みが無いなどと、言う人はいないはずです。

毎日、平々凡々と暮らしたなどと言う経験もありませんし、こんな生活をもし続けていたらどうなるのだろうと言う事も考えた事もありません。人生に波がある事は当たり前の事で、もし、これが無かったらなどと考えた事もありません。私の60年以上の人生経験では、ただあるがままに・・・とだけしか言えません。自分でも何が言いたいのか訳の分らない事を書いてしまってゴメンなさい。

>精神的に甘えてしまったことを反省しております。
格好良い事を言う積もりはありませんが、私でよければいつでもドウゾ、なんでも仰ってください。

>先生の叱咤激励が毎日長い文章で掲載されているのを拝見し、その文章を書くために独>占してしまった先生のお時間を思うと、たとえ治らなくても(そんなことを考えるべき>ではないのですが)本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

確かに貴女とこうしてご縁が出来て以来、貴女の事が毎日のように頭から離れる事はありません。しかし、これは貴女に限った事ではありません。これも貴女を治す事が私の使命だと思っている事ですので、ドウゾ、気にしないでください。

書き込みはその都度、仕事の合間に、思いつくままで悪いのですが書き足しております。それ程時間を費やしている訳でもなく、特別な負担も感じておりませんので、ドウゾ、お気になさらないでください。ただ、その為に文脈や誤字脱字の類や、言っている事に整合性がとれない事があると思いますので、その時はご容赦ください。

>もっと痒さについて詳細に報告するべきですね。
これについては、人の感覚の問題です。それを文章で表現する、しかも人に伝えると言う事は至難の技と言わざるを得ないと思います。要求している私の方がおかしいのであって、貴女には何の問題もありません。(劇的に痒さが変化していない)

>先生から施術中にも「治らなかった場合は、その人の体の方がおかしい」という話も聞>いていますので、
アララそんな事を言ってしまいましたかゴメンなさい。二年ほど前からの「画期的な療法」によって殆どの人に対する効験度が、確かに飛躍的に上がった事は間違いありません。貴女をチョット見で大丈夫と思い上がって見た事によって、出てしまった言動のようです。どんな愁訴の場合でも困り果てて、私の者のような所へ来ていただいている人に、絶対に言ってはいけない事ですよね。大いに反省しております。

>詳しくはお会いしたときにお話しますが婦人科系については、もしかしたら良い兆候か>もしれない、という変化もありますので、不妊治療は近々再開すると思いますが、大い>に期待もしています。

これについては、貴女のお話を聞いた上で、私から貴女に申し上げたい事がありますが、長文になる事や複雑になる事が懸念されますのでその時に・・・。

>痒みについてですが、本日いるかスペシャル等ととめてみました。結果、頭皮の痒みが>増したようです(相関関係はわかりません)。で、夕方呼吸を試したところ、またみぞ>おちに暖かさを感じました。

これについても長文になりますが、また以前にも同様の事を言っております。予測の出来る事を以下に述べますので、今後の施術との関連について、貴方に予備知識としてあった方が良いものと思われますので再度言います。

痒さとの関連や、みぞおちに暖かさを感じた・・・と言うコメントを受けて、貴女の身体に対して考えられる事があります。

以前にも言った事ですが、私の施術法の基本になっているものがあります。私がこのHPで扱っている全ての「愁訴」の原因が、主に、脊椎骨(背骨)が歪む事により、その「愁訴」に関連する脊髄神経の働きが阻害される事が原因であるとしております。(つまり、背骨=神経)

この関連する神経の働きを正常にする事が出来れば、全ての「愁訴」を治す事が可能です。貴女の場合で考えますと、6回目までの施術である程度の神経の改善は出来ているのに、その神経によって動かされている、呼吸筋と言われている、肋間筋と横隔膜そのものに問題がある。端的に言うと、余程、筋力が弱いと言う事も予測されます。
良く言われる、運動不足で脚の筋肉が落ちた、・・・その事によって人よりは走るのが遅いと言う事や、長距離を歩くのにその関連する筋肉に疲れを感じ易い。・・・と同じ状態になっているとも考えられます。

もし、このような事が予測されたとしたら、「努力呼吸」や「いるかスペシャル」は呼吸筋を鍛える為には有効なものとして、貴女に実行していただいております。

以前の「膝痛」の時のストレッチ法を行使した時の方が、ストレッチ法をやらなかった時と比較して明らかな、効験度の違いがある事を思い出してください。

(私も読み返しましたが、少し説明不足のところもありますので、付け加えます)
膝を動かす筋肉や呼吸筋に対する神経は、それを動かしているのは運動神経と言われるもので、一方通行的にしか作用いたしません。これが反対方向に作用する事は絶対に無い神経です。

しかし、膝の筋肉や呼吸筋を強制的(自発的)に動かす事によって、この運動神経の働きを良くする事は可能です。(医学的には言われていない)これは、他の夫々の愁訴において、ストレッチを行なう事で、何度もその効果が確認されております。例えば、膝痛で言いますと、痛いと信号を送っているのは知覚神経(運動神経とは全く逆で、これも一方通行)です。運動神経や知覚神経は両者とも、同じ背骨と背骨の間(椎間孔)から、出ております。夫々のストレッチを行なう事で、知覚神経がどのような作用をするのか全く分りませんが、知覚神経で椎間孔に刺激を与え、運動神経に良い影響を与えるのかな、と考えております。これは、全て今までの私の経験則として確認が出来ている事で、科学的には確認出来ていない事です。よく脳卒中や痛みに関する、手術後のリハビリがこれに相当するものと思われますが、場合によっては思わぬ効果が出たと言う報告は数限りなく聞いた事があります。

私の場合は、「いるかスペシャル」で初めはみぞおちに痛みがあったり、暖かさを感じました。それ以外には、背中側が暖かく感じたり、手足に何となくジンジンするような違う感覚がありました。しかし、二日間ほどやった後は、これを感じなくなりました。・・・この事から呼吸筋の機能的な問題はそれ程無かったのではないかと予測出来ます。しかし、大元の、関連する神経の改善が出来ていない為に、呼吸筋が正常に動いてくれない事によって、鼻炎や涙目、アトピーには多少の症状の軽減は感じられたが、治るまでには至らなかったものと理解しております。

>痒さとの関連や、みぞおちに暖かさを感じた
これに対する結論として、毎日、やっている時には痒さの変化は別にして、暖かさを感じませんでしたか?。これについて、ご回答ください。今後、何回かこの一日止めて見た後、同様に毎回痒さの変化と暖かさを感じるか否かを、何回か試してみてください。・・・これについてもご回答ください。

ベストは痒さの変化は別にして、暖かさを感じなくなってくれば、その時が施術を行使するタイミングかなと思っております。暖かさを感じているうちは、施術の効験度が低い事が予測されます。(一概には言えませんけど)

従いまして、施術を行なう日時はもう少し先になりそうです。貴女が真面目に一生懸命にご努力されたお蔭で、少しずつですが、貴女の身体の事が分って来ました。これ等が今後の施術方針を決めるのにも役立っております。後は、施術の効験度が思うように上がる事を期待するばかりです。
 

本当にありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月26日(月)21時56分15秒
  阪井先生
プラシーボ効果・・・とは関係ありませんここ数日、病気と私生活について悩み、少しでも前向きに生きていけるよう、今のところ気持ちに結論を出しました。また先生にも、先生が私と娘さんが同じ歳だとおっしゃるように父と近い年齢ということもあり、ずいぶん精神的に甘えてしまったことを反省しております。
先生の叱咤激励が毎日長い文章で掲載されているのを拝見し、その文章を書くために独占してしまった先生のお時間を思うと、たとえ治らなくても(そんなことを考えるべきではないのですが)本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私の努力も足りないようです。もっと痒さについて詳細に報告するべきですね。
やるしかない状況に追い込んでしまって申し訳ありません。
先生がいつも書いてくださることは承知しており、先生から施術中にも「治らなかった場合は、その人の体の方がおかしい」という話も聞いていますので、万一の場合でも、どうぞお気に病まれませんよう。私も、最大限に期待し、またその結果についても、どちらに転ぼうとも先生への信頼は揺るぎません。
詳しくはお会いしたときにお話しますが婦人科系については、もしかしたら良い兆候かもしれない、という変化もありますので、不妊治療は近々再開すると思いますが、大いに期待もしています。

痒みについてですが、本日いるかスペシャル等ととめてみました。結果、頭皮の痒みが増したようです(相関関係はわかりません)。で、夕方呼吸を試したところ、またみぞおちに暖かさを感じました。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月26日(月)18時17分44秒
  特に、アトピーの症状については文章でコミニュケーションをとるのは難しい事ですよね。何度も言いますように兎に角、「痒さ」のチェックをしてください。「痒さ」さえなくなれば、皮膚の改善については、後からついて来るもので、必ずキレイな元の皮膚になります。

どなたに対しましても言っている事ですが、その良否には関係なく私の施術を受ける前と後で、特に変化(特に「痒さ」)を大きく感じた事があったか否かをチェックしてください・・・と言っておりますが、考えて見たら、時間が経過している事もあって単純に比較する事も難しい事だと思われます。これが、「痒さ」を長さで表す事が出来たら容易に出来る事だとは思いますが、現実には出来ない事だけに難しいですよね。今、貴女がよく分らないと言うのが率直な感想だと思います。

しかし、中にはメモまでとって、ここは痒いが、ここの痒さが違う等、詳細についてご報告される人もおられる以上は、私はどなたに対しましてもそれを求めているようです。しかし、これによって、施術回数を大幅に減らせた事もありますし、施術回数の予測が容易だった事もあります。また施術の経過を明らかなものに出来た事もあります。

>もし8回目にでも何か明るいものが見えてきたら夫を説得して回数を増やす自信はあります。
後、2回に限定して貴女に対する施術方針をある程度決めております。この2回の施術後の成果として何度も同じ事を言いますが、「痒さ」が明らかな軽減または消失すると言う「第一段階」に達する事が必須条件になります。この場合は、2回でその後の経過を見る・・・と言う事になりますが、その後、一定の時間経過と伴に「痒さ」が再発(悪化)した場合にはその後の施術はアフターケア扱いとなり、その回数もある程度予測が出来ます。

*上記とは逆に2回の施術後に「第一段階」に達しなかった場合には、その後の施術方針は全く見通しが立たないと言う事になります。私が言うところの「標準」とか「特殊」と言うのは、あくまでも結果論としてしか言えない事で、単純には事前に完璧に予測の出来ない事で、貴女に対して何度も言いましたように、「特殊」とは思えない・・・程度の事です。

これは貴女に対して今までに言った事が無い事です。・・・かと言って奥歯に物が挟まった物言いも逆に良く無いと思われますので言います。ハッキリ言いますと、大半の人達に対して効験があるのに、その人だけにそれが表れなかった場合は、その人の「身体に根本的な問題」があると言う事で、それに対して、私が対処出来るか否かの問題です。しかし、今までに「身体に根本的な問題」があると言う人を正確に、確認が出来た事が無いと言っても過言ではありません。何故かと言いますと、このような人達は大半の人達が途中で諦めてしまうからです。反対に、ごく少数の例ですが、RICAさんのような例もあります。RICAさんの時は、もし治らなかったら、どこかに逃げたいと随分弱気にもなりました。

「うつ伏せ寝」をする人は論外の事で「特殊」とはハッキリと区別しております。「首の損傷が顕著」については、治り難い場合が多い傾向にあると言う事です。この場合では施術回数が多くなる事や、その後の持続性に難がある傾向にありますが、治っている人も少なくはありません。

「うつ伏せ寝」の場合には、その人に対して先ず、これを先に直してから来てくださいと言っております。この場合は何故か子供が直り易くて、大人が直り難いと言う傾向にあります。

同じ事を何度も言いますが、次回の施術に対しては今まで貴女がやって来られた「自助努力」と私の施術の相乗効果に期待したいです。それと6回目以降の貴女の今までの自覚症状に対するコメントによって、幾ばくかの施術効果を何となく感じてもおります。・・・それとの相乗効果をも期待しております。

今の貴女のご事情は大変なものであると言う事も含めて、アトピーでお悩みになられている情況に対して、ただイタズラに悩んでいるだけでは・・・何も結果が出ないので、やってみるしかない状況に、私が追い込まれているとも思えます。

しかし、貴女が「治る」と言う事に対しては、今のところ何の根拠もありません。ただ、貴女を必ず、「治す」・・・と言う気概だけは強く抱いて、私の全知全能を傾注するばかりです。貴女も来られる道中では「必ず治る、治す」と何万回でも唱えてください。

言いましたように私は元々技術屋の端くれです。従いまして、非現実的な事や、超常現象的な事を信じないタイプの人間です。ですからこのような現象を体験した事も殆どありません。しかし、私の友人に肝臓ガンで余命幾ばくも無いと先刻された男が、回復し今は全く問題が無いと言う男がおります。この時、この男はどうせ死ぬのならと、家族が止めるのも聞かずに自分の好きな事をやっただけです。これが、功を奏したのか自然に治ってしまったと言う話があります。

当時の病院の関係者が研究材料に是非・・・、と申し入れたのを頑なに断って、今は自分の仕事に傾注し、その世界では少しは人に知られていると言う男です。プラセボ効果(プラシーボ)を一生懸命に研究している科学者もいるとの事です。ただし、私の貴女に対する施術ではこんな「神頼み」をする積もりはありませんのでご安心ください。
 

すみません

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月25日(日)17時56分14秒
  書き方が悪かったです。皮膚の状態→痒みのことでした。
前にも言いましたが皮膚の状態はプラセンタにより多少の改善を見ることができています。先生の施術に関係することとしては、痒みのみを観察しています。
ただ、申し上げたとおり生理が始まる、終わる、天気ほか微妙な生活の変化によって痒みも変化し、今のところ痒みについて正確な判断が自分でついていないところです。
やめた日が今までありませんでしたので、明日、いったんいるかスペシャルをやめてみて、また報告します。
先生があと2回にかけてみる、とおっしゃっていただき、ありがとうございます。私が8回にこだわるのは、夫との約束という意味と、私が標準および、特殊(首の損傷が激しいか、うつぶせ寝の癖がある)のどちらにも当てはまらないことで、回数が全く読めないという点です。もし8回目にでも何か明るいものが見えてきたら夫を説得して回数を増やす自信はあります。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月24日(土)17時48分43秒
  >皮膚の状態と同様に心も大変揺れております。
初めて来られた人達が、男女の区別無く、最初に共通して言われる事は、「痒さ」さえ治まってくれれば・・・、と言われます。「痒さ」が少しましになると。早く皮膚がキレイになる事を望むようになって来ます。貴女も最初に私が言った事をお忘れのようですので、再確認の為に再度申し上げます。

皮膚がキレイになるのには、それ相応の時間が必要です。アトピーの場合の皮膚の損傷している深さは、「真皮」と言われる層の約2㎜位かと思います。(部位によって違う)その部位によって皮膚がシワになったり、色素沈着している所は「皮下組織」まで損傷していて深いようです。

皮膚は三層になっていて皮膚の一番上の層は「表皮」と呼ばれ、その部位によって違いますが、表皮はその厚さが約0.1㎜位です。これが、新陳代謝によって毎日、はがれ落ちていますが、0.1㎜が全部、落ちるのに約四週間位の期間がかかるとの事です。しかも、これは年令が20~23才位までが一番旺盛で、年令を増す毎に、五、六週間と期間がかかって来るようです。従いまして、侵されている2㎜全部が、元の正常な皮膚になるのに、単純に20倍の期間を要します。

*2×1/0.1×(年令による期間)=(正常な皮膚になるのに必要な期間)・・・、と言う事になりますが、現実にはこれよりは早い期間でキレイになっているようです。ただし、シワになっている所や色素沈着の部位が完全にキレイな元の皮膚になるまでは、それ相応の期間が必要なようです。

貴女がご自分の損傷した皮膚が早くキレイになって、と思われる事は、私は痛いほどよく分ります。何度も言いますように、アトピーが治る過程では、兎も角、「痒さ」が消失する事が第一段階であると言う事を再認識してください。

今までの貴女の観察に対するコメントは「痒さ」と「皮膚の状態」の事が「混ぜこぜ」になっています。過去の実例でも「痒さ」を感じなくなっても、皮膚の状態が悪いと言う現象は、当たり前のようにある事です。従いまして、「痒さ」の事だけに集中して観察してご報告してください。

>私の状態が一定でないばかりに
このように、短期間で、状態が一定でないと言う事が今までにも、あった事ですか?。要するに施術前と後で、大きく感じた変化をご報告ください。

>先生が今判断されようとしていることは、いるかスペシャルや努力呼吸による呼吸の改>善、痒みの改善如何によって今後の施術で効果があるかどうか、ですよね。

その通りですが、6回目までの施術効果も確認しております。それと、今までに、貴女が行なって来た「自助努力」と私の施術との相乗効果にも大いに期待しております。
投稿日:2009年10月22日(木)18時58分47秒、・・・の投稿で色々述べておりますが、結局のところ「よく分らない」「やってみなければ分らない」・・・と言うのが結論にもならない結論です。しかし、何も根拠がありませんが今までの貴女の「自覚症状」の変化等に対して、施術効果が大きく出る事にも大いに期待しております。

私はプッレシャーを感じている訳ではありませんが、貴女が8回にこだわる事も良く理解出来ます。私も1回目で貴女が「標準」とその手応えも感じました。しかし、結果は・・・と言う事で愕然としました。ただ、イタズラに悩んでいても何も結果が出ません。「治る」と言う事に対しては何の根拠も無いところですが、ただ、貴女が今までご努力されて来られた「自助努力」と施術の相乗効果に大いに期待して、2回の施術に掛けて見ましょう。

*その前に(重要)
昨日、言いました「いるかスペシャル」と「努力呼吸」の後に、一時的に「痒さ」に変化を感じ、その後に、「痒さ」が治まる、或いは軽減される事があるか否かを確認してください。必ずしもこうなるとは限りませんので、貴女が感じたままで結構です。「やった日」と「止めた日」の比較をしてみてください。
 

3月さま

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月24日(土)13時29分46秒
  インフルエンザ大変ですね!!やっぱり流行ってるんですね。。。
看病ご苦労さまです。あとで携帯にメールさせていただきますね。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月24日(土)13時28分34秒
  ありがとうございます。いま、皮膚の状態と同様に心も大変揺れております。
先生の発言がぶれているとは思っていません。むしろ私の状態が一定でないばかりに大変苦慮されていることは承知しています。
先生が今判断されようとしていることは、いるかスペシャルや努力呼吸による呼吸の改善、痒みの改善如何によって今後の施術で効果があるかどうか、ですよね。
基本的にはあと2回、お願いしたいと思っています。ただ、先生のご判断次第ですし・・・
どうしたらいいのか、本当に迷っています。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月23日(金)17時12分39秒
  >実は、今若干悪化の傾向にあります(痒い)。これだから、「痒みが減りました」と断>言できないのです、いつも。。。

私には全く理解が出来ない事ですが、アトピーの自覚症状には波があると言われる人も過去には何人もの人が共通して言われておりました。これは、よく女性の方が言われるように、生理との関係や、睡眠不足等によって、お肌の状態が悪くなる事があると言われます。今の貴女にその状態が起こっている事も考えられます。毎日、一喜一憂と言う状態でしょうが、この後もこのまま様子(観察)をみてください。

