teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「プロデル用wbeep.dllサンプルプログラム」

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月17日(木)19時28分6秒
返信・引用
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。
日本語プログラミング言語プロデルでwbeep.dllを利用できることが確認できました。
以下はwbeep.dll付属のサンプルプログラムをプロデル用に移植したものです。
まずは保存先のフォルダを作成し、wbeep.dllをこのフォルダにコピーします。
そして、プロデルデザイナ上でプログラムを新規作成してから、以下のプログラムを
コピー&ペーストして保存先のフォルダに”保存してから”実行してください。

ーーーここから下がプログラムです。
wBeepCloseは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepClose」)を作る
wBeepCloseの戻り値型は、整数
wBeepCloseの引数型一覧は、{}
wBeepGetPosは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepGetPos」)を作る
wBeepGetPosの戻り値型は、整数
wBeepGetPosの引数型一覧は、{}
wBeepOpenは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepOpen」)を作る
wBeepOpenの戻り値型は、整数
wBeepOpenの引数型一覧は、{整数}
wBeepPauseは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepPause」)を作る
wBeepPauseの戻り値型は、整数
wBeepPauseの引数型一覧は、{}
wBeepPlayは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepPlay」)を作る
wBeepPlayの戻り値型は、整数
wBeepPlayの引数型一覧は、{}
wBeepResetは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepReset」)を作る
wBeepResetの戻り値型は、整数
wBeepResetの引数型一覧は、{}
wBeepSetEventは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepSetEvent」)を作る
wBeepSetEventの戻り値型は、整数
wBeepSetEventの引数型一覧は、{整数,整数}
wBeepSetMmlは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepSetMml」)を作る
wBeepSetMmlの戻り値型は、整数
wBeepSetMmlの引数型一覧は、{文字列,整数}
wBeepSetSeは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepSetSe」)を作る
wBeepSetSeの戻り値型は、整数
wBeepSetSeの引数型一覧は、{バイナリデータ,整数}
wBeepSetToneは、ネイティブ関数(ファイル名「wbeep.dll」、関数名「wBeepSetTone」)を作る
wBeepSetToneの戻り値型は、整数
wBeepSetToneの引数型一覧は、{整数,整数}

sdata1は、{440, 220, 110, 55}
sdata2は、{988, 988, 988, 988, 0, 0, 1975, 1975, 1975, 1975, 0, 0}

se2というバイナリデータを作る
12回、カウンタに1からカウントして繰り返す
se2にsdata2(カウンタ)を整数として書き込む
繰り返し終わり

wBeepOpenを{8*1024}で呼び出して結果とする
もし 結果が 0でないなら 終了する。

wBeepSetToneを{2,10}で呼び出して結果とする

ーーー[TEST_BGM(c)2011-2018 naya]
mmlbufは、「T110L64R4[[]」
mmlbufは、mmlbuf&「O5DO3GO4RO5DO3GO4RO5DO3GO4RO5DO3GO4RO5EO3GO4CO5EO3GO4RO5EO3GO4RO5EO3GO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5F+O3GO4RO5F+O3GO4RO5F+O3GO4RO5F+O3GO4RO5GO3GO4CO5GO3GO4RO5GO3GO4RO5GO3GO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5F+O3AO4RO5F+O3AO4RO5F+O3AO4RO5F+O3AO4RO5AO3AO4CO5AO3AO4RO5AO3AO4RO5AO3AO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5BO3AO4RO5BO3AO4RO5BO3AO4RO5BO3AO4RO5AO3AO4CO5AO3AO4RO5AO3AO4RO5AO3AO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5DO3BO4RO5DO3BO4RO5DO3BO4RO5DO3BO4RO5EO3BO4CO5EO3BO4RO5EO3BO4RO5EO3BO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5F+O3BO4RO5F+O3BO4RO5F+O3BO4RO5F+O3BO4RO5GO3BO4CO5GO3BO4RO5GO3BO4RO5GO3BO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5F+O3AO4RO5F+O3AO4RO5F+O3AO4RO5F+O3AO4RO5EO3AO4CO5EO3AO4RO5EO3AO4RO5EO3AO4R」
mmlbufは、mmlbuf&「O5DO3AO4CO5DO3AO4RO5DO3AO4CO5DO3AO4RO5DO3AO4CO5DO3AO4RO5DO3AO4CO5DO3AO4R[]]」