その人の都合で週1回しか来れないと言う人が過去に数人おりましたが、この人達が呼吸が改善された(どの程度か分りませんが)と思われた時に、好転反応をやや自覚する事は当たり前のようにあります。この時に、この波がある事を感じるようです。

>「いるかスペシャル」恐縮です。これを始めてから、努力呼吸が変わった気がします。>背中側の肋骨まで、息を吐くときに中心まで絞れているような・・・

私も「いるかスペシャル」と「努力呼吸」を何日かやってみました。みぞおちの痛みが無くなって来た事を自覚しております。私は家からここまで(10分程度)を自転車で通っていますが、当方ではこの時期、朝晩は寒いので冷気の刺激で、鼻水や涙が出るのですがその程度が可なり改善されております。言いましたようにこれは治す方法ではありませんが、施術によって多少でも改善された呼吸の状態を維持する事や、次回の施術との相乗効果が期待出来るものと思いますので頑張ってください。

それと私の思い過ごしかもしれませんが、「いるかスペシャル」と「努力呼吸」をやった後に、どの位の時間経過かは分りませんが、一時的に、それ程強い痒さではありませんが「痒さ」を感じるようです。これは、血液の状態が一時的に変化したせいかなと思っております。貴女も変化を感じる事がないか、よく観察して見てください。もしかしたら、貴女の「痒さ」に波があるのはこのせい?、かもしれません。これを確認する為に、やった日と、やらなかった日で差を確認して見るのも必要かと思います。

>ただ痒みは上記のようですし、目も痒いのでアレルギー(花粉症)自体、まだ治ってな>いようです。

アトピーの人が鼻炎や目のトラブルをほぼ100%の確率で訴えている実績があります。これも推測ですが、皮膚と、鼻の粘膜や目の粘膜を比較すると、圧倒的に後者の方が弱いはずです。従いまして、前述しました治り易いと言う傾向があります。過去の実績では、アトピーは結果的に治らなかったが、鼻炎や涙目(目が痒い)が治ったと言う実績もあります。同様に、アトピーが結果的に治ったが、それより先に鼻炎や涙目が治ったと言う実績もあります。

貴女の場合、目にもまだ好転反応が表れていないようです。これを受けて呼吸の改善率が可なり低い事も想定されます。・・・だから、アトピーにも顕著な好転反応が表れないと言う事も想定されます。もう一つ考えられる事は、推測の範ちゅうですが、貴女の身体において、目の粘膜と皮膚の免疫力が同等程度と言う事も想定されます。この為に、好転反応を感じるとすれば、皮膚と同時期になるとも考えられます。しかし、いずれに致しましても、今回、目の事は初めて伺いましたので、肝心の呼吸の改善率が可なり低い事や、6回目までの施術効果が戻ってしまった事も想定されます。

その都度、私の発言が微妙に違っている事で、貴女も混乱してどうしたらよいのか判断に迷う事があると思います。しかし、基本的な事は「ブレ」ていない積もりです。兎に角、今の貴女の呼吸の状態がどうなっているのかを、貴女のコメントを元に探求しております。6回目までの施術効果が戻ってしまった事が想定されると言いましたが、今後の施術には何ら問題がありませんので、ご心配されませんように。むしろ、ある程度、戻ってしまった事で、結果的に今後の施術効果により大きな効験が期待出来る事もあります。

>最近できた水疱ですが、8月にも同じように苦しみました。いつのまにか落ち着きました>が、

何時も推測や想定の範ちゅうの話で申し訳ありませんが、水泡についてですが、例えば、火傷をした場合に水泡が出来る事がよくあります。これは、皮膚の損傷が激しい(細胞の壊れ方が顕著)為に起きる症状ではないかと、想定しております。アトピーの場合の水泡がどのような時に起きるのかはわかりませんが、過去の実例では、多くの人に認められている症状です。ただ、私の施術を受けるようになってから、初めての体験ですと言われている人も、少ない例ですがあります。

いずれに致しましてもアトピーの症状である、皮膚の細胞が破壊される時に、何故、火傷に近い状態で組織細胞が破壊されるのかについては、私では調べる事が出来ません。しかし、これを訴えている人達に対しましては、何も根拠無しに、必ず、治るから心配しないでと説得しながら施術を行使して、結果的には全て治して来ました。

>それから生まれて初めて生理が狂って10日以上早く来てしまいました。これが施術のお>かげで体がリセットしたと思いたいです。

貴女に対して行使した生理関係の操法は、1.月経前症候群(PMS)2.性器炎症(子宮筋腫)3.不妊症、です。この内、不妊症は別にしましても、これ等に対する操法は、比較的効験度が高いものです。貴女は不順ではないと言われておりましたので、それに対する操法は行なっておりません。もしかしたら子宮筋腫と言われているものが好転したせいで、生理のサイクルが変化した可能性が考えられます。

もし、次回の生理のサイクルが正しい日数で確認されましたら、お金の掛かる話ばかりで恐縮ですが、今まで行かれていた病院とは違う所で、前の病院で子宮筋腫と診断されたと明言して、検査を受けて見てください。出来れば3軒の病院の検査結果でOKの確認をされる事がが望ましいです。私の施術によって改善されている可能性はあり得る事で、過去にも治った実例があります。

過去の実例では、20才ぐらいの方がやはり「子宮筋腫」と診断されて、手術の日まで決まっておりました。この人に操法を行使して、3軒の病院で再検査を受けていただいたところ、全くそれが無いと診断され手術を逃れたと言う例があります。私の施術が効いたのか、はたまた病院の誤診だったのか、どちらかは分りませんが、いずれに致しましても大変感謝された例です。その他にも例を挙げたらキリがありませんが、婦人病は誤診が多いような気が致します。

貴女には言い難い事ですが、「不妊症」に対しては、上手く行った例がありますが私の方からあまり積極的に人には言っておおりません。HPを見たと言って今でも、たまに直メールでお問い合わせがありますが、その人達が来られる事もありませんし、それが主の場合はお断りしている状況です。

貴女とはこうして、ご縁が出来ております。アトピーを上手く治す事が出来ない事を申し訳なくも思っております。しかし、「生理が・・・云々」・・・と言う事でもしかしたらと言う事に大いに期待したってかまわないじゃないですか、兎に角、貴女には幸せになっていただきたいです。

貴女と同じ位の年令のアトピーの方々が、子供を作るべきか否かで迷っておられる方々が、何人も私の所においでになっております。残念ながら、もし、生まれて来た子供さんが貴女に顔や体つき(体格)が似ていたら、アトピーとは言わないまでも、「アレルギー性の疾患」の内のどれかの愁訴が100%の確率で、発症する可能性があります。ただ、ご主人に似ていた場合の確率は予測が出来ません。多分、貴女なら例えそうなっても、子供がほしいと言われるはずです。

重複致しますが、今は「痒さ」や皮膚の状態に、一喜一憂されておられる毎日だと思いますが、いずれに致しましても、今までと比較してどうなったのかを観察してください。今は、結論を如何にするかと言う段階です。やるにしても、止めるにしても、その決断をする必要があります。今はその準備の段階であると理解してください。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月22日(木)21時05分37秒
  書き込みできずに申し訳ありませんでした。
実は、今若干悪化の傾向にあります(痒い)。これだから、「痒みが減りました」と断言できないのです、いつも。。。
「いるかスペシャル」恐縮です。これを始めてから、努力呼吸が変わった気がします。背中側の肋骨まで、息を吐くときに中心まで絞れているような・・・
ただ痒みは上記のようですし、目も痒いのでアレルギー(花粉症)自体、まだ治ってないようです。
最近できた水疱ですが、8月にも同じように苦しみました。いつのまにか落ち着きましたが、夏の湿気のせいだと思ってたのですが、このいい季節に再発するとは不思議です。
それから生まれて初めて生理が狂って10日以上早く来てしまいました。これが施術のおかげで体がリセットしたと思いたいです。
すみません。。。先生には本当に感謝しています。これだけ私の体に親身になってくださって。自分の体が悔しいだけです。
 

(無題)

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月22日(木)18時58分47秒
  貴女が多少の改善傾向を示しておられる事に付いて、今現在で推測出来る事と、それに対する所見を述べてみます。ただし、6回目以降の施術を行なっていませんから、今現在の貴女の身体の状態や呼吸の改善状態が分りませんので、想定や推測の部分が相当、多くある事は否めません。

1.多少の改善傾向を感じる
これについては皮膚の改善傾向は別にして、部分的ではあるが「痒さ」の多少の軽減を感じると言う事は、何が効いているかはわかりませんが、間違いなく好転反応を示している。(「痒さ」が無くなれば皮膚は必ずキレイになってゆきます)

1)これは、今現在の貴女の呼吸の状態が、施術を受ける以前とは明らかに改善された事を意味するものだと期待しております。勿論、貴女が努力された、「利尿」や「いるかスペシャル」「努力呼吸」「体型調整に対するストレッチ法」等が、私の施術との相乗効果が出た事によって、良い影響を与えている事も考えられます。要するに、部分的ではあるが、施術に対して第一段階のレベルに達しつつあると考えてもよいと思います。

2)それでは今現在の貴女の「呼吸の改善率」はどの程度か?。100%ではない事が確実に言える。もし、そうであれば、身体全体で「痒さ」が軽減または消失すると言う自覚症状を確実に感じるはずです。

3)では何故?、施術から何日も経ってから部分的ではあるが、多少の好転反応を自覚出来たのか?。これは勿論、貴女の自助努力と施術の相乗効果が時間経過と伴に表れた事も考えられます。実は、6回目終了時に既に好転していた事を貴女が自覚出来なかった、と言う事も考えられます。

4)呼吸の改善率が時間経過と伴に100%になる事も多くあります。これを貴女の場合で具体的に言いますと、貴女は6回目で殆ど呼吸の差を感じなくなった。この時点で、90%の改善率と仮定すると、(90%でも好転を感じる場合がある)時間経過と伴に限りなく100%に近くなる事があり得ます。この時は当然、多少でも好転反応を示して自覚症状となって表れるはずです。ただし、これは何日も経過してからではなく、今までの実例として、施術後せいぜい1.5~2日間位と想定しております。

ただし、何回目かの施術終了後に、時間経過と伴に限りなく100%に近づく人の場合は、その時点の改善率が90%以上の人であり。70~80%の人が時間経過と伴に100%近くに改善される事は無いものと想定しております。

これは、6回目以降に貴女に言った、「今日中に、或いは明日中に変化がなければ・・・云々」と、言う事を意味しておりました。しかし、例の「個人差」・・・云々、で3~5日間も経ってからと言う事があるかも知れません。もしかしたら、貴女の場合は、この3~5日間のタイプと言う事も考えられます。

実は、この「時間経過と伴に・・・云々」は今までに、ほとんど確認する必要がなかった事ですから、よく分りません。しかし、今までの実績例では、その時の呼吸の差がまだあった人が、「家に帰ってから」「朝目がさめたら」或いは「2日間後に」極端な例では「電車に乗ってから」、・・・「痒さ」を感じなくなったと言う記録があります。(ご自分の状態をよく観察しているタイプの人)

しかし、通常かどうかは分りませんが、ある回の時にやや呼吸の差を感じなくなった、次の回の時に「痒さ」を感じなくなったと、表現される人も多いです。上記の様に、何時の時点と明確に表現する人は少ないです。

因みに、3月さんは、記録を見ると4回目でまだ多少の差を感じていて、5回目の施術前に「痒さ」は首に多少感じるが、全体的には良いと言っています。それで、5回目で呼吸の差を感じなくなっております。結果的に7回の施術でしたが、私の印象としては。あとプラス1~2回でしたが、時間切れで終了しております。

3月さんの場合を、もう少し詳細に言いますと、4回目終了時にはまだ差を感じていたが、その後、時間経過と伴に限りなく100%に近づき、それで「痒さ」が軽減または消失されたものと思われます。(結果的に4回目終了以後に「痒さ」を感じなくなった)その後に5回目の施術を行なったが、その時に初めて差を感じなくなった・・・と、言う経緯だったと思います。

3月さんの場合は一年目に7回の施術で「完治状態」になった事が今考えると、大変にラッキーだったと思います。その後、毎年のようにアフターケアを行っておりますが、因みに、3月さんの場合は、今までに、私が一度もOKサインを出した事がない人です。(必要と思われる回数を行なっておりません)私の所の最悪の劣等生です。(ゴメン

お嬢さんは、例のうつ伏せ寝をしてしまう、悪いタイプですが、これも毎年行なう施術は時間切れで、明らかな回数不足で未だに治っておりません。私が欲求不満になっているところです。(言ってもイイヨネ、ゴメン)

5)貴女の現在の「呼吸の改善率」について、今までの実績でも確認されている実例で多くある事ですが、70~80%と想定されるかもしれません。何故かと言いますと実例にもあった事ですが、今現在の貴女と同じように、部分的に好転反応を感じると言う人は多くおりました。特に、女性の方は、一番先に治ってほしい、顔と首が治り難いと言う人も少なくはありません。実は、この状態の人達が、なかなか治らない事から、途中(10~15回ぐらいの時点で)で諦めて施術を断念される人です。この人達に対する施術では、呼吸の差を感じないと言いますが、実は、そのご本人が感じないだけで、差があるのではないかと推測しております。この人達は私にとっては必ず治ると確信している人達ですが、私の説得を聞き入れていただけなくて挫折されてしまいます。

例えば、貴女の場合で言いますと、貴女の6回目ぐらいまでは、誰でも達します。それから以降が施術に対する効験が、少しずつしか出ない(出難い)のではないかと想定しております。実例としてはありますが、7~9回ぐらいで100%に達している人もおります。しかし、今の状態では、貴女に限らずどなたの場合に対しても、あと何回と特定する事は殆ど不可能に近い事です。端的に言いますとやってみなければ分らない、と言う事です。

6)体内の二酸化炭素の量に付いて
前回のコメントを自分で読み返して見ても、少しわかり難いと思いましたので、再度、記述してみます。呼吸の良否によって、体内の二酸化炭素の量には「個人差」があるようです。しかし、これは全く「アレルギー性の疾患」が無い人、同士で比較すると。年令がやや同じ、男女の別、体格がやや同じであれば、その量は殆ど同じぐらいと想定されます。「アレルギー性の疾患」は、体内に停滞する異常な量の二酸化炭素によって、発症する愁訴であると私は定義しております。

呼吸器(肺)は人間にとっては大事な「排泄器官」のひとつであると言う事が、現代医学ではあまり、重要視されていないようです。しかし、これは大事な事でこんな考え方をするのは、今のところ世界中で私一人だけではないかと思っております。

人間が死ぬ時にはどんな病気の場合でも必ず、排泄器官がダメになって死に至るそうです。大小便が排泄出来ない、呼吸が止まり、酸素が摂取出来ない、同様に二酸化炭素が排泄出来ない。・・・と言う状態が「死」です。それに比較して、現代医学では栄養(食物)を摂取する方が多少ダメになっても何とかなるそうです。

前置きが少し長くなりましたが、今現在の貴女の状態で考えて見ますと、貴女の皮膚の組織細胞が一番弱い(破壊の程度が酷い、炎症や湿疹の程度が顕著)と思われる部位に、二酸化炭素の多い「質の悪い動脈血」が集中して作用している。(つまり、火山の噴火と同じで弱い所に出る)この為に、他の比較的、皮膚の組織細胞の良い(破壊の程度が比較的酷くない)部位には、二酸化炭素が「正常値に近くなっている動脈血」が作用している。当然、この部位は、一定の時間経過と伴に好転して来るはずです。要約すれば、貴女の身体において不必要と思われる二酸化炭素の量は、一定の量しかないので、どこかの一定の部位を侵していれば、他の一定の部位を侵す量が無いと言う事です。

上記の結果、人間の身体を前後、左右、上下に分けて見た時に、アトピーに限らずその症状がどちらか一方に偏る傾向にあると言う事は、ごく当たり前に観察されております。これは、このどちらかが免疫力や抵抗力が偏って弱いと言う現象があるからです。つまり、右よりも左の方が炎症や湿疹の程度が酷いと言われる人は、普通におられます。

貴女の場合、施術回数がある程度、限定されておりますから、それでも、あと2回の施術の結果にかけて見る。・・・と言う選択しか無いものと思われます。次回(7回目)以降の施術に対しては、今までの施術が全くムダでは無い事と、6回目から何日も期間が空いていますが、もし、8回で治るとしたら、その回数が、その為に増えると言う事が無い事も、申し添えておきます。

それと、貴女が今までに一生懸命にご努力された「自助努力」と私の施術法との相乗効果にも期待して見たいところです。如何にしたらよいのか私も大変苦慮しながら大いに迷っているところでもあります。貴女がお悩みになられている事を思うと、大変切なく思っております。私は自分の提唱する事と、施術に対しては絶対的な自信を持っている事は間違いありません。ただ、その対象が人間であると言う事と、過去の悪い実例も少ない確率ですが、ある事が事実なだけに、良くない事も考えてしまう現実があります。

現実的で無い事を言っても何もならない事ですが、貴女がお近くの人だったらと、思うばかりです。貴方に限らず、遠方の方や特別なご事情のある方は、今までにも何人もおりました。それが出来ない時には、大いにジレンマに陥った事も、数少なくはありません。

しかし、ただイタズラに悩んでいる事も出来ません。私自身が出来ないくせに、貴女に対しては常に前向きにと言って来た事もあります。ご家族の方々とも良くご相談されて、最良の結論を出される事を期待しております。・・・と今の私にはここまでしか言えません。
 

3月さんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月21日(水)15時30分59秒
  アララ、流行に敏感ですねーーー。
でも考えようによっちゃ、
ウイルスが変位しないうちの
早い方が良いかもですね。

家の孫達は幼稚園が休みとか言っていますが、
今のところまだ大丈夫なようです。

お大事にネ。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月20日(火)18時00分43秒
  先ず、昨日の「肋骨をエグル方式」について、基本的な事項は同じですが大幅に改正事項があります。これは、今までに、どなたに対しても試してもらった事がありません。(努力呼吸はありますが)貴女の為に、私自身で試行しながら開発?したものです。私の鼻炎や涙目、アトピーに対して一日やっただけで、翌日にやや効験が感じられたものです。「いるかスペシャル」とでもネーミングしておきましょうか。何か他に良いネーミングがありましたら・・・。

*改正事項
1)横隔膜を突き上げる時、呼気に合わせて静かにグーと言う刺激にする。戻す時も吸気に合わせてスーと静かに戻す。パッ、パッと言う刺激にならないようにしてください。
2)刺激する部位をみぞおちだけと言いましたが、みぞおちから、わき腹方向へ、肋骨に沿って刺激して行きます。この時、指は人差し指から小指までの四本を当て、四本の指の幅ずつ、刺激部位を移動させながらやって行きます。身体の真横ぐらいまでで、よいでしょう。刺激して行く方向は、例えば、みぞおちからか、わき腹からか、どちらでもよいです。
3)一ヶ所当たりの刺激回数は多いほど良いですので、適当な回数でやってください。
4)この後、「努力呼吸」を必ず、やってください。

注)横隔膜は解剖学的に、肋骨の一番下にその端っこがくっ付いていて、丁度テントのように張り付いています。後ろ側は腰椎の2番目に付いています。腹部を上下に(肋骨の一番下の部分)テントで仕切るようになっています。

>実は、少し治ってきたかな?というところがあるのです。足首から先、手首から先は、な>ぜか水泡がひどく見た目も惨いのですが、胴体などは色が少しずつ戻っているようです。
>この部分については痒みがかなり軽いので
上記の改善傾向と思われる自覚症状は、何時の時点で感じられましたか?。
それですそれ!!、このように観察して行ってください。今までの何人もの人に共通して言える事ですが、まだ痒いですかと聞くと痒いと言います。皮膚の改善は感じませんか、と聞いてもよく分らないとお答えするのが普通です。その人達全てに言える事ですが、長年、痒さでご苦労されているだけに。部分的に痒さが無くなったと言われる人や、。同様に部分的に皮膚が改善傾向にあるようだと言われる人も殆どおりません。こんな事が私の施術を受ける前にあった事なのかどうかは、簡単にチェックして比較が出来ると思います。何事においても言える事だと思いますが、事前と事後の違いを大幅に感じる、或いは探すと言う事は、貴女の身体の為には大変良い事です。

水泡については以前にもあった事ですか、これについては、私の施術を受けてから初めての事だと言われる人もおります。以前にもあったと言われる人もおります。このどのちらの場合も結果的には全て、改善されておりますが、いずれにしても、施術途中にこのように訴える人は過去に、数人おりました。水泡は治る時の前兆であるとでも、例によって、良い方に解釈してみてください。

私の施術によってアトピーが治るか否かは、必須条件として「痒さ」が無くなる事です。「痒さ」は組織細胞が破壊されている時のごくごく小さい痛みです。組織細胞が破壊されている部位は、炎症や湿疹が出来て、それをアトピーと称しています。貴女にも部分的ではあるが、その前兆が表れたと言っても良いものと思われます。アトピーについて私が今までの施術体験で知り得た事を、以下にもう少し述べてみます。

今までと何度も重複いたしますが、根本的な原因が「呼吸の違和」であると言う事は、もう既にご理解いただけたものと思われます。呼吸の違和によって、動脈血は二酸化炭素が多く、その分酸素が少ない所謂、質の悪い血液になります。この質の悪い血液によって身体の各部位の組織細胞が破壊される。これを医学的には「アレルギー性の疾患」と称していて、夫々の愁訴に区別されています。この内、アトピーは特に、皮膚の細胞が顕著に侵される事によるものです。

夫々の病気の原因が幾つもあるとか、人によってその原因が違うと言う事は考え難い事だと思います。この事は世の中の全ての事象に対しても言える事で、例えば、その時期になると、ある地域に雪が降ると言う事象に対して、原因が幾つもあるとは思えないのと同じ事です。

免疫力と言うものが私にはよく理解の出来ない事ですが、上記の質の悪い血液は全身を巡るはずです。アトピーの罹患者は「皮膚の免疫力」が比較的弱いと思われる事と、「呼吸の違和」の程度が比較的悪いのではないかと推測されます。この内、皮膚の免疫力については確認する事が出来ませんが、呼吸の違和の良否は、過去の施術体験から、他の愁訴と比較して悪いと言う事が確認されております。これは、他の愁訴と比較すると、その改善の為に要する施術回数が比較的多くなる事や、その関連する椎骨(背骨)に顕著な歪みを発見する事があるからです。しかし、それ程、顕著な歪みで無いにも関わらず、施術回数が多くなる事があります。これにはそれなりの理由がありますが、ここでは、割愛させていただきます。貴方の場合は、これに属するのかなと思いますが、確実にそうとも言えません。

同じ原因で生起される、喘息、鼻炎(花粉症)、食物アレルギー、化学物質過敏症等は、施術に対する効験度は高く、完治に至るまでには確実性があります。アトピーと比較して施術回数も圧倒的に少ないと言う実績があります。これは、年令にも全く関係が無く、背骨の歪みの程度も殆ど関係がありません。

皮膚は他の鼻の粘膜や気管支の粘膜と比較して、丈夫なはずです。その皮膚が侵されるのですから、余程の悪条件が揃わないと、発症しないはずです。つまり、皮膚の免疫力が余程弱いか、呼吸が余程悪いと言う組み合わせによって、生起されているのではないかと推測しております。

皮膚の内でも顔は比較的丈夫なもののようで、皮膚全体の損傷度が比較的「良」の人は、あまり顔の皮膚の損傷度は酷くない傾向にあるようです。その内でも鼻の部位が侵されている人は殆どいないようです。これは推測するに、常に表に出でている事から、色んな刺激を受け易くて、自然に丈夫になっているものと思われます。これには勿論、呼吸の違和の良否や皮膚の免疫力の組み合わせで、損傷度に差があるようです。

また、手や足の場合も上記と同じ条件で比較的、皮膚が厚くなっている事で丈夫になっているものと思われます。掌や踵に出ている人も少ない傾向が確認されております。ただ、手足の場合は医学的に掌蹠膿疱症(ショウセキノウホウショウ)と呼ばれ、手のひらや足裏に発症している人も扱った事がありますが、これも同様の事が原因で発症している愁訴でアトピーとして扱って治っている実例があります。

要するに、質の悪い血液がどの部位に悪さをするかは、丁度、火山の噴火と同じで、弱い所に集中して作用するようです。以前に治った人で女性でしたが、良くご自分の身体を観察している人がおりました。この人が面白い事を言われていたのを思い出しましたが、どうも、先に、アトピーが発症した部位の順番に、皮膚の改善が先にされているようだとの事でした。これも納得の出来る事で、丈夫と思われる部位が侵されるのですから、その損傷度が酷い事は想像が出来ます。逆に、弱いところの損傷度が程度が良いので治り易いと言う事のようです。確かに、今までの実例で、顔や首が改善されるのは後になる傾向があります。

それと、これも未確認事項ですが、その人の身体に停滞している「二酸化炭素」の量には限界があるようです。従いまして、上記で火山の噴火の如く・・・と、言いましたが、弱い所にこの二酸化炭素が集中すると、他の比較的強いと思われる所を侵すだけの、二酸化炭素の量が無いと言う事も、あり得る現象だと思われます。・・・ですから、呼吸の程度が悪い人は、この二酸化炭素の量が多いし、皮膚の損傷部位の範囲が広い事も想定されます。しかし、損傷の部位が広い、狭いと言う事は、私の施術の効験度とは、何ら関係がありません。要は、呼吸の改善が如何に出来るか否かだけの問題です。

上記の事は、過去にアトピーが良くなると喘息の症状が出ると言う人を数人見た事がありますが、二酸化炭素が特定の部位に集中すると言う事があり得る。・・・と言う事を考えれば納得の出来る事です。その時のその人の、その部位の免疫力の変化によって、起こり得る現象である事は充分に納得が出来ます。

>睡眠については、うーん。今でもぐっすり眠れてはいません。何ででしょうね。。。
貴女が「睡眠障害」を起こしていても、何ら不思議ではありません。それはアトピーが大きく関わっているから当然の事です。痒さによって、俗に言う質の良い睡眠(ノンレム睡眠)が得られないからです。ご自分の睡眠状態の良否に対するチェックは、どなたの場合もご自分が寝ている時に、行なう事は不可能な事です。

これをご自分でチェックする方法は、昨日も言いましたが、
1)「日中に眠くなる、或いは昼寝をしてしまう」
2)「昼食や夕食後に眠くなる、或いは寝てしまう」
3)「毎晩のように悪夢を見る」
4)「疲労感や倦怠感を強く感じる」
これ等を感じる人は「睡眠障害」があると断言出来ます。

「睡眠障害」には大別して二種類ある事が確認されております。
1)寝付きが悪い、このような人は折角、寝付いても途中で何度か目が醒めて、その都度、直ぐには寝付く事が出来ない傾向があります。
2)寝付きは良く、途中で目が醒めないで、朝まで寝ている事が出来る。しかし、朝起きた時に熟睡感を感じない。このような人は悪夢を見る傾向がある。
3)上記の1)と2)の混合型もあります。

アトピーが治れば、「睡眠障害」も私の施術で解消されます。今、貴方に対して「睡眠障害」に対する操法もその都度行なっておりますが、今のところは、それがアトピーに打ち勝つ事が出来なくて効験が無いようです。これは貴女だけではなく、どなたの場合もそうですので、ご心配されませんように。今のままで、アトピーが何時治るかによりますが、アトピーが治ると今やっている「睡眠障害」に対する効験が持続されていますので、これも治っているのがごく普通の実例としてあります。

睡眠障害を克服する、或いは改善する為に、一番やってはいけない事があります。夜の就寝時間以外に、何時でもどこでも寝ると言う事は絶対にやっては、いけない行為です。これをやってしまうと夜の睡眠状態を悪くする可能性があります。昼寝をした為に夜寝付きが悪くなった、と言うご経験がありませんでしたか?。それ以外にも、夜、例え寝付いても、睡眠の質が悪くなる事があります。こうなると、睡眠状態が悪循環をしてしまい、夜の睡眠の質が悪くなっている人の実例は数多くります。

これは「うつ病」の人に対して指導している事ですが、夜の睡眠時間以外には絶対に寝ないように頑張る。眠くなったら例え部屋の中でもよいから歩く。或いは外に出て散歩程度でもよいから歩く。これを数日間、頑張って行なう事により、睡眠状態が良い循環をする事で、何時でも眠くなって寝てしまうと言う、睡眠の悪循環を断ち切る事が出来ます。

もう一つは、仕事をされている人の場合、休み(休日)だからと言って、朝は何時までもダラダラ寝ていない。通常の時間帯に起きてしまう。日中は絶対に横にならないようにする。「うつ病」の人に対する施術の時に、昼寝はしていませんかと、お聞きすると、していませんと、お答えしますが、横にはなっていませんかと、お聞きすると注意していたのにも関わらず、やっているとお答えする人がおります。特に、うつ病の人が横になると、必ず寝ている事が普通にある可能性があります。この時の寝ている時間帯は、ごく数分らしいですが、睡眠の質は殆どノンレム睡眠で非常に質の良いものだそうです。このたった数分の事でうつ病がなかなか、治らないと言う人は少なくはありません。

うつ病の人は自助努力で睡眠の改善を行なうと言う、上記の事が簡単に出来ない人が多いです。施術を受けると身体が楽になる事を感じる人が多いので、どうしても私に頼る人が多いのですが、上記の事をその人の身体で実感する事も含めて、指導いたしますが、そう簡単には出来ない人が多くおられます。

貴女の場合も、今の悪い睡眠状態が続くと「うつ病」に発展する可能性がありますのでご注意ください。どう注意すればよいのかについては、睡眠状態が悪いと、免疫力が低下すると言う事は常識的に言われている事です。悪いと思われる睡眠状態をカバーする方法として、今のところは、睡眠時間を出来るだけ長くするしか方法がありません。

貴女のアクセス時間が遅い事も気になっております。今後の施術効果や、今行なっている自助努力の効果にも悪影響がある事が考えられます、アトピーが治るまでは、もう少し早い時間に就寝されるように心掛けてください。

例によって大変な長文になってしまいましたが、貴女にアトピーについてもっと、ご理解を深めていただきたいと言う思いで、少々、興奮気味に記述いたしました。また結論を出さなければなりませんが、今の貴方の若干の「好転反応」は少しだけ改善された呼吸と「努力呼吸」の二つの事の成果が出始めているものと理解しております。

この後「いるかスペシャル」を数日間、試行してみて、もう少し観察を続けて見てください。睡眠にしても何にしても、悪いと言う要素は全て排除してください。ただし、良く言われる食生活は全く関係がありません。貴女がこれを食すると、顕著な反応があると分っているもの以外は、絶対に制限しないでください。出来る範囲で詳細な観察をされて、またご報告してください。そうこうしている内に、週末になってしまいます。施術を行うにしても25日の週になると思います。
 

インフルエンザげっちゅー

 投稿者:3月  投稿日:2009年10月20日(火)13時52分6秒
  子供二人ともやられました。
先週から鼻炎・咳き込みが増えて、季節はずれの黄砂の影響かな?と思ったら
いきなりの発熱です。
いるかさんすみません。
お茶しましょーとか云いながら、暫く動けない状態です…私も保菌してるんだろうなぁ。
落ち着いたら気晴らし致しましょうね~~^^;;
 

詳しくありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月19日(月)23時25分2秒
  阪井先生
下記よく読ませていただき、呼吸について一層理解ができました。やはり私も薄々感じてたように呼吸筋が怠けている?可能性があるのですね。
なお一層努力します。みぞおちに指を当てて呼吸をすると確かにかなり痛いですね。これが努力呼吸に一層の効果を与えるのでしょうね。頑張ります。
実は、少し治ってきたかな?というところがあるのです。足首から先、手首から先は、なぜか水泡がひどく見た目も惨いのですが、胴体などは色が少しずつ戻っているようです。
前申したプラセンタの影響は多大なので、このせいかとは思いますが、この部分については痒みがかなり軽いので(私の場合プラセンタは痒みにあまり効果がありません)・・・もしかしたら、と思うのです。また観察していきます。
睡眠については、うーん。今でもぐっすり眠れてはいません。何ででしょうね。。。
ともかく、希望を持って明日も頑張ります。いつもありがとうございます。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月19日(月)19時57分29秒
  >努力呼吸によって、まだみぞおちの温かさを感じます。
温かく感じる、・・・についてはまだ横隔膜の動きが悪いからです。私の言う事が分り難いかも知れません。長文になりますが、大事な事ですので良く聞いて理解を深めてください。分らなければ、何回も聞いて理解してください。

先ず、私の施術の目的は、横隔膜や肋間筋と言われている所謂、呼吸筋をコントロールしている神経の改善を行なう事です。神経の働きが悪い事によって、呼吸の違和(異常)を招く事で、アトピーになっている。現在、医学的に「アレルギー性の疾患」と言われる全ての愁訴の原因が、共通してこれです。私の施術で治っている実例がある以上は、アレルギー反応ではない、・・・と言う事が確実に言えます。

どなたの場合でも何回目かの施術で、事前と事後の呼吸の差を必ず、感じなくなる。この後、「痒さ」を感じなくなった人、まだ「痒さ」を感じる人に、二分されます。ただし、この時点で「痒さ」を感じる人の比率は非常に小さい。

「痒さ」を感じる人は、私の施術後に、神経そのものの改善が100%出来ていない事が予測されます。つまり、改善率が100%に達していない。(このような人も比率的には小さい)

100%に達していないと思われる場合、他に考えられる事は、呼吸筋そのものの働きが悪い人と問題の無い人に二分されるようです。これは俗に言われる筋肉が硬い(機能的な問題)と解釈しても良いです。(肩こりや腰痛がある、或いは身体が硬い等)と同じ事と理解してもよいです。しかし、推測の範ちゅうですが、この両者のいずれの場合でも神経の働きが正常になれば、施術回数に違いがあっても、同様に呼吸の改善が正常になる事が多いものと思われます。

*貴女の場合、神経は正常になったが、(明確には言えませんが)呼吸筋そのものに機能的(病的ではないが)な問題がある事が予測出来ます。その結果が、「まだみぞおちの温かさを感じる」・・・と言う結果になって表れているものと思います。

逆に言いますと「努力呼吸」を続行する事によって、温かく感じなくなった時点で、少しだが好転反応が表れる可能性が高いと見ております。まだまだ、頑張ってやってください。それでも貴女の感覚的には温かいについては、よく分らないとも言われております。つまり、現時点でも、呼吸筋は相当に機能不全が改善傾向にあるのでは、と言う印象を受けております。これも、貴女のご努力の成果の一つです。

上記の事を、膝痛で例えてみます。特別なケガで傷めていない限り、これは背骨が歪んだ事が直接の原因です。背骨が歪む事で→骨盤が歪む→股関節が歪む→膝痛となって表れる。しかし、同じ膝痛でも上記の状態が永く続いた為に(慢性的)、膝の関節が既に器質的(病的)に損傷している場合があります。その人をチェックして、このような場合は私では治せませんので、お断りいたしております。

同様に膝痛の人でまだ膝の関節が、器質的(病的)に損傷していない人がおります。このような状態の人を機能的に膝の関節が損傷していると言います。この人達を治すために、直接の原因である背骨の歪みを治します。この時に、この人達に、膝に対するストレッチ法を行なわせます。これによって、施術回数は圧倒的に少なくなって、ほぼ、完治状態になります。

長くなりましたが、何が言いたいかと申しますと、今貴女にやっていただいている「努力呼吸」は上記と全く同じ効果があります。これによって、私の施術との相乗効果に充分期待が出来るのではないかと言う事です。

*それから、また小出しで悪いですが「努力呼吸」を行う時に、呼気の時、みぞおち付近を凹ますようにする(この時やや、前かがみの姿勢になるはずです)。この時、両手の指先をみぞおち付近に上から当てて(指先は下を向いている)、「両指先を肋骨の下にエグルように入れて、横隔膜を上に突き上げるようにする」・・・これを、呼気と同時に行ってください。結構、みぞおち付近に痛みを感じるはずです。痛みは簡単に取れないと思いますが、続行して行くうちに、温かくは感じなくなって来るものと思われます。(一日当たり何回やってもよい、多いほど良い)


>ストレッチによって尿の回数が増えたように思います。
>夜左股のストレッチを行ったあと、2,3時間後にトイレに行きたくなることです。

上記のコメントを受けて、「利尿困難症」は改善出来ているものと推測されます。やり過ぎると逆に「ひん尿」になってしまう可能性がありますので、これで終了してください。今の良好状態は簡単には戻らないはずです。その後にまた戻ったと思われましたら、ご連絡ください。

*「利尿困難症」が「痒さ」に影響を与えている事も考えられると言いましたが、これを明確にチェックする方法がありません。もし、これを行使する前にムクミを感じていたとすると、それがどうなったかをチェックしてみてください。ムクミが全く感じられなくなった時点で「利尿困難症」は改善されたと判断してよいです。

尿毒?と思われるものは、排尿が正常になれば、今までの例では、体外に排出されるのは一日か二日でされると思います。今、貴女が「痒さ」が少し軽減されておられるのは、このせいかも知れません。しかし、「痒さ」が決定的に解消されているとは思えませんので、これが大きな原因ではないと言う事がチェック出来ました。

>トイレに行ったときの感じとは、尿の量でしょうか。量、色、排尿の時間ともに、とくに普段>と変化はないように思います。
今は自発的にトイレに行っているようですので、以前との比較が難しいと思われますが、「量」が一番問題ですね。これはどなたの場合も、残尿量が一定量(正常な量)あるのが普通ですが、尿のトラブルがある人は、残尿量が多くなる傾向にあります。この場合は排尿量は当然、少ないですが、感じではなくて、メスシリンダー等で正確に計測する必要があります。これにより尿が身体に停滞している時間が長くなる傾向にあり、尿毒?が身体に溜まりやすくなり、悪影響が考えられます。通常はムクミを感じますが、貴女に限り、「痒さ」に悪影響を与えているのではと思いましたが、これも上記のコメントで大きな影響が無いものと判断出来ます。