wBeepSetMmlを{mmlbuf,mmlbufの文字数}で呼び出して結果とする

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
ウィンドウを継承する
はじめの手順
初期化する
ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
タイマー1というタイマーを作る
タイマー1の時間になった時の手順は、時間になった
タイマー1の間隔を50に変える
タイマー1を開始する
終わり
初期化する手順
ーー自動生成された手順です。ここにプログラムを書き加えても消える場合があります
この内部領域大きさを{320,240}に変える
この種類を「固定」に変える
この最大化ボタンを×に変える
この内容を「WBEEP.DLLテスト」に変える
ボタン1というボタンを作る
その位置と大きさを{0,0,96,28}に変える
その内容を「SE1」に変える
ボタン2というボタンを作る
その位置と大きさを{96,0,96,28}に変える
その内容を「SE2」に変える
その移動順を1に変える
終わり

時間になった手順
wBeepPlayを{}で呼び出して結果とする
終わり

閉じる時の手順
wBeepCloseを{}で呼び出して結果とする
終わり

ボタン1がクリックされた時の手順
wBeepGetPosを{}で呼び出してppとする
ppは、(((pp+1)/2)*2)+1
4回、カウンタに1からカウントして繰り返す
もし sdata1(カウンタ)は、0でないなら
wBeepSetEventを{pp,sdata1(カウンタ)}で呼び出して結果とする
もし終わり
ppは、pp+2
繰り返し終わり
終わり

ボタン2がクリックされた時の手順
wBeepSetSeを{se2,12}で呼び出して結果とする
終わり

終わり
 
 

「wbeep.dll」更新のお知らせ

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月17日(木)19時06分43秒
返信・引用
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。

「wbeep.dll」を更新しました。

【更新内容】
ver1.7.2
・MML再生時のテンポの処理を修正

MML再生時にテンポの値が大きい場合の内部処理を修正しました。


それでは、引き続き「wbeep.dll」と「ぷちゲースクリプト」をよろしくお願い
いたします。
 

「wbeep.dll」更新のお知らせ

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月12日(土)23時06分52秒
返信・引用 編集済
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。

「wbeep.dll」を更新しました。

【更新内容】
ver1.7.1
・MMLデータにループがない場合の再生の不具合を修正
・BCC++5.5用インクルードファイルの記述ミスを修正

wbeep.dllのMML再生に関する不具合を修正しました。
大変申し訳ありませんが、修正した最新版のものに差し替えてご利用ください。


それでは、これからも「wbeep.dll」と「ぷちゲースクリプト」をよろしくお願いいたします。
 

「wbeep.dll用簡易MMLコンバーター」公開のお知らせ

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月11日(金)18時20分3秒
返信・引用
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。

最大3チャンネルまでのMMLテキストデータをwbeep.dllで再生可能な単音の
MMLファイルに変換するコンバーター「wbeep.dll用簡易MMLコンバーター」
を公開しました。
nayaらぼホームページからダウンロードできます。

本ソフトを利用することで、自分で作曲したMMLデータ等を変換して比較的
簡単にwbeep.dllで再生できるようになりました。

それでは、これからも「wbeep.dll」と「ぷちゲースクリプト」をよろしくお願いいたします。
 

スクリプト投稿「MML再生スクリプト[Ys2 -Ice Ridge of Noltia-]」

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月 7日(月)21時39分39秒
返信・引用 編集済
  皆さんこんにちは。
日本ファルコムのアクションRPG「Ys2」より「-Ice Ridge of Noltia-」のMML再生スクリプトです。
バージョン1.1.3以降の最新版のぷちゲースクリプトで実行してください。
本スクリプトは原曲に著作権がありますので再生して楽しむだけにしてください。
著作権上、問題が報告された場合は直ちにこの投稿を削除させていただきます。