>帰宅のタイミングでは10分くらいかけて痒くて動けない、というのも以前とかわりません。
これはどなたの場合も共通して訴える事ですが、仕事中はそれ程でもないが、帰宅してリラックスすると、急激に痒さが増加すると言われます。やはり、推測ですがこれは交感神経と副交感神経がリラックスモードになる為に、血管が拡張傾向になる事から、血流が良くなりこれで皮膚の組織細胞が刺激されるのが原因ではないかと思っております。勿論、その時に旺盛に組織細胞が破壊されている時の痒みもあると思います。

>先生も判断のしようがないですよね。。。自分でも観察してもわからないので困ってしま>っています。
そんな事は無いですよ、貴方が明らかな変化を感じないのは何故か・・・。まだ、その原因が解明出来ないのは、貴女と私の共同責任です。今はそれを二人で追及したり、模索をしている段階です。それでも貴女の今までのご努力の結果、幾つかの事が、分って来ました。その内でも「利尿」はそれ程、大きな影響が無いと言う事が分りました。

「うつ病」とそれが呼吸に悪影響を与えているか否かは、判断が非常に難しいものです。ただ、貴女の全体の状態を見ていて、悪影響は殆ど無いのではと、第6感的には判断していますが、明確なものではありません。

明らかなうつ病がある、その為に病院にも行っていると言う人に対して何人も施術を行なって来ましたが、このような人の場合には、明らかに、それが呼吸に悪影響を与えている事が明確に、確認出来ます。(治った時の結果としてですが)

このような場合には、アトピーが治らないから、うつ病になる。うつ病になっているからアトピーが治らないと言う悪循環になっています。アトピーの原因がうつ病と言う事はありませんが、ニワトリが先か、卵が先か状態になっていて「負のスパイラル」状態になっております。このような人達は以外にアトピーに対する好転反応を示し易いところがあって、ご本人も良い自覚症状を感じている事が多い事から、比較的途中で断念する人は少ないようです。

いずれに致しましても、貴女に対する施術では、その都度「睡眠障害」の操法を施しております。その成果なのですが、以前よりは少しでも睡眠状態が良いと感じておりませんか?。


*上記に対する結論として
貴女の場合やはり、その原因が明確なものではありませんが、「呼吸」の改善が現時点で、100%改善されていないと判断出来ます。今後の施術で何回目で、それが改善がされるのか否か、或いは、貴女には改善を妨げる、私が解明(発見)出来ない、決定的な何かの要因があるのか、それが決定的に言えない事で悩んでいます。

「利尿困難症」が好転反応を示さない事の原因になっていない事が、今までの貴女のご努力によって、判断が出来ると思います。

次回(7回目)の施術を何時行うかのタイミングは、「努力呼吸」を上記の「肋骨をエグル方式」を併用して、もう少し行使されて、少しだけでも好転反応が表れないかをチェックしてみてください。この後にご相談と言う事になりますが、反応が無くてもこの後の交信による貴女の自覚症状の変化によっても、判断させていただきます。

貴女がこれまでやった「努力呼吸」は決して無駄ではありません。必ず、次回(7回目)の施術に少なからづ、良い影響を与えると信じております。現時点で、貴女が少しだが、
「痒さ」の違いを感じるようだと、言われておられるのは、「利尿困難症」は除外してもよいと思いますので、「努力呼吸」を行使し続けた成果ではないかと思われます。


もう一度確認の為に言いますと、「アトピーは病気ではない」と強く思い込んでください。必ず、治ると信じてください。私も必ず、治すと思い込みます。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月18日(日)23時31分53秒
  手短で申し訳ありません。

努力呼吸および左股のストレッチを行っています。努力呼吸によって、まだみぞおちの温かさを感じます。ただ、やはり鈍感なのでしょうか。慣れてきたので暖かいような気がする、という感じなのですが。
またストレッチによって尿の回数が増えたように思います。思います、というのは自発的にトイレに行っているので、はっきり行きたい意思が増えたかどうか、定かでないからです。今までは、おそらく(あまり自覚してないのですが)尿意を少し感じる→我慢する→感じなくなる→時間が空く、というところを、今は少し感じる→トイレに駆け込む。としています。ただ自覚があるのは、夜左股のストレッチを行ったあと、2,3時間後にトイレに行きたくなることです。もともと不眠気味なので、夜中にトイレに行くのは負担ではないのでかまわないのですが。
トイレに行ったときの感じとは、尿の量でしょうか。量、色、排尿の時間ともに、とくに普段と変化はないように思います。

それで、上記の結果、痒みが変化したかどうかは・・・本当にわからないのです。少しかゆみが減ったような、が続いています。ただ場所によっては、今でもとても痒いし、特に帰宅のタイミングでは10分くらいかけて痒くて動けない、というのも以前とかわりません。
それでは、先生も判断のしようがないですよね。。。自分でも観察してもわからないので困ってしまっています。深く考えず、あと2回先生の元に通ったら、案外すっと治るかも?と、簡単に思ってしまうときもあります。
というのは、いろいろ考えても、自分が特殊と思えないからです。先生の元で治らない訳がない、と思ってしまうのです。

5月頃は、先生のお話からうつ病気味だったかもしれません。寝つきはよかったんですが夜中の3時4時に目が覚めて、それからまったく眠れなかったのです。アトピーに対する不安感からだと思います。それからいろいろとあって6月くらいから眠れるようになったら、いつのまにか手の熱さも引いたように思います。今では手の熱さはまったくありませんし、不眠気味が続いても、仕事中に眠くなることはほとんどありません。

うつ病について読んでいるうちに気づいたのですが、今は意識的に息を深く吐いているので、いまだに普段息を吐き足りてない感じがしました。
うつ病的な呼吸の苦しさは、ありません。
しかし、先生のところでも、深呼吸を意識的にしたときの様子で呼吸を判断していますが、実は深呼吸と別に、普段の無意識の呼吸は、さぼっているのではないか?と思いました。

はっきりしたことが書けず、先生には本当に申し訳ありません。。。前述のように先生も判断に困りますよね。。。自分の体がよくわかりません。。。
本当にご近所に住んでいたら深く考えずに回数を重ねることもできたのに、どうしたものか。。。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月18日(日)14時02分35秒
  先ず、貴女の書き込みで気になったのは、
>ストレッチ等の結果、多少トイレに行きたい気持ちが強くなった気がします。
・・・ですが、これでは、利尿の改善にそれ程の効果は期待出来ません。利尿に対するものは、「左内股に対する刺激」です。

私のHPの記載内容で分り難かった事と思いますが、手が異常に熱いと言うのは、全く別の要因で感じられる事が多いようです。利尿の問題で手が熱い、冷たいと感じる事は殆ど無いように思います。(脚や足の場合はありますが)手が熱い、冷たいと感じる人は、同時に顔がムクムと言う、自覚症状を感じる傾向があります。

手が熱いまたは冷たい、顔がムクム等は、大脳の真下(脊髄神経の一番上)にある「脳幹」から出ている、「脳神経」(12種類ある)の異常によって起きる「愁訴」のようです。これは「うつ病」の一つの症状です。詳細については割愛しますが、「脳幹」に異常が起きるのは、睡眠障害(不眠症)が永く続く事が原因であると見ています。貴女には、その都度、「睡眠を改善」する為の施術は行なっております。

脳神経には「呼吸」のコントロールを行なっているものもあります。従いまして「呼吸」に悪影響を与えている事も考えられます。この場合は「過呼吸症候群」と言う症状になって表れ、突然、呼吸が苦しくなるなどの自覚症状が感じられます。また、その呼吸が苦しいと言う自覚症状には、何段階もあるようです。苦しさの程度に個人差があるようで「大」「小」の違いがあるようです。貴女には過去にこのような自覚症状がありませんでしたか?。貴女の場合「うつ病」状態(その前兆も含む)では無いものと思われますが・・・。

「脳幹」の異常の部位や損傷の程度によっては「呼吸」にも悪影響を与える事も考えられます。これが、うつ病の人がアトピーが治りにくい原因にもなっている事が、過去の実績で何例も確認されております。

>今年の5月頃、手の熱さで夜も眠れないほどでした。
ご自分が「うつ病」(前兆も含む)の症状があるか否かを、チェックする為には、手が異常に熱いも含みますが、日中の疲労感や、昼食後や夕食後に異常に眠い等の、自覚症状を感じているか否かをチェックします。これを感じている場合は要注意です。何か、貴方の身体に対して、小出しにチェック項目を出しているようですが、これもアトピーを治すための妨げになっている事を、全く否定が出来ません。

>どのような注意すべき点なのでしょうか。今はその症状はないのですが、気になりましたので・・・
HPの「利尿困難症」に関する項目は、それのみに対する記述ですので、「注意してください」・・・については、混乱を避ける為にそれ以上の記述をしなかったものと思われます。そのような自覚症状を感じたら「うつ病」(前兆も含む)になる可能性がありますので、ご注意くださいとするべきだったと思います。(早速、更新しておきます)

私から貴女に質問ですが
*「努力呼吸」は実行されておりますか?。その際、まだ、胸部や腹部に温かさを感じますか?。

*「利尿困難症」に対する「左内股に対する刺激」は行なっておりますか?。これで1回でもトイレの回数が増えたらご連絡ください。また、2時間毎に強制的にトイレに行く事も実行されておりますか?。実行されているとしたら、その時の状況もご報告してください。
 

利尿困難症

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月17日(土)15時57分33秒
  先生のサイト内の利尿困難症について読みました。自分の症状に近いと感じますが、ストレッチ等の結果、多少トイレに行きたい気持ちが強くなった気がします。それが今のところかゆみに影響しているかどうかはわかりません。
ところで、手が以上に熱いと感じたときは注意、と書いてありましたが、今年の5月頃、手の熱さで夜も眠れないほどでした。では本当に熱いかというと、他人の手を握ると、その人の手のほうが熱いので、自分の中の感覚だけのようでした。
それが、どのような注意すべき点なのでしょうか。今はその症状はないのですが、気になりましたので・・・
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月17日(土)09時30分28秒
  >利尿困難症・・・週末にネットでちょっと調べて理解を深めます。

これについても返信忘れていましたので・・・。
「利尿困難症」については医学用語かも知れませんが、私が用いているのは、医学とは少し違う意味合いのところがあるかもしれませんので、解釈にはお気をつけください。

*「利尿困難症」・・・、膀胱に尿が排泄しなければならない程の量が溜まったのに、尿意を感じないと言う意味で使っております。特に、腰髄神経と仙髄神経(骨盤部)の違和(異常)が原因であるとしています。(膀胱に尿が溜まっている時間が長い)

*「排泄困難症」と言うのがありますが、これは尿意は正常に感じるが、排泄がし難い症状があると言う事です。排泄するのに出にくくて、時間がかかる。チビチビしか出ないと訴えます。

「利尿困難症」は私が扱っている「愁訴」の一つですが、「排泄困難症」は今までに扱った事がありません。

貴女の場合は、「利尿困難症」と思われます。

今日は午後から用事で出かける予定がありますので、返信出来ないと思います。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月16日(金)14時35分12秒
  先ず、昨日の私の投稿の補足をさせていただきます。
>*2.「利尿困難症」について
>よく言われる身体の中の毒素が悪さをして、症状を惹き起こしていると言う考え方です。

これは、貴女に限り、アトピー状態で損傷した皮膚細胞に、尿毒?(どんなものか分りませんが)が悪さを与えている可能性があるのでは、と推測しております。ただし、これが原因でアトピーになっているとは思えません。貴女の事があってから、知人の透析患者二名に電話で確認したところ、痒さは常に感じるが、気になるほどの湿疹は出ていないとの事です。(掻き毟ったヶ所に多少傷がある程度との事)

乾燥肌や敏感肌と思われる人やご老人の痒がる方々は、それで私の所へ来られた訳ではありません。腰痛等で来られた方々の中に、このような方々がおられました。腰痛は3回程で解消されます。「痒さ」は最低でも5~6回と言ってますので、殆どの方々がこれを治してと言う方はおりませんでした。従いまして、今までの施術例は少ないですので、利尿との因果関係については現時点では、特定出来ていないと言うのが実情です。

しかし、確実に言える事は透析患者が痒がるのは、明らかに尿を正常に排泄出来ない事が原因である、と言う事が言えます。ただ、前出の二名の知人の話ですが、この場合も二種類あるようで、尿がどの程度か分りませんが、多少出る人はそれ程、痒がらないとの事です。知人のお二人は、どの程度か分りませんが、ほんの少ししか尿が出ないそうです。このような患者さん達は病院で、お互いの事をよく見ていて、情報交換をしていますから、あながち間違った情報ではないものと思えます。いずれに致しましても、この患者さん達は、尿を身体に溜めている時間帯は、正常な人と比較しますと、その時間帯は圧倒的に長いはずです。これによって、血液中に尿が蓄積されるのは常識的な事で、これを除去するのが透析です。

>5時40分、9時、12時半、午後3時、7時、9時、深夜12時の7回です。

これは以前からそうでしたか?。回数的には問題がなさそうですが、9時から12時半と午後3時から7時の間が特に、長いように思います。言いましたように、尿意を感じなくてもトイレに行くように心掛けてみてください。極端な事をやって見ないと因果関係が分らないと思いますので、2時間毎で(もっと短時間でもよい)やって見てください。

尿のトラブルは以外に多く「利尿困難症」と「ひん尿」が主ですが、その他に「切迫性ひん尿」と言って何時、尿意をモヨオスか分らない事から外出も出来ないもの。「尿失禁」或いは「夜間ひん尿」夜、何回もトイレに起きて、睡眠に影響があるもの・・・等々です。この内で「利尿困難症」と「ひん尿」を訴える人が、共通して下肢(膝から下)のムクミを訴える事が多いです。「ひん尿」・・・が?、と思われるでしょうが、これは回数は行くが、排泄する力が弱く、残尿量が多い事が原因では、と見ています。これが解消されると、排尿時に力強くなった、一回当たりの量が多くなったと自覚するようです。さすがに「切迫性ひん尿」の方が私の所へ来られる事はありませんが、それ以外の上記の愁訴は、私の施術で解消出来ております。

実は、貴女に対する第一印象は、特に、下肢の皮膚の色が極端に悪く見えた事です。今までに私があまり見た事が無い皮膚の症状です。前回、貴女の下肢の皮膚の色が若干違うように思えると申し上げました。もし、そうだとすれば合点が行くところもあります。それは「冷え性」に対する操法を施して、それが効果が出ている事が確認されております。これは、特に、下肢の血流が極端に悪い事が原因で冷たいと感じます。今の貴女は血流が良くなっているはずです。今までの施術で改善されたと思われる質の良い血液が、下肢の部分に循環し始めたせいで、多少皮膚に良い影響を与えたのではと見ております。

アトピーで冷え性の方は今まで他にも沢山おられたはずです。それでも、貴女ほど皮膚の色がハッキリしている方はいなかったように思います。せいぜい貨幣状の湿疹がある方が多いように思いました。私の推測ですが冷え性がある事と、尿毒と思われるものが皮膚に悪影響を与えた事。この二つの条件が揃った為に見られる症状ではないかと考えているところです。

>実は今日になって痒みが若干軽減してるかな?と思われるところがあります。枕に付いた>髪の毛が少なかった(おそらくいつもより頭を掻き毟ってない)

人間の身体は千差万別で単純に画一化する事が不可能であると言う事は、私は日常的に感じさせられていると、同時に困っている事でもあります。私が言うように原因が無くなったのだから、施術が完了してパット瞬間的にこの場で「痒さ」を感じなくなった人が多い事も事実です。しかし、3月さんのように徐々にと言う場合もあるし、朝、目がさめたらと言う方がいた事も事実です。

今までにも、今の貴女と全く同じように呼吸の改善がされた、・・・と思われた方が何人もおります。しかし、この時点で、止めてしまった方も少なくはありません。予約の日に連絡も無しにスッポかしている方が多いです。思うに、私が言う呼吸の改善を自覚した時点で、「痒さ」が治まると言う自覚症状が無かった事で、私の事を信じられない、或いは、胡散臭いとして自己判断で止めたのではないかと推測しております。ですから、もう相当以前から瞬間的にパット・・・と言う表現は止めております。先日は貴女にご質問されましたので、そのようにお答えいたしました。

今となっては確認が出来ませんが、このような方々の中にも時間経過と伴に、改善傾向の方々が、おられたかも知れません。しかし、これも考え難い事です。必ず、再発すると言う事を考えれば、その方々から必ず、連絡があるはずです。これは既に何年も経っている方もおりますが、今までに一人もおりません。スッポかした事が気まずくて、連絡が出来ないとも思えません。

しかし、貴女の場合に限って、「良い方の例外」に期待しても良いのではないかと考えております。貴女の場合に限り、時間経過と伴に好転反応を示す可能性だって否定は出来ません。その為に、上記のように少しでも良いと思われるところを発見する事も、貴女にとっては絶対にプラスサイドに働き掛ける事があると信じて、今後のご自分の身体の変化を観察してください。今考えられる、悪いと思われる要因を排除して見る。自助努力で出来る事はやってみる時間帯である。その為の一時中断であると考えてください。

一時中断する事をもう少し詳しく言いますと。貴女に対して今までにやった6回の施術は全く無駄にはなっておりません。アトピーに対する効験は今のところ、如実には出ておりませんが、その良否は別として、「呼吸の改善」は明らかにされております。

これ以後に、また、施術する機会があった時(7回目)にはおそらく、事前と事後の差が全く無いか、あったとしても僅かなものである事が自覚出来ると思います。つまり、施術の効験の持続期間は数ヶ月である事が予測されます。

今は、貴女の身体の何が邪魔をしているのか分らないが、間違いなく100%改善された呼吸がアトピー改善の為の作用を何かによって妨げられているのだ、時間はかかるが、これを何時かは必ず克服して、アトピーを治してやる、と思いこんでください。貴女が落ち込んではいない、少しだが良い感じと言う事を聞いてホットしております。

好結果が出ていない今の貴女にとって、掲示板での交信が如何ほども、貴女の役に立っていない事を重々、分っていながらやっております。また、ストレッチ法や「努力呼吸」も貴女が一生懸命にやっているのが目に映るようでもあります。
 

本日の排尿

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月16日(金)00時28分31秒
  5時40分、9時、12時半、午後3時、7時、9時、深夜12時の7回です。  

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月16日(金)00時23分32秒
  ありがとうございます。昼休みに携帯で書き込みを読ませていただきました。パートとはいえ、早朝に家を出、帰宅も夜になってからなので申し訳ないのですが、簡単な書き込みで失礼します。

今はさほど落ち込んでおりませんので、大丈夫です。先生の努力に頭が下がります。私よりも私のアトピーに真摯に向き合ってくださっているかもしれません。ありがとうございます。
実は今日になって痒みが若干軽減してるかな?と思われるところがあります。枕に付いた髪の毛が少なかった(おそらくいつもより頭を掻き毟ってない)とか、今は省かせていただきますが、ただ、質が違うといえるかどうか。。。3月さんのいう「個人差」の範囲かもしれませんし、先生の今までのお話からすると今日変化があるのは遅すぎるのでプラセボの範囲かもしれません。単に高気圧とか、たまたまかもしれません。痒みを観察しすぎて訳がわからなくなっている気もします。明日も様子を見てみます。
利尿困難症・・・週末にネットでちょっと調べて理解を深めます。たしかにむくみ易いです。今日も体操をしますが、あたりまえですが先生ほど上手に出来ません。
治療の中断についても、承知しました。これについても確認したいことがありますので、また落ち着いて書き込みします。
とり急ぎ、先生の書き込みは拝見しており、自己の努力も続けていることをお伝えしたくて今書き込みました。
 

いるかさんへ・・・追記

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月15日(木)18時11分52秒
  「一時中断」と言う言葉にまた貴女が落ち込んでしまうのでは・・・と思い、返信した後に気になって追記いたします。

今現在で貴女に出来る、「考えられる自助努力」を全てやって見て、貴女が好転反応しない原因を見つけてみようと言う事です。それによって今後の対応策を模索して見ようと言う事ですので、落ち込まないで頑張ってください。

*1.「努力呼吸」について
これは肋骨(肋間筋)や横隔膜を強制的に運動させて動きを良くると言う狙いがあります。横隔膜は膜と言っても分厚い筋肉の一種です。貴女に限らず「アレルギー性の疾患」がある人は、これを緊張(吸気)させる事は比較的問題なく出来るが、緩める(呼気)事が必要なだけ、緩められないだけです。それもほんの僅かな値であると推測しております。私の貴女への施術の目的は主として、この両方の筋肉の動きを良くする事を目的としたものですが、この改善に最低でも5~6回の施術が必要だと言う事です。

これを行なう事によって、施術との相乗効果には充分に期待が出来ます。もう少し詳しく申しますと、この両方の筋肉は腕や脚を動かしている運動神経と全く同じ神経によってコントロールされております。この神経の働きが個人差で多少の差異がありますが、少しだけ悪いだけの事です。私の施術はこの神経の働きをより正常に近づける事を最終的な目的としております。これは過去6回やった施術のレベルアップにもつながるものと思われます。

ここで貴女にこれをご指導した時に、少しやっただけで、特に、胸やお腹(横隔膜の付近)が温かくなった事を自覚されております。これは何を意味するかと言いますと、神経の違和(異常)によって動きが悪くなっている、筋肉や関節の部位には必ず、血行不良を起こしております。これを強制的に動かした事によって血行が改善傾向を示した事によるものです。

もう少し言いますと、貴女が何故、事後で呼吸が楽に感じられたか。一般に、人間は呼気よりも吸気が上手く出来ます。これは身体の特性によるものです。施術により肋間筋や横隔膜の動きが、より緩むようになった事で、より肺を押し潰せるようになり、これにより今まで吐き出せなかった肺の空気を少しだけ、多く吐き出せるようになりました。この分吸気量が増加します。これを呼吸が楽になった、たくさん吸えるようになったと自覚します。

「努力呼吸」をやった結果、やる度にお腹が温かく感じられたら、まだ、血行が改善されていない事になります。何回かやって温かく感じられなくなったら、改善された事になります。同時に手足の指先が温かく感じられるか、または何となく感覚的に違うと感じられるかも知れません。こうなると、肺中の酸素と二酸化炭素の分量が正常値に近づいたと言えると思います。この時にアトピーの症状に変化があるか否かをチェックしてみてください。

*決定的な事は言えませんが、症状が改善傾向を示さない場合は、他の原因で症状を「悪い」と感じている事が疑われます。

*症状が改善傾向なら、今までの施術の成果が出ていない疑いがあります。つまり、呼吸の改善率が100%でない可能性が考えられます。この場合は回数については分りませんが、回数を重ねる事により改善される可能性があります。


*2.「利尿困難症」について
よく言われる身体の中の毒素が悪さをして、症状を惹き起こしていると言う考え方です。「努力呼吸」よりもこれの方が、貴女の場合悪さをしているように思います。


上記の*1.と *2.のどちらも大変ですが、貴女の事ですから頑張ってやってくれることと思います。その上で原因が見つかれば、最高の事です。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月15日(木)11時55分12秒
編集済
  結論から先に申し上げます。次回(7回目)の施術は一時中断してください。・・・かと言って貴女に対する施術を放棄した訳ではありませんので、誤解されませんように。また、ご心配もされませんように。

前回の(10/13)施術以来、貴女の状態をズーット、分析したり、模索したりしておりましたが、その結果、出した結論が一時中断です。アトピーを治すために貴女が先ず、やってみる事があります。その結果によってまた相談してと言う事になります。

今までの施術経過でグダグダと御託を並べて、しかも、何を言っているのか分らないような事ばかりを言って、貴女を錯乱状態にさせてしまったと思います。分り易いかどうか分りませんが、以下に今までの事を整理してみます。

*その前に「利尿困難症」の事を先に言った方が、以下の私が言いたい事(文章)を理解し易いと思いますので、これを先に書きます。(貴女の一日当たりの排尿回数や何時間毎に、トイレに行くか等について詳細に教えてください)

*1.「利尿困難症」が貴女のアトピーに悪影響を与えている可能性について。
1)過去のアトピー以外の人が身体を痒がる例として、これが原因と思われる愁訴が何例かあったものと思われる。
2)貴女の痒みが改善しないのは、これが影響している可能性がある。
3)この影響か否かをチェックする方法があります。(詳細は以下に)

*2.6回目までの施術に対して
1)5回目の施術で呼吸が100%では無いにしても、「痒さ」を軽減または消失される段階までは改善が出来ているものと思われます。70~80%の可能性も考えられるが、貴女の身体は「標準」と思われるので、それは考え難い。施術以後に一時的に皮膚が悪化状態を示していますが、今後、時間経過と伴に、皮膚の何処かの部位が改善傾向にあるか否か、その色、大きさ(範囲)、状態等について詳細にチェックしてください。
2)戻り易い事に付いては、貴方の場合、戻っていないものと断言出来る。もし、戻っていれば、5回目と6回目の呼吸の格差があるはずですが、それが殆ど確認されない。(6回目で事前と事後の呼吸の差が殆ど無い事で、そう、判断出来る)

*3.「利尿困難症」の改善とチェックについて
1)一日当たりのトイレの回数は就寝時間以外の時間帯(16時間)で5~7回位です。尿意を感じなくても、2~3時間毎に強制的にトイレに行って、僅かでも排尿するように心掛ける。(要するに、悪いものを身体の中に溜めておかないと言うイメージーで)
2)前回の改善方法でご自分でやってみる。この結果、回数が一日当たり、5~7回位になれば改善された事になる。

*4.「利尿困難症」と「痒さ」の因果関係
1)上述しましたように、この可能性は充分に考えられる。
2)尿を兎に角、体外に出してしまうと言う事を数日間続けて見てください。これによって自覚している、「痒さ」に変化が表れる可能性があります。ムクミの例では、一回目の施術後、5日後に来た時に、改善傾向を自覚している人が多い。この例から言って、何日間位後になるか分りませんが、これを続行する事により「痒さ」に変化が表れる可能性があると思います。

*5.改善率が70~80%と思われる場合について
1)これに該当する人は、背骨に顕著な歪みがある。「うつ病」を併発している場合がある等、特徴的な人の場合。この要素は貴女には全く無い。(戻り易い特徴もある)
2)ここまでしか改善されなくても、部分的に「痒い」事を自覚したり、部分的に皮膚が改善傾向にあると自覚する事が多い。

上記2)を貴女が自覚出来ないのは、「利尿困難症」の影響が考えられる。

*6.前述の事で最良の結果は:「利尿困難症」が解消された事によって、明らかに「痒さ」に対する反応が少なくなった、或いは、全く「痒さ」を感じられなくなった場合は、6回目で施術完了となります。このまま経過を見てみる。
 

3月様

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月14日(水)22時59分28秒
  ずっとお聞きしたかった経過をありがとうございます。
なるほど、下記拝見して、メールで書かれてた内容に合点がいきました。
ちょうど今朝、今まで治したい一身で、アトピーが治ることがみんなの幸せと思って、自分も周りも追い詰めてたんじゃないかと気づきました。アラフォー子ナシの焦りでしょうか。
そして、悲しくなりました。
3月さんの書き込みを呼んで、今まで、ゼロか10、つまりまったく治らないか、完治かの2つに1つだと思っていたのが、こういうこともあるのかーと、少し気が楽になりました。
3月さんのように冷静に、施術を受けられたらいいのに。
3月さんには、お尋ねしたいことが(阪井先生の施術以外にも)、アトピーもちの主婦として沢山あるのですが、今余裕がなく、文章を書いては保存を繰り返してるうちに、お礼を言うタイミングもはずしてしまい、本当に申し訳ないです。
それなのに励ましをいただいて、今回とてもうれしかったです。
是非お会いしたいです。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月14日(水)22時47分6秒
  そうですか。。。一番恐れていたことが、つまり治らない理由がわからない(かえって特殊なら、回数を重ねればよいとわかるので、まだ良かったのですが)ということが、なんとわが身に起きてしまったのですね。数%以下の確率で。。。
昨日聞いていたら、パニックに落ちてしまっていましたが、なぜか今日は冷静に読むことができました。
ただ、悲しくて悲しくて。。。目の前の夫には言えずにいます。
第1段階までいけたなら、たとえそれが8回目であったとしても、夫に頼み込んでまた北海道に来ることもできますが。。。今は落ち着いて判断できずにいます。

努力呼吸は今日、仕事場で終日行いました。明日も一人で作業する時間が長いので、頑張ってやってみます。今日のところは痒さに変化はなかったようです。

利尿は先生の施術の後、確実に増えました。今日は差を感じなかったので、今晩試してみます。

すみません。書きたいことはあるのですがやはりショックで。。。やれることは次の施術まで精一杯がんばります。
 

3月さんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月14日(水)18時02分12秒
  たった今投稿した後に貴女の書き込みを拝見致しました。午前中から掲示板を書き込みモードにしておいたまま、合間を見ながらいるかさんへの返信の文章を作っていましたので、掲示板を見る事が出来ませんでした。

いるかさんに励ましの投稿をありがたく思います。いるかさんの場合如何せん、ご事情があるだけに、回数を重ねたら、必ず、治ると言えなくて今後、どのように対処すれば良いか模索中です。

ご自分の辛い愁訴を何とか解消したいと思われるのは、どなたの場合も当たり前の心情であるのは当然の事ですよね。まして、いるかさんは私の長女と、全く同い年ですので他人事とは思えなくて・・・。早く結果を出したいと焦っている状況です。困った時には、基本に返ってとか自分に言い聞かせながら、頑張っております。

「個人差」と言う言語については貴女の言われる通りです。全く私の都合の良いように用いているのも事実です。しかし、それに対しても結果を出して来た積もりです。この期に及んで、いるかさんに対して、こんな事が無いようにと願っているところですが・・・、私自身の自信だけは絶対に失わないようと、強く心掛けております。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月14日(水)17時26分44秒
  そうですか、「痒み」に変化が全く感じられなかったですか・・・。(泣
昨日の施術の感想を申し上げます。呼吸の改善に対する操法は2種類あります。NO.1は主に横隔膜に対するもの。NO.2は肋骨と横隔膜の混合。このいずれも目視では、事後の方が明らかに肋骨の動きや横隔膜の動きが大きくなっている事が確認されました。しかし、NO.1では差を感じていない事から改善傾向が確認されます。NO.2では貴女も若干ではあるが、呼吸が楽になった事が自覚出来ておられます。

「痒み」が消失していない事と、上記の事との因果関係があるのか?。と同時に貴女のまだ痒いと言うその後の反応から判断して、事前と事後の呼吸の差をあまり感じていないものの、(この時点で痒さを感じなくなる事が多い)、6回目の時点で改善率が100%に達していないと断言出来ます。貴女の場合、何回目で呼吸の改善がされるのか?、現時点では全く予測が出来ません。

・・・かと言って、貴女が施術後の成果が戻り易いと言う兆候も全く見当たりません。もし、貴女が戻り易い人だとすれば、その時の施術で、事前と事後の呼吸の差が顕著になる、現象となって表れます。これは、例の「うつ伏せ寝」の人や、背骨(特に首の骨)の歪みが顕著な人に見られる現象です。具体的には極論を言いますと、何回やっても同じ差を感じて、ステップアップしません。

実は過去の施術例では貴女と同じような人は、比率としては小さいですが、今までにもおりました。ただ、新操法を行使するようになってからは、殆どの人が標準的な回数で「完治状態」になっている実績が多いです。新操法においては実績例が少ない事から、データーにならないですが、特殊と思われる人が「呼吸」と「痒み」の改善の第一段階に達した回数が7、8回と言う人が過去に、6人おりました。

何度も言いますように、貴女には「特殊」であると言う要素は全く見当たりません。(私が発見出来ていない可能性もある)それなのに何故、全く好転反応を示さないのか、全く分らなくて苦慮しているところです。今日中(14日)に好転反応が表れなければ、その後に好転する事はあり得ないと思いますが、痒さだけでなく、傷の損傷度の変化に対しましても詳細に観察してください。

僅かに望みがある要素としてはNO.2で貴女が「呼吸の差」を感じていましたが、次回でこれが全く感じられなくなった時の、反応がどう出るか、また、もう一つは、目視で肋骨と横隔膜の動きが明らかに違うと言いました。これが同じになったら、貴女がどう反応するかに期待すると言う状況であるとしか申し上げられません。

>残り2回を粛々と受けたいと思います。標準的な回数で終わると先生が予測された以上、>治る可能性はありますよね・・・

施術完了に至るまでの回数について再度、確認の意味で申し上げますと、1)「呼吸の差」を感じなくなった、2)・・・と同時に「痒み」が感じられなくなった、この第一段階に達した場合に、あと何回とその人にお告げしております。それが言うところの標準的な回数の6~8回位と言う事です。貴女の場合、残念ながら現段階では、この第一段階にはまだ達しておりません。逆に言いますと、この第一段階に達した人は確実に治っております。従いまして、現段階では、最終の回数を決定する事が出来ない状況です。

好転反応を感じていない貴女にとっては、ウザイ話で、しかも長くなりそうですが、私は過去の施術例をPCで管理しております。大別して「標準的な回数で治った人」「治ったが比較的回数が多くなった人」、RICAさんのような人は例外としております(過去に3人だけ)。また、「途中で断念された人」(治らなかった人に含む)についても記録しております。治った例の場合は、1)何回目で呼吸の差を感じなくなったか。2)何回目で「痒み」を感じなくなったか。3)「完治状態」後の持続期間。4)各回毎のアフターケア;何ヶ月後に行なったか、その回数と夫々の持続期間。・・・等々に、分類して克明に記録しております。また、HPにある新操法との比較についても同様に記録して管理しております。

ただ、希望的な観測かもしれませんが、今回は「スネの部位」の色素沈着の色が以前よりは薄くなったように見えました。これについても、他の部位の傷の損傷度についても、或いは呼吸の改善率についても、もし、事前と事後の改善状態を数値化して貴女に確認していただく手法があったら、と思っております。

もう一つ貴女の身体に対して気になる事を、今回お聞き致しました。「小」の方のトイレの回数が極端に少ないと言われておりましたが、これは、「利尿困難症」と言いまして、そんなに多くの例ではありませんが、このような人はおります。近いのと違ってそんなに苦痛感がなさそうなのが普通ですが、このような人が訴える主な愁訴は、足がムクムと言ってそれを不快に感じている人がおります。

人工透析者が・・・云々、と言いました。それに関連付ければ、よく、乾燥肌で「痒い」と言う人がおりますが、もしかしたら「利尿困難症」が原因と言う事が考えられるかも知れません。ただ、過去の実例として、比較的若い方(50代位)で夜布団に入ると痒いと言う人が数人おりました。アトピーと判断して、やっても解消されなかった例があります。今、考えるとこれも、利尿困難症と関係があったかもしれません。その後、このような施術例がありませんでしたので、それとの因果関係については、今のところ分りません。

利尿困難症と痒さの因果関係については、今までは「ムクミ」の方の解消にばかりに、気をとられておりましたので、因果関係についてはよく分りません。今までの実績では、お年寄りに身体が痒いと言う人がおりました。ただし、比較的皮膚の損傷度は酷くありませんが、これはアトピーとして処理して来てました。お年寄りの場合はアトピーになる可能性は、ある理由があって、その可能性が高いです。アトピーとして大半の方々が解消されております。今思えばもしかしたら、これが上手く解消されなかったお年寄りに、利尿困難症が原因で、と言う人もいたかもしれません。同様に最近このような対象者を施術する機会がありませんので、よく分りません。

言いましたように、これも皮膚の「痒み」に影響を与えている可能性も考えられます。ただし、アトピーの人で過去にこのような人は一人もおりませんでした。今現在、アトピー状態の貴女の身体に限り、これとの因果関係が考えられるかも知れないと言う事です。

今回の施術において「利尿困難症」に対しては、簡便的にやっております。しかし、効果はある程度、期待出来ます。その後のトイレの回数に変化があったか否か、お返事ください。

「利尿困難症」に対してはご自分である程度、出来ます。それをお教えいたしますので実行して見てください。

*方法は
昨日、私がやったように「左股の付け根」に左手を当てて探ると、やや硬いスジ状のものに触れる事が出来るはずです。それを、左手の指先で引っ掛けるようにして、左手の上に右手を上から添えて下から、上にハネルように瞬間的にパッとした、やり方にになります。これを、一回やったら3~5秒位の間をおいて3回だけやってください。くれぐれもやり過ぎないようにご注意ください。その後にトイレの回数が増えたか否か、または、回数はそれ程、変わらないが排尿時にいつもよりは力強く、量も多く感じられるとなったら、効果があった事になります。

この時の姿勢は、大の字に寝た姿勢が理想的ですが、椅子や床に座った姿勢でも良いです。また、入浴後に行なってください。一日一回だけにしてください。もし、トイレの回数が一回でも増えて来たと思われたら中断してください。その後の事は私と連絡をとりながらやってください。

貴女にやっていただく事ばかりで大変ですが、「ストレッチ法」は完治状態になった後の持続性を高める事を目的にしております。「努力呼吸」は治す方法ではありませんが、しかし、貴女に限ってはこれを実行する事によって、私の施術法との相乗効果を望めるかもしれません。もし、これをやって「痒さ」に少しでも良好な変化を感じられたら、施術が必要になると判断出来ると同時に、回数については全く予測が出来ませんが、治る可能性は高いです。

これを実行した後の最良の成果は、全く「痒さ」が感じられなくなったと言う状態になる事か、或いは軽減を自覚出来たと感じる事です。この場合は、実行する日数については、確実な事が言えませんが、数日間続行してください。その後に、これも適当ですが、これを意識的に中断して見る。何故かと言いますと「痒さ」が改善されているのが、「努力呼吸」のせいなのか、または、両方の相乗効果によるものかを判別する為です。

中断した場合は、数時間で「痒さ」が元に戻るかもしれません。この場合は「努力呼吸」の効果であると判別出来ます。この場合は施術が必要で、治る可能性が高いです。

中断した場合の最良の状態は「痒さ」を全く感じない。この場合は、この最良の状態が何時まで続行するか様子をみて見ます。もし、数日して戻った場合は、その時、相談と言う事になります。