@screen 512, 384
@color 0, 0, 0
@font 2, 16, 0

@mes "[Ys2 -Ice Ridge of Noltia-]"
@mes "Copyright(c) Nihon Falcom Corporation"

@wbeep 8, 1, 10

@setmml "T110L64R2["
@addmml "O4RO2CO3CO4RRO3CO4RO2CO3CO4RO2CO3CO4CO3CO3CO4E-RO3CO4GO2CO3CO4B-O2CO3CO5DO2CO3CO5DRO3CO5DO2CO3CO5DO2CO3CO5DO3CO3CO5DRO3E-O5DO2CO3GO5DO2CO3B-"
@addmml "O5DO1B-O4DO5DRO4DO5DO1B-O4DO5DO1B-O4DO5GO3CO4DO5GRO4DO5GO1B-O4DO5GO1B-O4DO5FO1B-O4CO5FRO4CO5FO1B-O4CO5FO1B-O4CO5CO3CO3FO5CRO3FO5CO1B-O3FO5CO1B-O3F"
@addmml "O5DO1A-O3GO5DRO3GO5DO1A-O3GO5DO1A-O3GO5DO3CO3GO5DRO3GO5DO1A-O3GO5DO1A-O3GO5DO1A-O3GO5DRO3GO5DO1A-O3GO5DO1A-O3GO5E-O3CO3A-O5DRO3GO5E-O1A-O3A-O5FO1A-O3B-"
@addmml "O5DO1GO3GO5DRO3GO5RO1GO3GO5DO1GO3GO5DO3CO3GO5DRO3GO5GO1GO3GO5FO1GO3GO5GO1GO3GO5GRO3GO5GO1GO4DO5GO1GO4CO5GO3CO4DO5GRO4DO5GO1GO4DO5GO1GO4D"
@addmml "O5DO2CO3GO5DRO3GO5DO2CO3GO5DO2CO3GO5DO3CO3GO5DRO3GO5DO2CO3GO5DO2CO3GO5CO2CO3GO5CRO3GO5CO2CO3GO5CO2CO3GO5CO3CO3GO5CRO3GO5CO2CO3GO5CO2CO3G"
@addmml "O5E-O2CO4CO5E-RO4CO5E-O2CO4CO5FO2CO4DO5FO3CO4DO5FRO4DO5GO2CO4E-O5GO2CO4E-O5FO2CO4DO5FRO4DO5FO2CO4DO5E-O2CO4CO5E-O3CO4CO5E-RO4CO4B-O2CO3GO4B-O2CO3G"
@addmml "O5CO1A-O3GO5CRO3GO5CO1A-O3GO5CO1A-O3GO5CO3CO3GO5CRO3GO5CO1A-O3GO5CO1A-O3GO5GO1A-O3GO5FRO3GO5GO1A-O3GO5GO1A-O3GO5GO3CO5CO5GRO4B-O5GO1A-O5CO5GO1A-O5C"
@addmml "O5GO1A-O5CO5GRO5CO5GO1A-O5CO5GO1A-O5CO5GO3CO5CO5GRO5CO5GO1A-O5CO5GO1A-O5CO4A-O1A-O3FO4B-RO3GO5CO1A-O3A-O5DO1A-O3B-O5E-O3CO4CO5DO3CO3B-O5CO3CO3A-O4B-O3CO3G"
@addmml "O5CO2FO3A-O5CRO3A-O5CO2FO3A-O5CO2FO3A-O5CO3CO3A-O5CRO3A-O5CO2FO3A-O5CO2FO3A-O4A-O2FO3FO4B-RO3GO5CO2FO3A-O5DO2FO3B-O5E-O3CO4CO5E-RO4CO5E-O2FO4CO5E-O2FO4C"
@addmml "O5CO2FO3A-O5DRO3B-O5E-O2FO4CO5FO2FO4DO5GO3CO4E-O5GRO4E-O5GO2FO4E-O5GO2FO4E-O5GO2FO4A-O5GRO4A-O5GO2FO4A-O5GO2FO4A-O5GO3CO4A-O5GRO4A-O5FO2FO4A-O5E-O2FO4A-"
@addmml "O5FO2GO4A-O5FRO4A-O5FO2GO4A-O5GO2GO4B-O5GO3CO4B-O5GRO4B-O5GO2GO4B-O5GO2GO4B-O5GO2GO4B-O5GRO4B-O5GO2GO4B-O5GO2GO4B-O4FO3CO3A-O4FRO3A-O4FO2GO3A-O4GO2GO3B-"