この「努力呼吸」は貴女が考えているほど楽なものではありません。寝ている時間帯以外の時間帯(16時間位)にやり続けなければならないからです。また、そのやり方も肺の中の悪い空気を全部出し切ってしまうと言うイメージで、もっと言えば、肺そのものを横隔膜で押し潰して、身体から肺を全部出してしまうと言うイメージーです。これに対する効果の検証は私自信の身体で出来ております。アトピーを治すためです頑張ってやってください。

私は今までに自分が扱っている、夫々の愁訴に対する施術において、一度も施術を放棄した事がありません。私がその人に対して、一番最初にする事は、この場合は自分の施術法で治せるか否かの判断をする事です。ダメと判断した時には最初からお断り致しております。勿論、これが初めから出来るはずもなく施術キャリアと、クライアント(お客さん)によって、教え込まされて来たと言う事です。しかし、アトピーに限っては、数回の施術を行い、その回数毎のその人の反応によってしか、未だに判断出来ずに今日に至っております。

上記の文章からは、必ず治すと言う私の気概や意気込みが、トーンダウンしたかに思えるかも知れませんが。何故、貴女が好転反応を示さないのか、それを盛んに模索している最中です。それが見つからずに苦慮しているところです。貴女のアトピーの事が、終日、頭から離れる事が無い日常ですが、決定的な手法が見つかりません。5回目終了後の貴女の好転したと思われる反応があった時には、これで大丈夫と思ったのですが、そう甘くは無かったと言う現状のようです。

従いまして、上記の「ストレッチ法」や「努力呼吸」また「利尿困難症」については、オーバーに言いますと、死に物狂いクラスのお覚悟で、取り組んでください。

仕事の合間にチョコチョコと書き足しました。従いまして、文脈が変な所や誤字や脱字が多いものと思われます。また、貴女が好転反応を示していない事に、可なり、うろたえながら書きました。気がついたら大変な、長文にもなってしまいました。
 

いるか様

 投稿者:3月  投稿日:2009年10月14日(水)09時44分23秒
  お疲れが溜まっている様だったのでメールも控えておりましたが、
落ち込み気味に見える投稿で気になりまして…。
私は最初の夏、確か8回通いました。
呼吸とアレルギー性の咳・鼻炎以外の劇的な肌の変化!はすぐには感じられませんでした。
その年の冬に「肌の乾燥と痒みが楽かも~」と気が付き、
翌年の夏場(いつも夏に凄く悪化します)に
「去年とは明らかに汗の出方が違う…肌が汗でかぶれにくい」と
効果がじわじわ来た感じでした。
それで翌年も6回程通った気がします。
『個人差』という便利でやっかいな言葉があります。
標準という表現にあまり囚われない方が気が楽かな…、と全く余計なお世話ですが(^^;

そのうち調子が良くなったら待ち合わせてお茶でもしたいですね。
お大事に~~
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月14日(水)06時57分55秒
  昨日の施術ありがとうございました。
ちょっと時間がありませんので、結論から言うと本当に、本当に残念ながら、今回は痒みに変化がありませんでした。
落屑は少し減った気もしますが、先生の施術が痒みの消失である以上、痒みは強いといわざるを得ません。
私が変化に鈍感な人間であることを願いつつ、残り2回を粛々と受けたいと思います。標準的な回数で終わると先生が予測された以上、治る可能性はありますよね・・・他の標準的な方が5,6回目から変化を感じるとしたら、大変な焦りがあります。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月12日(月)15時48分59秒
  今までの方々が共通して言われる事の一つに、殆どの方々が、症状に周期的に波があると言われております。それで永年ご苦労されておりますから、ご自分の体に対する観察力を必要以上に行なっている傾向にあるようです。その感覚も研ぎ澄まされていて非常に鋭敏なっていて、その日のご自分の肌の状態に一喜一憂されている傾向にあるようです。

しかし、私の施術法にとっては、上記の事も全く問題にしておりません。回を重ねる事による好転反応を示すようになれば、どなたの場合もそんな事は全く気にならなくなっているようです。当時、この事をあれだけ気にしていたのに、その後の、アフターケアにおいでになられた時には、どなたもそんな事を言う方々はいなくなっております。

もっと俗っぽく言わせていただくと、今現在の貴女の肌の状態は悪化状態も含めて、私にとってはどうでもよい事です。今はただ施術中の過程における一つの現象であると、位置付けているだけです。今は貴女が永年ご苦労されて来られた今までの期間の内の、ごく短期間の現象(症状)であると考えてください。要するに、今、貴女が訴えておられる自覚症状は、私の施術法にとっては全く問題が無いと言う事です。常に前向きです、出口はもう直ぐそこだと希望を持ってください、必ず治します。

首を若干捻じっている・・・、これもこの程度では全く問題ではありません。首を不自然に横に曲げる、或いは捻じると言う姿勢は明らかにもっと顕著なものです。従いまして、全くご心配要りません、ショックでも何でもありませんから、ご心配されませんように。これを定常的にやってしまうと、施術回数が多くなるのではなくて、全く施術に対する効験が無くて、治らないと言う事です。

人間は仕事でも勝負事でもスポーツでも、それをやっている時に一番大事な目的を忘れていると言います。これは当時の会社の上司に言われた事ですが、その時は夢中になっていて、それをやっている時に「上手く」やろうとしているそうです。それに至るまでのプロセスを楽しんでやっているだけの時があるとの事です。本当の目的は、成功させよう、勝とうと言う事だそうです。言われて見ると当たり前の事です。今の貴女にとってはご自分の窮状を訴えたいと言う心情は良く理解出来ますが、貴女が私の所へ来られておられる目的は当然の事ながらただ一つであり、同時に私の目的もただ一つです。

この掲示板の目的もただ一つで「相談」です。ですから明らかに冷やかしや誹謗中傷の類と思われる投稿に対しても、私は必ずそれに対する返信をするように心掛けております。ですから、貴女もご遠慮なく何でも仰ってください。でも、これからはどんな場合でも、貴女が悲観的になる話題は禁物ですよ。例えば、人生を終えるなんてのは典型的にダメなものです。貴女のこれからの生活が楽しく、将来に希望が持てるものになるように、私が少しだけ背中を押させていただきます。ナーンチャッテ、可なりキザっぽくて、言っている本人が気恥ずかしくなってしまいますが・・・。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月12日(月)12時49分20秒
  こうやってお時間をとることを本当に申し訳ないと思いつつ、また大変ありがたいと思っています。
今の症状ですが、因幡の白兎と書いたときに思い出しましたが、今期の症状の悪化(それまでは見た目アトピーとわからないくらい落ち着いていました)が始まった2月、3月くらいに同じような症状でした。ただ今ほど範囲が広くはありませんでした。
足と頭は見た目驚くほど汚いですが、とくに汚い足首、かかとなどは、実は今年の8月くらいから悪化したので、実は色素沈着はそれほど心配していません。
この歳で足を出す必要もないですし。
うちにはソファがなく、床に寝転ぶこともないので日常生活で首をねじってるとは思いませんが、夫に頼んだところ、昨日寝てるときに仰向けで手を胸の上に組んだ状態で(まだよほど肺が悪いのでしょうか)、首を若干左に傾けていたそうです。
驚きました。本当に若干なのですが、これが普通の範囲からもれてるとしたら標準回数では終わらない可能性がありますよね。。。ショックです。引き続き観察してもらいますが、先生も明日ご確認をお願いいたします。
自覚症状としてはお話しているとおりですが、先生の第6感として、もうじき終わりそうな予感なんですよね?それにすがりたいです。
治したい!普通の生活を送りたい!この天気のいい3連休に遠出もできず、子供も持てず、家中皮だらけで汚く、夫に本当に申し訳ないです。どうか明日、よろしくお願いいたします。
先生が5回で終了しようとしてくださったことには本当に感謝しています。アトピーの重症の方は皆さん同じでしょうが、今まで信じられない金額を時間を費やしてきました。それでも治らず、治るなら!!と感覚が麻痺している自分がいます。私も爪に火をともす生活で(いつも同じ貧しい服を着てきているので先生もおわかりかと思いますが)、早く終わればそれにこしたことはありません。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月12日(月)10時25分47秒
  昨日、ご主人が仰っておられた、最大回数・・・云々、の事が返信した後、ズーット気になっておりました。それは、私の回答の内容についてです。

今の貴女の施術回数は5回ですが、よく考えるとあくまでも貴女に対する、一般的に「標準」と思われる症例に対する、施術中の過程であって、それに対して私が、何とか5回で一時的に終了を必要以上に求め過ぎていたものと思われます。ただ、それに対して今まで私が体験した事の無い、反応を示しているだけなのだと思います。それも、今の貴女にとっては大変にお辛いでしょうが、今後の施術に影響があるとは思えません。

HPにも記しておりますが、もう一度、一般的な施術の終了までの過程を申し上げますと、何回目かの施術で事前と事後で深呼吸の差を感じられなくなった後に、数回の施術を行ないますと申し上げました。この時点ではまさに、言われるように「あと一回、一回と回数を増やす」と言う状況になります。この時点では貴女の体を触察しても良否を判断する事が出来ません。あくまでも、貴女の自覚症状と、私の第六感的な感触による、何とも曖昧な判断の仕方によって、終了までに至ると言う手法になります。その時の目安として、貴女が言われる過去の実績の8回位であるとお考えください。

いずれに致しましても、6回目の施術によって今の悪化と思われる、お辛い状況から脱却出来る事を願いつつ、明日のご来院をお待ち申し上げております。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月11日(日)17時02分10秒
  ご主人に >最大回数を決めるよう言われました。

・・・と言っていただいている事を聞きまして、何となく安堵している自分がいる事に???と思っているところです。実は、私は貴女に対しては、ご主人とは全く反対に、最少回数を求め過ぎている事は事実です。当時、私は貧乏人の「セガレ」でした。・・・ですから今でも例え他人が使うお金でも大変気になります。

実は、今現在もう一人私の所へ来られている方がおります。プライベートに関わる事ですから、年令や性別については申し上げられません。この方は困った事に「うつ伏せ寝」をする癖があります。それが、効験度に大きく影響しております。何度目かの直後に「痒み」に対する好転で、施術による効験を実感出来ております。この方もそれ以外は「標準」と判断出来ております。次回が10回目ですが、これを直せないためにまだ終了出来ません。

たった一晩これをやってしまう事で、施術した成果が戻ってしまう事は、過去に何例もあります。小学生位の子供さんは、比較的これが直し易いのですが、不思議な事に年令と伴にこれを直すのに苦労されているようです。この方もこれを直すのにご苦労されているところです。

貴女にはその様子は伺われないように思いますが、今一度、確認の為に言いますが、就寝中のどの様な寝姿の場合でも、不自然に首を捻じっていないかご主人によく観察していただいてください。それと、日中にテレビを見たりする時に横になって、肘枕をいている事がないか。また、同様にソファーの肘掛を枕にして横になっている事がないかを確認してください。要するにどんな場合でも首を不自然に横に曲げたり、捻じったりする事を長時間行なう事は良くありません。

貴女が今の悪化状態と以前との違いについて明確にお答えいただいておりませんので、(もっとも、明確にお答えする事が難しいと思いますが)今の悪化状態と私の施術との因果関係を結び付ける事が出来ません。・・・と言って仮にその事が分ったとしても、次の施術法に貴女に対して特別な事が出来る訳ではありません。これは、私の今後の施術技術のレベルアップの参考になるのではと思っているだけです。

これも以前に言っていると思いますが、過去に、その人が自分は皮膚の損傷の程度が酷いので、治らないのではないかと、ご心配された方々が何人もおります。貴女も気に障る事と思いますが、私にとっては、そんな事は全く問題にしておりません。兎に角、根本的な原因を排除する、改善すると言う事を目的に施術を行なうのみです。

皮膚の改善は貴女の手や背中、オデコは損傷の度合いは見る限りは「小」であると思われますので、一ヶ月後には見違えるような程度と実感が出来ると思います。また、毎日その変化も実感出来ると思います。ただ、膝から下の部位は、一般的に言うところの色素沈着をしていると思われます。これは皮下組織の部位まで損傷していると思われますので、年単位の時間が必要なものと思われます。以前のRICAさんのお答えは、今は既に喉下過ぎれば・・・云々、の状態ですから、貴女のご質問には明確にお答え出来ないものと推察しております。

いずれに致しましても、「これだけご努力されている貴女が」治らないはずがありません。兎も角、第一段階は「痒さ」ゼロを目指すのみです。第二段階は貴女が、この皮膚は何時、キレイになるのだろう?、・・・とご心配出来るように早くなって欲しいです。
 

ありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月11日(日)11時58分39秒
  先生のコメントはいつでも有用です。本当にありがとうございます。こうやって愚痴を聞いてくださるのも涙が出るほどうれしいです。
こうやってPCを立ち上げると先生のコメントが入っていると、もう少し頑張れる気持ちになります。
この絶望的な気持ち・・・なんとかしたいのですが。因幡の白兎のように皮がむけてしまって傷がむき出しの真っ赤な肌とその大量の皮にまみれた私を見て夫が心配し、あと1回、1回と回数を増やすのではなく最大回数を決めるよう言われました。私も自分で反論する材料が自分の体しかないので、先生を信じて標準的回数の8回を挙げました。
ここ2年で30人の患者をごらんになって、標準的回数で終わらなかった方1名、挫折された方1名。本当にすばらしい数です。普通は、挫折した方の数は治療実績から除く治療院が多いのに。
自分がこの中からもれないことだけを願っています。ただただ、根拠なく不安です。5,6回で終わりそうだったところが、7,8回になってしまいそうなことも、自分だけが悪化してしまったことも。先生に慰めていただいているのに申し訳ありません。先生の書き込んでくださったことは、何度も読み返し重々理解しているつもりです。
肌の悪化については、今日処置をしてきます。これは、完治はできないが、ある程度(落屑が減るとか)肌を落ち着かせる効果が以前ありました。
先生が愚痴を聞いてくださって本当に心が落ち着きます。ありがとうございます。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月11日(日)11時18分25秒
  貴女はやっかいなクライアント(患者)さんではありません。今の状況なら愚痴を言うのも致し方のない事だと思います。私はいつでも聞きますよ、何でも言ってください。

ただ、以前にも言った事ですが、出来るだけ前向きの精神状態でいる事も必要不可欠な事だと思います。・・・かと言ってそれが私には出来そうもない事を、無責任に貴女に対して、言っていますけどね。

貴女には何にもならないコメントを、私の思いのままに綴っている事にも気がついておりますが・・・、一日でも早く好転反応が表れて、将来的に貴女にとって有用性のあるコメントになる事を信じつつ、ご来院をお持ちいたしております。

何度も同じ事を言いますが、今の貴女の状況は、あと何回施術を重ねるかと言う事だけです。過去の治った実例と比較して、貴女の言われる「痒さ」ゼロの日が必ず、訪れる事を確信しております。

当日は道中くれぐれもお気をつけておいでください、お待ちいたしております。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月10日(土)15時00分9秒
  今は貴女のお辛い気持ちがよく分ります・・・、と言っても、アトピーと全く無縁の人達よりは少しは分る・・・と言う事です。以前にも言ったと思いますが、今となっては何時頃の事なのか、定かではありませんが今年になってから、私もアトピーが発症したようです。これは、老人性のものと思われます。アトピーの痒さとは、こう言うものなのかと、初めて体感する事が出来ました。私の場合は、ほんの一部分の部位ですが、これが全身だとさぞ、お辛い事だとお察し申し上げます。

スイッチであるとかトリガー等については私には全く、理解が出来なくて、全く分らない事ですが、私の場合アトピーに限らず、人間の各部位に「炎症」が何故出来てしまうのかと言う考え方に基づいて、今の施術法を構築して来ました。人間に限らず、あらゆる物体は分子や原子の最小単位で構成されております。それが何等かの原因で、異常破壊されるのは何故なのか?、この事を決定的に解明する事が出来ました。長ければ良いと言う事ではありませんが、決定的にこれを解明出来たのは、もう既に15年余り以前の事です。これが「呼吸の違和や異常」であると言う事です。

>厚さ1ミリ程度の真っ赤な炎症が隙間なく体中一面を覆っている

これも初めて体感された事ですか?。何度も同じ事を言うようですが、貴女のように施術後にむしろ悪化したと言う実例は、私は経験しておりません。貴女の場合で、決定的に言える事は、5回目で100%にならなかった、また、100%に近づいたとしても、それが数時間で戻って、今は70~80%の状態に戻ってしまった事も予測されます。しかし、この状態は貴女に限らず、今までの実例でも普通にあった現象です。ただ、貴女の場合に限り、もしかしたら、今現在の改善率の方がアトピー全体に対しては、悪い刺激を与えたり、皮膚に湿疹が出来易くなっている状態である事が予測されます。

それと、炎症に対して一番密接に関連のある内臓は「副腎」であると言われております。しかし、これについては私では調べようのない事です。ただ、今までの施術体験上言える事はあまり関連が無いように思います。何故かと言いますと、私が今までに扱った方々はいずれも羅病歴(キャリア)が長い方々ばかりですが、「標準」と思われる方々が治った例を見ても6~8回位で、期間は40日間程度が多い事を見ても、その影響が無いように思います。

>痒みは強くないので

・・・と感じておられる以上は今までとは、違う反応を示されておられるように思います。・・・と私の都合の良いように楽観的に見ているところです。

>呼吸が完全なら新しい炎症が出る訳がないし。

ここのところが今まで私が体験した、初めてのケースであると何度も申し上げております。前述しましたように、貴女の今現在の改善率と皮膚の細胞の壊れ具合とがマッチした時に、表れている症状(現象)なのではないかと推測しております。

貴女の今現在の心情を痛いほど良くお察し申し上げます。他の人にご自分が悩んでいる事に付いて打ち明ける事は、むしろ大変良い事だと思います。今までに、アトピーに限らず、その人の悩みが解消されるかも知れない。と言うときに、何度もその人が今まで悩んだ事などを打明けられた事は随分あります。しかし、このような方々に共通して言える事は、私にそれを打ち明けた時には、皆さん非常に大きな安堵感があるようです。月並みな事ですが私でよければ何でも打ち明けてください。

5回目の施術を終わった後の貴女に対する印象や手ごたえは、必ず、「治る」と確信している事は何度も申し上げました。その後の回数はハッキリとは予測出来ませんが、貴方を「標準」と見ている以上は、今のペースで施術してあと、2~3回位と予測いたしております。貴女の喜ぶお姿を一日でも早く見たいと思っております。
 

13日

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月10日(土)10時52分22秒
  阪井先生
13日(火曜日)は1時ごろ伺うことになると思います。時間は十分です。
どうぞよろしくお願いいたします。
3連休というのに座ったまま動けません。愚痴を言っても仕方ないんですが・・・
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 9日(金)19時21分52秒
  ありがとうございます。
肌の悪化が初めてかどうかということですが。。。
以下は私のたわごとなのですが(皮膚について勉強したことがないので)

きちんとした皮膚を作るスイッチが細胞にあって、何かのトリガーでそれがオフになった感じがします。アトピーが発症するときは、いつもそういう感じです。そんなに強く掻いた訳ではないのに急速に肌が悪化します。今回は厚さ1ミリ程度の真っ赤な炎症が隙間なく体中一面を覆っている感じです。
痒みは強くないので施術とは関係ない気がしています。このスイッチがオフになるタイミングが私にはわからず。。。ある人はストレスとか花粉とかいいますが。
スイッチさえ上手に切り替えられれば皮膚は驚くほど簡単に改善する気がします。それを先生の施術で期待しているところです。
と文章に書くと簡単ですが、今は動くのも痛くステロイドも効かず、一日をなんとかやりすごすのが精一杯です。顔もずいぶん悪化し、体も気持ちもしんどいです。顔に新しく炎症が出たということは、やはり呼吸が完全ではないですよね。
呼吸が完全なら新しい炎症が出る訳がないし。
施術の好転反応ならうれしいのですが、自分の体と数十年付き合いながら今でもさっぱりわかりません。もう人生終えようかな…なんて一人のときに考えてしまいます。

痒みの改善について、また自分の症状についてはっきり言う人言わない人がいるということですね。
私はせっかちで気分の変化が激しく、もっと淡々と施術を受けることができたらいいのに・・と思います。

ぐだぐだと長くなって申し訳ないです。やっかいな患者ですが先生にすがるほかないので・・・どうか最後までよろしくお願いいたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月 9日(金)16時20分36秒
  >痒みがなくなったのがわからないというのが、ちょっとぴんとこないのですが、
>なんとなく、いつのまにかということでしょうか。

私の表現の仕方が悪かったかもしれませんが、人の感情表現の仕方に、明らかに二通りあるのだと思います。この事はアトピーに限らず私が扱っている他の全ての愁訴にも該当する事です。一つはご自分の辛かった症状が少しだけ軽減されただけでも、青天の霹靂の如く喜ぶ人。また、一方では、回を重ねる毎に症状を聞くのですが、よく分らないと言う人も同じぐらいの数の方々がおります。この様な方々は全ての愁訴において「完治状態」になってもそれ程、喜ぶと言う感情表現をする事はありません。これはその人の性格なのかなとも思っておりますが、何とも分らないと思うしかありません。一方では、良くなった事を喜び泣き出す人も少なくはありません。何度ももらい泣きしたものです。

結果的にどちらも症状は消失するのですが、やはり、その都度、一喜一憂すると言う人はご自分の身体の変化を必要以上に、克明に観察をしている傾向にあります。それを次回の時に事細かに私にご報告する人がおります。この時に回をます毎にその症状は「良い」と、ステップアップしているのが普通です。

明確には言えませんが、やはり、この様に一喜一憂する、明確にお答えすると言う人の方が、所謂、プラセボ(またはプラシーボ)効果が働き易いのか、施術回数やその後の持続性についても好結果が出ているように感じます。貴女はこの方々の方に属するのでは、と見ております。

私が一番出来ない事は、全ての愁訴が解消された人に対するその後の追跡調査です。その後、何年も全く再来されていないと言う人もおります。必ず、いつかは再発すると言う、私の言っている事を誤解されているのではないかと心配する事もあります。

貴女のお肌の調子が悪いと思われている状態の事は理解出来かねているところです。ただ、病院である病気の治療中に、一時的にその症状が悪化する場合があると言う事を聞いた事があります。これも好転反応の一種であると言われているようです。しかし、何度も言いますが、アトピーに限らず、全ての愁訴に対して、私の施術中に悪化したと言う事は今までに無かった事です。もしかしたら、私がその人の悪化状態に気付かなかった事も考えられますが・・・。

貴女が皮膚の状態を悪く感じている事に付いては、何故なのか私には全く分りません。その人の場合で、悪化と思われる状態になってしまう要因とは何なのか、今までに経験した事がありませんので全く予測が出来ません。確かに貴女の言われるように、睡眠障害を初めとして体が疲労している等、種々の要因によって、皮膚に悪影響を与えている事も考えられます。

貴女が今のお肌の調子が悪いと感じている状態は今回が初めての体感ですか?。もし、そうだとすれば、私の推測の域を出ませんが、どんな傷でも治る時に痒さを感じる事をご経験されていると思いますが、傷、即ち破壊された細胞を修復する為に、その個所にリンパ液や白血球等が多く集まり、傷を治そうとする時に細胞を刺激して痒さを感じるのではないかと思われます。

その他に私が目標としている、呼吸を改善する事によって血液中の二酸化炭素と酸素の割合が、どの程度かは分りませんが、必ず、以前よりは正常値に近くなっているものと思います。もしそうだとすれば、この事は今までに貴女が体験した事の無い体の変化のはずです。今はむしろその血液の状態が細胞に対して刺激を加えたり、傷が中途半端に治りかけている状態を、貴女がお肌の状態を痒さも含めて、良くないと感じているのかも知れません。

それでは、破壊された細胞は何処へ行ってしまうのか?。一つは静脈中に取り込まれ、泌尿器によって体外へ捨てられる。もう一つは、皮膚から体外に出て来る、これが即ち皮膚に炎症となって表れるものと思われます。

何度も同じ事を言って恐縮ですが、貴女が回をます毎に種々の事柄においてステップアップしていると言う感触は感じ取っております。次回の事後の事は予測出来ませんが、何とか貴女が「良」と自覚する事が出来れば良いなと思っております。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 8日(木)23時42分48秒
  ご指導ありがとうございます。
痒みがなくなったのがわからないというのが、ちょっとぴんとこないのですが、
なんとなく、いつのまにかということでしょうか。
なぜか、あまりに肌の調子が悪く、施術と関係ないとわかっていても悲観的な気持ちです。
13日になるとお思います。またご連絡します。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月 7日(水)13時14分2秒
  今までに何度も同じような事を言っていると思いますが、これから記する事は初めて言う事ですのでよく聞いてください。過去の例では5回前後で事前と事後で深呼吸の差が無くなる事が多いと言いました。この時点で呼吸の改善率が100%と思われるとも言いました。しかし、これが90%と思われる人もおられるはずです。この事はあまり気にしておりません。何故かと言いますと、通常はこれに、その後の持続性を高める為に2~3回の施術を加えると言う事を、必ず、やって来ました。この2~3回の内に痒さが消失した人もおられると思います。貴女の場合は後者の90%と予測されますが、これは決して悪いと言う事ではありませんのでご心配されませんように。

毎回の施術の度にその人の状態をお聞きするのですが、明らかな変化があると言う人もおれば、反対によく分らないとお答えする人もおります。「完治状態」になってからの事ですが、結果的に、明確に何回目で「痒さ」が消失したのか分らないと言う人も多いです。この反対に明確に何回目でとお答えする人も同じ位の人数の人がおられます。

いずれに致しましても、貴女の文面から判断される事は5回目で終了と言う事にはならないようです。今日一日様子を見ても、自覚症状が好転する事は、あり得ないように思います。貴女の諸事情から、何とか5回で終了としたかったのですが、それも無理なようです。

しかし、決定的に言える事は、今回の5回目に対する貴女の反応は、例え、数時間でも「痒さ」に対する自覚症状は、今回初めてプラスサイド(良好)に感じておられるようです。これは呼吸が100%に限りなく近づいていると言う事が予測されます。ここまで来れば、後、数回で「完治状態」になる事は確実に保障する事が出来ます。

次回はアフターケアではなくて、1クール目の施術の続きとご理解ください。次回のご予定は10/12か10/13位に予定を組んでください。日にちが決まりましたらご連絡ください。
尚、ストレッチ法をお教えいたしますので、時間に余裕を持たせてください。
 

追記

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 7日(水)06時55分39秒
  阪井先生:
やっぱり痒いかも・・・今から仕事なので、一日様子をみてみます。
 

RICAさま

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 6日(火)19時14分28秒
  お返事ありがとうございます。
そうですか。。痒みがなくなってから肌の回復にやはり時間がかかるのですね。
やっぱり痒みがなくなるのは本当に幸せですが、やはり肌がきれいになりたい。先はまだまだですね。
うつ病も併発されてたとか。アトピーは本当につらいですよね。うつ病を併発しても当然だと思います。先は見えず、眠れず。今は天国のように感じておられることと思います。
私も信じてがんばっていきたいです。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 6日(火)18時59分1秒
  昨日の施術からの報告です。
痒みは0にはなりませんでしたが、確実に減ってきていると思います。
ただ、昨日も申しあげたとおり体調が悪く(今日
は寝込んでしまいました)肌の調子も最悪なので、
本当は痒みが半分くらいに減ってるはずだと思うのですが、30パーセント減くらいに感じます。
ただ、今までは横になってるのが怖かった(痒みで七転八倒する)けれど、今では安らかな気持ちで横になっていられます。本当に感謝しています。
アフターケアで来週中ごろ伺いたいのですが、よろしいでしょうか。
次か、その次くらいで待望の痒みゼロまでいけそうな気がします。
 

いるか様

 投稿者:RICA  投稿日:2009年10月 6日(火)10時10分24秒
  留守にしておりましたので返信遅れました。
私の場合は学生時代に少しは科学と言うものをかじっていましたので、先生の理論を少しは理解することが出来ました。でも10回を超えても何の変化も無かった時には少しずつ先生に対して猜疑心が芽生えて来たのも事実です。それでも先生の理論の確かさと治すと言う熱意のようなものを通っている内に少しずつ信じるように努力した積もりです。

以前のことですので定かではありませんが、15回前後から何かが違うと感じ初めました。その後の20回前後に加速度的に変化が感じられ痒みが感じられなくなった時には大変感激したのを昨日のことのように覚えております。当時はどこの病院へ行っても、何をやってもだめで八方塞がりになっていましたが、今までやっていたことの内で一番効果を感じられた時の喜びは今でも上手く表現が出来ません。

私の場合は鬱病も併発していて通院しておりました。これも治り難い要因のひとつだと言われましたが、これも同時に治って病院で知り合った方にお勧めして結果的にその方も鬱病が治って大変感謝され良いことずくめでした。

お肌の状態が良くなって来たと思われたのは数ヶ月後で感じましたが、色素沈着しているヶ所やダメージの強かった部分が良くなったのは年単位の時間がかかったようです。最初の施術を受けてから四年以上になりますが今は全く普通の肌の状態です。いるかさんも必ずこうなると思います。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月 4日(日)12時42分45秒
  私のHPに特にアトピーについて記載している事項は、その都度、その人ごとの幾つもの症例に対して、私がそれまでとは違う施術体験をした度に、更新して来ました。従いまして、同じような事項が重複していて読み難いと思います。そろそろ、要約してHPを直そうかなと思っているところです。

その意味では、貴女の施術後の自覚されている症例も初めての体験と言わざるを得ません。かと言って貴女が特殊であるとは思えません。HPをよく読んでご理解いただければ、分る事ですが、私が目標とする施術に対する成果はあくまでも、「呼吸の改善率」を100%にする事を目指しております。

「呼吸の改善率」が100%になったか否かの目安は、事前と事後の深呼吸に全く差を感じなくなった時点で、そうなったと判断します。それと、その後に、全く「痒さ」を感じなくなったと、その人が自覚されたのを合わせて、判断して来ました。

ただし、深呼吸の差を感じなくなった人の中に、70%位しか改善されないと思われる人は現実に何人もおりました。このような人は痒さが殆ど変わらないと自覚したり、全体的な痒さの程度は軽減しているが、一部だけが痒いと自覚される人もおります。

このような人を「特殊」と称しております。このあとの30%を改善する為に、標準的な回数で改善された人と比較すると何倍もの施術を施さなければならない人は現実に何人もおりました。

しかし、HPにあります「画期的な療法」が開発されて以来、2年間でたった約30人程度の治験例しかありませんが、この格差が飛躍的に無くなりました。差があったとしても標準的な回数に対して1.5~2倍位(以前は2~5倍位)の範囲で治っている例があります。まだデーターが取れるほどの数を扱ってはおりませんが、このような「特殊」と思われる人は30人に対して、たった一人だけでした。つまり、約3%と言う事になります。

その意味では貴女の場合は今までの施術の感触からは、「標準」と判断出来る感触を感じております。私があまり言うと貴女に潜入観念が働きますが、次が5回目ですが必ず、呼吸の差を感じなくなると予測しております。この後に「痒さ」も全く感じなくなるものと思われます。こうなったら、貴女の場合は施術完了です。

当日は私の方からも密に連絡(電話)をいたしますので・・・。
因みに携帯の番号は「090-2698-3258」です。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 3日(土)21時02分28秒
  ご連絡遅れて申し訳ありません。4回目の施術の後に痒みが違うかな?と思ったのですが、だんだん元に戻りました。ただ、仕事と家事と北海道通いで疲れがたまって免疫力が落ちてると思うので、今痒さを冷静に判断できません。
でも、うまく説明できないのですが、何がしかの違いを感じました。このまま施術を数回受ければ、先生のもとで克服できるのではないかと感じるものがありました。次の施術が待ちきれません。ただ後1回じゃ無理かな?とは思います。もちろん先生のご判断しだいですが。
月曜日ですが、7時15分の飛行機を予約しましたので5時26分手稲発の快速エアポートに乗れたらいいなと思います。15時半に戻られるなら1時間半程度ありますので、バタバタで申し訳ないのですが、また施術をよろしくお願いいたします。
なにかありましたら携帯にお電話ください。私もご連絡いただいた下記番号にお電話いたします。

すみません…うちの夫は九州男児なので家事は全面私に負担がかかるのですが仕事も忙しくて、なかなか書き込みする余裕がありませんでした。読めるときは読んでます。愚痴でした。
 

RICA様

 投稿者:いるか  投稿日:2009年10月 3日(土)20時38分32秒
  応援どうもありがとうございます。経験者の方に書き込んでいただけると、すごく参考になります。うれしいです。
20数回、よく頑張られましたね。結果が出ないまま淡々と施術を受け続ける…具合が悪くなければそれも出来るけど、なかなか強い意志と忍耐力が出来ないことだと、私は良くわかります。今は絶好調とのこと、本当に良かったですね。うらやましいです。私もRICAさんに続けるかな…励まされます。
施術を初めて受けられたのが私と同じくらいの歳かと思いますが、完治からお肌の傷や湿疹が治るのはどれくらいかかりましたか?
最近湿疹のせいで生え際が薄くなってきたので(涙)そろそろやばい気がしています。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年10月 3日(土)09時29分20秒
  その後の状態は如何ですか?。ご連絡が無いので調子悪いかもですね。
次回は確か10/5(月)でしたね。
私、10/5(月)は午後から用事があって出掛けますが、
15時30分頃までには戻れると思いますので、
途中で時間調整しながら来られるか、
ここは開けておきますので中に入ってお待ちください。
電話は011-691-0403に掛けて、
出なければ携帯に転送されるようになっています。

次が5回目ですが、この5回目で事前と事後の深呼吸の差が
感じられなくなると思います。これによって「呼吸の改善率」が
100%になると、必ず、明らかな好転反応が表れて、貴女も
それを、明確に自覚することが出来るはずです。どうぞご期待ください。
 

頑張ってください

 投稿者:RICA  投稿日:2009年 9月30日(水)10時05分20秒
  いるか様
私も先生の所で治りました。先生のお話で分った事ですが、思えば小学校四年生の時に
平均台から落ちて首を傷め半月ほど入院した後に最初は喘息が発症しました。
喘息が病院で薬で治った後にアトピーが発症しました。以来二十数年間
アトピーに悩まされ続けて来ました。こう言うと年令が分ってしまいそうですが
アラフォと呼ばれる年代の女性です。
先生の掲示板はいつもチェックしておりますが、いるかさんが関東圏からいらして
いるとのことですが大変ですね。私は先生に頚椎の歪みが顕著であると言われました。
そのせいか施術は二十数回位かかりました。その後の施術も数ヶ月ごとに五回ほどの
アフターケアを行い(その都度7~8回位)ましたが最後の施術を受けて以来
今では一年と九ヶ月ほど経過しておりますが絶好調と言う状態で全く問題ありません。
私はいるかさんに先生を信じて頑張ってくださいと申し上げることしか出来ませんが
私も全国の主に病院を随分行脚しましたが全く解消されませんでした。
あるきっかけで先生のHPに巡り合えて先生の施術を受ける機会が出来たことを
大変ラッキーだったと今はしみじみ思っています。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月29日(火)12時45分58秒
  明日(9/30)来られたら、何故、貴女が悪化したのか、考えられる事を、ご説明いたしますが私の施術に対して、過去には無かった反応を示しておられるようです。

*全くの推測ですが、考えられる事項を以下に箇条書きして見ます。

1)現在、中途半端な「呼吸の改善率」である事によって、血液中の二酸化炭素と酸素の割合が違う事が考えられます。これにより施術前とは血液の質が違う事によって、壊れた、或いは壊れかけた細胞にむしろ悪刺激を与えて、それを「痒さ」として感じ取っている事も考えられます。

2)私の施術によって冷え性も改善されます。そちらは暖かいですから、あまり感じないかも知れませんが、今までよりは何となく身体が温かく感じませんか?。先回、確認出来た事では、貴女の冷え性は改善され足が温かい事が確認されております。お酒を飲むと血流が良くなり痒さが増すと言う方々は過去に何人もおられました。今現在の貴女の血流は、丁度、それと同じ状態かも知れません。

上記の1)と2)については、これも全くの推測ですが、その人の皮膚の細胞の壊れ方によっても、刺激を感じる場合と、そうでない場合があると思います。貴女の皮膚の細胞の壊れ方が良い悪いではなくて、上記の事により刺激を感じ易い、皮膚の細胞の状態である事も考えられます。

貴女に最初に申し上げておりますが、確認の意味で再度申し上げます。「痒さ」を何故、感じるのか?、と言う事ですが、人間が知覚として感じるものの内、幾つかありますが、「痒」さを感じる神経は無いと言われております。全ての「痒」さは何等かの原因で身体の各部位の細胞が破壊される時の、極小の痛みを「痒い」と感じているそうです。

アトピーの痒さは、「呼吸が悪い」事による質の悪い血液によって、細胞を取り巻く組織液が汚染され、これによって皮膚の細胞が破壊される時の痛みを痒いと感じております。過去の改善例を見ますと、「呼吸の改善率」が100%になった時点で、痒さも消失し、湿疹も改善されている事例は多くあります。アトピーに限らず、医療関係者が言うところの「アレルギー性の疾患」と言われる夫々の症状に共通した原因は、私の提唱する「呼吸の違和、或いは異常」が原因であると言う事は間違いのないところです。ただ、私にはこれを学術的に証明する事が出来ないだけです。それを実践的な施術によって「治す」と言う事で証明するしか今のところ手立てが無いと言う事です。

兎も角、貴女の呼吸が100%改善される事が「必須条件」になります。前回の感触では貴女の場合、標準的な(5~6回)施術回数で呼吸の改善が出来ると言う感触があります。しかし、また貴女を不安に陥れてしまうかも知れませんが、これはあくまでも過去の事例と比較して、私の第六感的な感触で、あくまでもやってみた結果としてしか、確実な事が言えない事をご理解ください。

貴女には何にもならない事ですが、思いつくままに書いてみました。また、書いているうちに、ついつい、興奮気味にもなってしまいました。次回の施術で貴女に好転反応が出てくれればと期待しているところです。どうぞ、お気をつけておいでください。
 