@addmml "O4GO1GO3B-O4GRO3B-O4GO1GO3B-O4GO1GO3B-O4GO3CO3B-O4GRO3B-O4GO1GO3B-O4GO1GO3B-O4GO3CO3B-O4GRO3B-O4GO1GO3B-O4GO3CO3B-O4GO3CO3B-O4GO3CO3B-O4GO3CO3B-O4GO3CO3B-"
@addmml "O5CO2CO3GO5CRO3GO5CO2CO3GO5CO2CO3GO5CO3CO3GO5CRO3GO4B-O2CO3FO5CO2CO3GO4GO2CO3CO4GRO3CO4GO2CO3CO4GO2CO3CO4GO3CO3CO4GRO3CO4GO2CO3CO4GO2CO3C"
@addmml "O5CO1A-O3GO5CRO3GO5CO1A-O3GO5CO1A-O3GO5CO3CO3GO5CRO3GO5CO1A-O3GO5DO1A-O3GO5E-O1A-O4CO5E-RO4CO5E-O1A-O4CO5DO1A-O4CO5DO3CO4GO5DRO4GO5CO1A-O4GO5CO1A-O4G"
@addmml "O5DO1B-O4FO5DRO4FO5DO1B-O4FO5DO1B-O4FO5DO3CO4FO5DRO4FO5CO1B-O4E-O5DO1B-O4FO4B-O1B-O4DO4B-RO4DO4B-O1B-O4DO4B-O1B-O4DO4B-O3CO4DO4B-RO4DO4BO1B-O4DO4BO1B-O4D"
@addmml "O4BO1GO4DO4BRO4DO4BO1GO4DO4BO1GO4DO5CO3CO4E-O5CRO4E-O5DO1GO4FO5DO1GO4FO5DO1GO4FO5DRO4FO5FO1GO4A-O5FO1GO4A-O5E-O3CO4GO5E-O3CO4GO5DO3CO4FO5DO3CO4F"
@addmml "O5CO2CO3GO5CRO3GO5CO2CO3GO5CO2CO3GO5CO3CO3GO5CRO3GO4B-O2CO3FO5CO2CO3GO4GO2CO3CO4GRO3CO4GO2CO3CO4GO2CO3CO4GO3CO3CO4GRO3CO4GO2CO3CO4GO2CO3C"
@addmml "O5CO1A-O3GO5CRO3GO5CO1A-O3GO5CO1A-O3GO5CO3CO3GO5CRO3GO5CO1A-O3GO5DO1A-O3GO5E-O1A-O4CO5E-RO4CO5E-O1A-O4CO5FO1A-O4DO5FO3CO4DO5FRO4DO5GO1A-O4E-O5GO1A-O4E-"
@addmml "O5FO1B-O4DO5FRO4DO5FO1B-O4DO5FO1B-O4DO5FO3CO4DO5FRO4DO5FO1B-O4DO5FO1B-O4DO5B-O1B-O4FO5B-RO4FO5B-O1B-O4FO5B-O1B-O4FO5B-O3CO4FO5B-RO4FO5B-O1B-O4FO5B-O1B-O4F"
@addmml "O6CO2CO4GO6CRO4GO6CO3CO4GO6CO2CO4GO6CO2CO4GO6CRO4GO6CO3CO4GO6CO2CO4GO6CO2CO4GO6CRO4GO6CO3CO4GO6CO2CO4GO6CO3CO4GO6CO3CO4GO6CO3CO4GO6CO3CO4G"
@addmml "O5CO1A-O3A-O5CRO3A-O5CRO3E-O5CRO3A-O5CO1A-O3A-O5CO2E-O4CO5CO3CO4E-O5CRRO5CRO4E-O5CRO4E-O5CRO4CO5CRO4E-O5CRO4A-O5DRO4A-O5E-O3CO4A-O5FO3CO4A-"
@addmml "O5DO1B-O3B-O5DRO3B-O5DRO3GO5DRO3B-O5DO1B-O3B-O5DO2FO4BO5DO3CO4FO5DRRO5DRO4FO5DRO4FO5DRO4DO5DRO4FO5GRO4B-O5FRO4B-O5E-O3CO4B-O5DO3CO4B-"
@addmml "O5E-O2CO4CO5E-RO4CO5E-RO4E-O5E-RO4GO5E-O2CO5CO5E-O3CO5CO5E-O3CO5CO5E-RO5CO5E-RRO5E-RRO5E-RRO5E-RRO4GRRO4FRRO4E-O3CO4DO4DO3CO4C"
@addmml "O4E-O2CO3GO4E-RO3GO4E-RO3GO4E-RO3GO4E-O3CRO4E-O3CRO4E-O2CRO4E-RRO4E-O2FRO4E-O2E-RO4E-O2CRO4E-O2E-RO4E-O3CRO4E-O1B-RO4E-O3CRO4E-O3CR"
@addmml "O3A-O1A-O3A-O3A-RO3A-O3A-RO3E-O3A-RO3A-O3A-O1A-O3A-O3A-O2E-O4CO3A-O3CO4E-O3A-RRO3A-RO4E-O3A-RO4E-O3A-RO4CO3A-RO4E-O3A-RO4A-O3A-RO4A-O3B-O3CO4A-O4CO3CO4A-"
@addmml "O4DO1B-O3B-O4DRO3B-O4DRO3GO4DRO3B-O4DO1B-O3B-O4DO2FO4BO4DO3CO4FO4DRRO4E-RO4FO4E-RO4FO4E-RO4DO4E-RO4FO4FRO4B-O4FRO4B-O4FO3CO4B-O4FO3CO4B-"
@addmml "O4FO2CO4CO4FRO4CO4FRO4E-O4E-RO4GO4E-O2CO5CO4E-O3CO5CO4E-O3CO5CO4E-RO5CO4E-RRO4E-RRO4E-RRO4E-RRO4E-RRO4E-RRO4DO3CO4DO4E-O3CO4C"
@addmml "O4FO2CO3GO4DRO3GO4E-RO3GO4FRO3GO4DO3CRO4E-O3CRO4FO2CRO4DRRO4E-O2FRO4FO2E-RO4DO2CRO4E-O2E-RO4FO3CRO4GO1B-RO4A-O3CRO4B-O3CR"
@addmml "O5CO1A-O3A-O5CRO3A-O5CRO3E-O5CRO3A-O5CO1A-O3A-O5CO2E-O4C O5CO3CO4E-O5CRRO5CRO4E-O5CRO4E-O5CRO4CO5CRO4E-O5CRO4A-O5DRO4A-O5E-O3CO4A-O5FO3CO4A-"
@addmml "O5DO1B-O3B-O5DRO3B-O5DRO3GO5DRO3B-O5DO1B-O3B-O5DO2FO4BO5DO3CO4FO5DRRO5DRO4FO5DRO4FO5DRO4DO5DRO4FO5GRO4B-O5FRO4B-O5E-O3CO4B-O5DO3CO4B-"
@addmml "O5E-O2CO4CO5E-RO4CO5E-RO4E-O5E-RO4GO5E-O2CO5CO5E-O3CO5CO5E-O3CO5CO5E-RO5CO5E-RRO5E-RRO5E-RRO5E-RRO4GRRO4FRRO4E-O3CO4DO4DO3CO4C"
@addmml "O4E-O2CO3GO4E-RO3GO4E-RO3GO4E-RO3GO4E-O3CRO4E-O3CRO4E-O2CRO4E-RRO4E-O2FRO4E-O2E-RO4E-O2CRO4E-O2E-RO4E-O3CRO4E-O1B-RO4E-O3CRO4E-O3CR"
@addmml "O3A-O1A-O3A-O3A-RO3A-O3A-RO3E-O3A-RO3A-O3A-O1A-O3A-O3A-O2E-O4CO3A-O3CO4E-O3A-RRO3A-RO4E-O3A-RO4E-O3A-RO4CO3A-RO4E-O3A-RO4A-O3A-RO4A-O3B-O3CO4A-O4CO3CO4A-"
@addmml "O4DO1B-O3B-O4DRO3B-O4DRO3GO4DRO3B-O4DO1B-O3B-O4DO2FO4BO4DO3CO4FO4DRRO4E-RO4FO4E-RO4FO4E-RO4DO4E-RO4FO4FRO4B-O4FRO4B-O4FO3CO4B-O4FO3CO4B-"
@addmml "O4E-O2CO3CO4DRO3CO4CRO3CO4CO2CO3CO4CO3CRO4CO2DRO4CO2CRO4CRRO4CO3CRO4CO2E-RO4CO2DRO4CO2E-RO4CO3CRO4CO3CRO4CO3CRO4CO3CR"
@addmml "O3BO3CO3GO3BRO3GO3BRO3GO4CO3CO3AO4CRO3AO4CRO3AO4DO3CO3BO4DRO3BO4DO3CO3BO4DRO3BO4DRO3BO4E-O3CO4CO4E-RO4CO4E-RO4CO4FO3CO4DO4FO3CO4D]"