追記ありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月28日(月)22時04分20秒
  ステロイドをしっかり使って、なんとかしのげています。
下記に書いてくださったこと、心から感謝します。あれっぽっちの治療費で(飛行機代の10分の1程度で)ここまで親身になっていただいたことはありません。
この痒さから逃れられたらどんなにいいか…痒さのない生活なんてすっかり忘れてしまいました。
先生のところで痒みから逃れられることを本当に楽しみにしていますし、施術を信じています。一方で自分の汚い体を見るたび、体を掻き毟るたびに、自分の体が信じられず絶望的な気持ちになるのも事実です。
今後ともどうかよろしくお願いいたします。とりあえず明日まで仕事をがんばって、水曜日施術を受けるのを楽しみにしています。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月27日(日)18時03分1秒
  私がこの掲示板を設けた目的は、アトピーに限らず、私が扱う事の出来る夫々の「愁訴」でお悩みの方々に対して、私のやっている施術法(操法)が有効であると言う事を広く多くの方々に、知っていただき為です。勿論、中には効験が上手く出ない場合も、過去には何例もありました。この事は正確に言いますと、その方々が、私の事を信じられなくなって、途中で諦めた方々です。

今までにも何度か同じ事を申し上げておりますが、私の施術法はどなたに対しても同じ事しか出来ません。その上で、その方だけが上手く効験が出ない場合は、その方のお身体に問題があるとしか言いようがありません。この事は一見、無責任に聞こえるかもしれませんが、この様な事例に対して、何とか簡単に治す事が出来ないか、日常的に研鑽をしております。しかし、今のところは、どの様な状態の場合にも間違いなく、決定的に効験が得られると言う施術法がそう簡単には開発出来ないと言うのが、今現在の私の施術法の現状です。

しかし、アトピーに限らず、治り難い、効験が出難いと言う方々の中に、どうしても今の辛い症状から脱却したいと言われ、何回かかってもと言われて、治るまで施術した例はごく少数の例ですがあります。悪い事にこの様な方々は戻ってしまう事も早い傾向にあります。その後、何度もアフターケアを繰り返し、今では好調な持続期間が1年前後になった、と言う例もあります。要するに、治り難い人に対しては、私の施術法は、施術回数の予測は出来ないが、それを重ねる事によって必ず治す事が出来ると言う施術法であると言う程度のものに止まっていると言う事です。

貴方のアトピーに限って言わせていただければ、基本的にその原因は「呼吸の違和」が原因であると言う事は、紛れも無い事実であると、自信を持っております。兎に角、「呼吸の改善」を100%にする事が出来れば、必ず、好転反応が表れる事は間違いの無い事です。

もし、貴女が上手く治らなかったらどうしよう等と、私自身が自信を失う様な事では、今後の施術法に対しては、マイナス要素になると思っております。貴女に限らず、どなたの場合に対しましても常に自信を持った態度で施術に臨んでおります。

ステロイドに限らず、今までに貴女に対して生活習慣に気を配る様に申し上げた事は無いはずです。全く今までと同じ生活習慣で宜しいです。ただ、先回、申し上げました。特に頚椎(首)を歪めてしまう恐れのある、「寝姿」や「肘枕」、「枕」等は充分に気を配る必要があります。

今現在の貴女の辛さを重々、分った上で月並みな事しか言えなくて申し訳ありませんが、次回(4回目)の施術で「呼吸の改善率」が100%に近くなる事を期待しております。これが、80~90%になっただけでも、「痒さ」の程度に好影響を与える事は、過去の事例で何例も確認されております。3回目の施術終了後にその手応えを感じているところです。

良い事も、悪い事もいずれの場合も、何なりとお書き下さい。今まで出口の見えなかった事をやって来られた、貴女に対して必ず、光明が見える状態にするべく、私の持てるものを全て注ぎます。・・・と言って貴女に対してだけ特別な、と言う施術法はありません。好結果が見えるまで貴方に頑張っていただきたい、とお願いするしかありません。今の貴女の状況は「辛い」と言う一言に尽きると思いますが、何とか耐えて下さいとしか申し上げられません。
 

ありがとうございました

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月27日(日)12時42分6秒
  さっそくお返事いただいてありがとうございました。
もちろん先生を信じていることに変わりはありません。ただ、つらいときは今までの経験…「治りますよ」といいながら悪化すると「ストレスが」「食生活が」「心の問題」と治療を放棄されることが、こちらで多々あり(ストレスがあっても悪化が食い止められるように治療しているのに)、根拠のない不安に襲われてしまいました。
ステロイドの件、治療回数の件、承知いたしました。ステロイドについては、おそらく回数に関係ないだろうと予測はしておりました。安心しました。

いい話でないので、掲示板に書くのはどうだろう…と思っていましたが、先生から「悪い話でもかまわないので掲示板で経過を報告して」と言われていましたので、今回こちらに書き込ませていただきました。こうやって細かく悪いことも書き込んでおくのは、きっとこの掲示板を読まれる方の参考になると思います。

とりあえず来週の水曜日までがんばります。ありがとうございました。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月27日(日)11時53分22秒
  今の貴女には少しの変化や悪化したと言う状態に対して不安があると言う事はよく理解が出来ます。いずれに致しましても今現在の貴女の呼吸の改善率は非常に不安定な状態だと思われます。施術の数時間後から激しい痒みを感じたとの事ですが、施術との因果関係については決定的な事は分りません。

ただ、思い出して見ると3回目位で次の4回目との間が10日間位のインターバルがあったと言う例がありましたが、やはり、今までに無かった痒さを感じた事と、水ぶくれが出来たと言う人がおりました。この人は結果的に回数は多くなりましたが、完治状態になりました。今までに途中で私の事が信用出来なくなり、施術を断念された方々は、今となっては確認できませんが、今現在の貴女のように悪化したと思われた方々ではないかと推測しております。

兎も角、呼吸の改善率が100%になってからの「痒さ」の状態がどうなるかですが。必ず、軽減、或いは消失する事が期待出来ます。貴女に対しては、この状態に至るまでが、標準的な回数で到達出来ると確信しているところです。

ステロイドについてですが、私は薬理学を勉強しておりませんので、全く答える事は出来ません。ただ、言える事は過去にも、初めて私の所に来られた時点の、ご自分の皮膚の状態や痒さが酷いのは、よく言われるステロイドの副作用ではないかと心配されている方々は多くおりました。この大半の方々が、呼吸の改善率が100%に達したと思われた時点からは、「痒さ」も「皮膚の状態」も明らかな好転反応を自覚されております。勿論、その時点で、ステロイドを使用する必要が一切、無くなったと言っております。

ステロイドと私の施術との因果関係は全く心配しなくて良いように思います。従いましてステロイドの使用は全く問題が無いと思われますので、楽だと思われたら使い続けて下さい。

今回の悪化したと思われる現象によって施術回数が増えるとは全く思っておりません。今現在の貴女には、私が何をどう言っても不安な精神状態である事は十分に理解の出来ることですが、私の事を信用して下さい。必ず、5~6回で明らかな好転反応が期待出来ると思っているところです。

もう少しのご辛抱です。お辛いでしょうが、我慢してお仕事をお続け下さい。
 

阪井先生

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月26日(土)14時14分55秒
  先日は3回目の施術ありがとうございました。呼吸も改善してきて、もしかしたら今週から痒みが減るかも・・・と期待していましたが、施術の数時間後から激しい痒みに襲われ、睡眠も取りにくく、肌も酷い状態になってしまいました。
これが施術に関係するのか、ホルモンの関係なのか(生理前)わからないのですが、施術に関係するのであれば、悪化する人はめったにいないと先生がおっしゃってたので、やっぱり私は特殊なのか・・・このままどうなってしまうのか、不安になってしまいました。

仕事があるので、とりあえず来週水曜日まで強めのステロイドで抑えようと思います。

そこでお聞きしたいのですが
ステロイドを使うことで痒みの改善が遅くなるということは今までありましたか
また、今までの感触で標準の回数で終了できそうだというお話でしたが、今回の痒みの悪化でそれが変わることはありますでしょうか

先日のお話ではないですが、せっかく私なんかを雇ってくれているので、できれば仕事は続けたいのですが、今の状態では仕事がしんどいです。
 

いるかさんへ・・・追伸

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月22日(火)10時07分26秒
  事前と事後の深呼吸の差が無くなる
つまり、「呼吸の改善率」が100%に達するまでの
施術回数には個人差があります。

貴女に対する今までの、2回の施術に対する感触としては、
貴女の身体に特殊と思われる要素が無いものと思われますので
標準的な施術回数で終了出来るものと推測しております。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月22日(火)09時43分53秒
  貴女が今、呼吸が楽に感じることと、
呼吸が100%改善されたこととは、根本的に違います。

推測ですが、多分、今の貴女の「呼吸の改善率」は30~50%
ぐらいかと思われます。これが、事前と事後で差を感じなく
なった時点で、100%の改善率になります。

100%の改善率になった時点で、「痒さ」を感じなくなります。
直ぐに、実感出来ると思いますが、貴女は兎も角、この痒さの
程度をチェックして下さい。施術は全く痒さが感じられなく
なった時点で終了致します。
 

呼吸の改善

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月21日(月)20時11分15秒
  阪井先生:
そうですか。かえって安心しました。痒みは相変わらず強いので、今の呼吸が100%なら…おかしい、痒みが減るはずだし。と思っていました。
24日は3時頃になると思います。帰りは最終(9時20分)なのでバタバタせずにすみそうです。
その次は30日の2時半頃の予定です。
遠方からで先生に気を使わせてしまい、恐縮してます。よろしくお願いいたします。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月21日(月)11時55分49秒
  よく眠れるようになって良かったですね。
アトピーの悪化要因の一つとして睡眠障害があります。
アトピーなどの皮膚病が無い女性が肌の状態が良くないと言うものは、
殆どが睡眠が異常になっていることが多いようです。

今の貴女の呼吸の状態が楽と感じていても、100%の呼吸状態ではありません。
施術の事前と事後の深呼吸の差が無くなったことが自覚出来れば、
殆どの場合で100%呼吸の改善がされたことが確認されます。
その時点で必ず「痒さ」が消失されたと自覚出来るはずです。
出来るだけ少ない回数で呼吸の改善がされることを願うばかりです。

9/24(木)は何時ごろになりそうですか?。
 

ありがとうございます

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月19日(土)16時40分34秒
  3月様:
メールどうもありがとうございました!具合は大丈夫でしょうか?またメールさせていただくので、どうかお暇なときに読んでくださいませ。

先生:
先日2回目の施術ありがとうございました。気持ちのよい呼吸(たくさん吸えて、たくさん吐ける)が続いています。マラソンでも挑戦したい勢いです。
夜はよく眠れるし昼も眠くありません。
あとは痒さが減ってくれるのを待つだけですね。また来週お願いします。
 

遅くなりました~~

 投稿者:3月メール  投稿日:2009年 9月16日(水)17時39分13秒
  先生電話ありがとうございました。
メールの方チェックしたのですがやはり業者メールと振り分けられてしまった様で
勝手に削除されてしまってました^^;
後で先生に私の携帯アドレス載せたメール送ります~~。

>いるか様
初めまして。レス遅くなってしまいスミマセン!
こちらにパソコンの方のアドレス載せておきます。
私で良ければ何でもお答え致しますので遠慮無くメール下さいませ。
携帯アドレスの方は先生から伝えて頂く様に頼んでおきますね。
私は東京府中市在住で40才の二児の母です。
とりあえずは気温差にご注意を。
寒さ対策にババシャツ類持参をお勧め致します~~
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月13日(日)15時35分33秒
  昨夜は大変ご苦労様でした。

今までにあまりこの様に呼吸が変化したと言われた例はありません。ただ、言えることは昨日やったことは、貴女の横隔膜と肋骨の動きが「呼気側」に悪いことは間違いなく確認されましたので、その改善を行ないました。通常、人間は「呼気」が悪いとは、あまり自覚しません。今まで吐き出す量(呼気量)が少なかったものが、施術により改善されて多く吐き出せるようになった分、吸気量(吸う量)が多くなります。このことによって「吸気」が楽になったと感じるのが普通です。それが呼吸全体が楽になったと表現されているものと思われ、これは施術後にどなたの場合も、この様に感じます。

詳細については割愛させていただきますが、過呼吸は「うつ病」の一つの症状です。貴女にそれがあるとは考え難いことです。常に「深呼吸をしているように感じる」のは、今までの悪いと思われる呼吸との違いを感じているものと推測されます。少し違和感を感じるかもしれませんが、今の貴女の呼吸の状態はむしろ「正常側の状態」だと思われますので、ご心配されませんように。

数日間(4~5日位)で戻ると言いましたが、今の「いつも深呼吸をしている感じ」は必ず戻るものと思われますので、ご心配されませんように。

文面からは今のところは、貴女の呼吸はむしろ良い状態と理解しております。今の貴女の呼吸の状態は「肺の換気能力」を高めている傾向にあると思います。アトピーに限らず「アレルギー性の疾患」の原因は肺の換気能力が悪く、その結果、血液中の二酸化炭素が多く、その分酸素が少ない、所謂、質の悪い血液が、身体の各部位の細胞を破壊することが原因であることは間違いありません。従いまして、この「肺の換気能力」を正常にすることが出来れば必ず治ります。

もし、今の貴女の「いつも深呼吸している感じ」が数日間続くようでしたら、もしかしたら「痒さ」が少し軽減された、や「顔の色」に少し変化を感じる、かも知れませんので、よく観察しておいて下さい。

一週間位空いてしまうことに付いては、今までにもこの様な例はありました。これが「完治状態」になるまでの回数にどの様な影響を与えるのかについては個人差もあることで、全く予測が出来ません。それ程大きな影響が無いものと推測されますが、あくまでもやってみた結果として、捉えることしか出来ません。
 

昨日はありがとうございました

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月13日(日)13時16分1秒
  昨日はバタバタと急がせてしまい申し訳ありませんでした。親身に親切に施術していただき、感謝しております。「必ず治す」とのお言葉に本当に励まされました。
昨日確かに感じた呼吸の違いは、なぜか今朝になって過呼吸気味に変わってしまいました。たくさん息を吸わないと気がすまなくなりいつも深呼吸をしている感じです。この変化が肌に影響してくるのを楽しみにしています。
さて、次回ですが、9月17日(木)の12時半~1時くらいに来院する予定です。その次は連休の影響で24日(木)しか飛行機が取れませんでした。一週間空いてしまうので、施術に影響しないか少し心配です。
それでは、また次回よろしくお願いいたします。
 

RNさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月12日(土)12時30分29秒
編集済
  RNさん、正常な状態をキープされていることは、結構なことです。
いくら匿名とは言え、RNさんが「うつ病」であると言うことを
オープンにされていることは、この掲示板を見ておられる
他の方々には大いに希望を与えるものだと思っております。

他の方々に私のことを紹介していただいても、関心の無い人は多くおります。
これは、致し方の無いことです。

以前に、お父さんからも大変ご丁寧なお手紙をいただきました。
ご両親にもくれぐれも宜しくお願い致します。

GOOD LUCK
 

RNです

 投稿者:RN  投稿日:2009年 9月11日(金)11時08分58秒
  先生、アフターケアを受けてからもう既に1年半ぐらい経過しています。
先生に忘れてしまわれそうなくらい経過してますが、今のところ
全く問題無しで過ごしております。

職場にも「うつ」で長期休暇を取っている人がおりますが、
先生の所を紹介しても一向にやる気がなさそうです。

今では当時の苦しんだことを忘れてしまうぐらい調子が良いです。
先生は「世のため人のため」をモットーに頑張っておられると思います。
どうぞお体にお気をつけていつまでもお元気でいて下さい。
 

いるかさんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月11日(金)10時12分35秒
  承知いたしました。
12日はOKですので、あわてずにユックリおいで下さい。

*手稲駅からの道案内をお知らせいたします。

札幌駅から手稲行か小樽行にご乗車下さい。この時間帯であれば快速があるはずです。
「手稲駅」に着きましたら、改札口を出てその先の扉を左側に出まして少し歩くと
左側にエスカレーターと階段があります。それを降りた所にバス停があります。

JRバスの40番か48番にご乗車下さい。「前田6条16丁目」で下車して下さい。
下車するバス停は駅から五つ目位だと思います。当院はバス道路に面していますが、
そのバス道路の片側(バスの進行方向に向かって右側)にしか家がありません。
バス停から20m位戻った所に歩行者用の信号がありますが、
その付近に、緑色で「さかい均整院」の看板があります。

尚、バスの「時刻表」は駅の改札口を出ますと前方に扉があります。
その扉の手前、左側にあります。それの40番と48番をご参照下さい。
 

申し訳ありません

 投稿者:いるか  投稿日:2009年 9月11日(金)00時04分16秒
  阪井先生:
明日朝にお電話いたしますが、こちらの方を先に見ておられる可能性がありますので、念のため書き込んでおきます。
本日仕事から帰って飛行機を予約しようとしたら、帰りの便がどこの航空会社も満席で、一席も予約することができませんでした。金曜の夜はどこも空きがないそうです。
下記のように書き込んでいただいて恐縮ですが、9月11日から12日(土)に変更は可能でしょうか。14時千歳空港着の便を予約しております(支払いしておりませんので、取り消し可能です)。
夜遅くなってしまったので営業日の確認ができず申し訳ありません。明日お電話で確認させていただきます。とりあえず11日(金)は来れなくなったということを取り急ぎお伝えいたします。

3月様、書き込み拝見しております。もしご助言いただければ心強いです。
 

3月さんへ

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月10日(木)17時21分20秒
  3月さん、投稿されておられる「いるか」さんが
9月11日にご来院の予定です。
因みに、関東圏にご在住の方との事ですが、
何かご助言がありましたら、お願い致します。

久々に関東圏の方が来られますので
「いるか」さんのお身体に特別な問題が無ければと願うばかりです。

私の施術法には特別と言うものはありません。
どなたに対しても同じ事しか出来ませんが
敢えて言えば、ごく慎重にやるだけです。
今は、久々に身が引き締まると言う心境です。
 

いるかさんへ・・・3

 投稿者:阪井メール  投稿日:2009年 9月 4日(金)10時22分59秒
  貴女の文章からご決意の程が強く伺われます。私や私の施術法に対して全く未知のはずなのに、それを信頼?していただいて大変恐縮いたしております。

確かに新施術法が開発されて以来、飛躍的に個人差も少なくなり、持続期間も飛躍的に延伸されたことが何例も確認されております。しかし、やはり特殊と思われる人も何人か確認出来ており、その人に対して回数が多くなって、効験が顕著に表れないことから断念される方々は現在までに何例もあります。ただし、この様な方々に対しては、私にとっては後数回で必ず治ると確信出来た方々で後数回なのに・・・と何度も悔しい思いや挫折感を味わって参りました。貴女のお身体が特殊で無いことを祈るばかりです。

完治状態になれば日常的な生活習慣は特別なご配慮は全く必要ありません。ただし、絶対にやってはいけないことが一つだけあります。それはHPにも記してありますが「うつ伏せ寝」は絶対禁止事項です。もし、貴女がそれをされている様でしたら、私の施術法に対する効験は全く望めません。貴女がこれに該当される様でしたら、完全にそれを直されてから、と言うことが「必須条件」になります。
 

レンタル掲示板
/2