@playmml

*main
@wait 5
@goto *main
 

スクリプト投稿「wbeep.dll再生機能テスト」

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月 7日(月)21時33分53秒
返信・引用 編集済
  皆さんこんにちは。
ぷちゲースクリプトのバージョン1.1.3で追加されたwbeep関連機能のサンプルです。
バージョン1.1.3以降の最新版のぷちゲースクリプトで実行してください。
このスクリプトは自由に改造、使用していただいて構いません。

#tag key 0

@screen 512, 384
@color 0, 0, 0
@font 2, 16, 0

@mes "[-NIGHT CHASER- SHOOTING GAME BGM] "
@mes "Copyright(c)2011-2018 naya"
@mes "キーを押すと効果音を鳴らします。"

@wbeep 8, 2, 10

@setmml "T110L64R2O5RO3RO2RO5RO3RO2RO5RO3RO2RO5RO3RO2R"
@addmml "[O5GO3BO2EO5GO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2EO5DO3BO4CO5DO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2E"
@addmml "O5DO3BO4CO5DO3BO2EO5EO3BO2EO5EO3BO2EO5GO4DO2EO5GO4DO2EO5EO4DO2EO5EO4DO2EO5DO4DO4CO5DO4DO2EO5EO4DO2EO5EO4DO2EO5EO4CO2EO5EO4CO2EO5AO4CO2EO5AO4CO2E"
@addmml "O5GO4CO4CO5GO4CO2EO5EO4CO4CO5EO4CO2EO5GO3BO2DO5GO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5DO3BO4CO5DO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2D"
@addmml "O5DO3BO4CO5DO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5GO4CO2DO5GO4CO2DO5EO4CO2DO5EO4CO2DO5DO4CO4CO5DO4CO2DO5EO4CO2DO5EO4CO2DO5EO4DO2DO5EO4DO2DO5AO4DO4CO5AO4DO2D"
@addmml "O5GO4DO4CO5GO4DO2DO5EO4DO4CO5EO4DO2DO5GO4EO2CO5GO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5DO4EO4CO5DO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2C"
@addmml "O5DO4EO4CO5DO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5GO4EO2CO5GO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5DO4EO4CO5DO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4EO2CO5EO4DO2CO5EO4DO2CO5AO4DO2CO5AO4DO2C"
@addmml "O5GO4CO4CO5GO4CO2CO5EO4CO4CO5EO4CO2CO5GO3BO2DO5GO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5DO3BO4CO5DO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2D"
@addmml "O5DO3BO4CO5DO3BO2DO5EO3BO2DO5EO3BO2DO5GO3AO2DO5GO3AO2DO5EO3AO2DO5EO3AO2DO5DO3AO4CO5DO3AO2DO5EO3AO4CO5EO3AO2DO5EO3AO2DO5EO3AO2DO5AO3AO4CO5AO3AO2D"
@addmml "O5GO3AO4CO5GO3AO2DO5EO3AO4CO5EO3AO2D]"

@playmml

*main
@int %key, stick
@if %key, =, 0, *se_skip
@gosub *se
*se_skip

@wait 5
@goto *main

*se
@int %100, =, 440
@int %101, =, 0
@int %102, =, 220
@int %103, =, 0
@int %104, =, 110
@int %105, =, 0
@sound 100, 6
@return
 

「wbeep.dll」の公開と「ぷちゲースクリプト」更新のお知らせ

 投稿者:naya  投稿日:2018年 5月 7日(月)21時31分21秒
返信・引用 編集済
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。

WAVEデバイスを利用して単音ビープの効果音やMML音楽を鳴らすDLL
「wbeep.dll」を公開しました。

「ぷちゲースクリプト」を更新しました。
【更新内容】
ver1.1.3
・拙作の単音BEEPサウンドDLL「wbeep.dll」の同梱
・@bgm、@sound命令にwbeep.dll関連機能を追加
・@wbeep、@setmml、@addmml、@playmml命令を追加


単音BEEPサウンドDLL「wbeep.dll」の公開にあわせてぷちゲースクリプトに
DLLを同梱してwbeep関連の機能を追加しました。

@bgm、@sound命令でwbeep.dllを利用してMMLファイルと効果音の再生が
できるようにしました。

wbeepサウンドをオープンして使用できるようにする@wbeep命令を追加しました。
mmlバッファを初期化してMML文字列を書き込む@setmml命令を追加しました。
mmlバッファにMML文字列を追加する@addmml命令を追加しました。
mmlバッファに書き込まれたMMLを再生する@playmml命令を追加しました。
※MMLの文法については「wbeep.dll」アーカイブ内のreadme.txtをご覧ください。

上記の命令の追加によりメディアファイルがなくてもスクリプト単体で効果音や
BGMを再生できるようになりましたのでミニゲームなどで使えると思います。

単音BEEPサウンドはレトロチックで低機能ですが、工夫次第で魅力的なBGMを
鳴らすことができるので、気軽に楽しんで使っていただけると嬉しいです。

それでは、引き続きスクリプトの投稿などもお待ちしておりますので、
これからも「wbeep.dll」と「ぷちゲースクリプト」をよろしくお願いいたします。
 

スクリプト投稿「@int命令新機能テスト」

 投稿者:naya  投稿日:2018年 4月27日(金)18時37分46秒
返信・引用 編集済
  皆さんこんにちは。
最新版のぷちゲースクリプトで追加された演算機能のサンプルです。
バージョン1.1.2以降のぷちゲースクリプトで実行してください。
このスクリプトは自由に改造、使用していただいて構いません。

#tag cnt 0
#tag px  1
#tag py  2
#tag cx  3
#tag cy  4
#tag h   5
#tag gx  6
#tag gy  7
#tag ga  8
#tag gd  9
#tag stt 10

@screen 512, 384
@color 255, 255, 255

@int %cnt, =, 0
@int %cx, =, 256
@int %cy, =, 192
@int %h, =, 128

*main

@int %px, cos, %cnt
@int %px, *, %h
@int %px, /, 1024
@int %px, +, %cx

@int %py, sin, %cnt
@int %py, *, %h
@int %py, /, 1024
@int %py, +, %cy

@int %gx, =, %px
@int %gx, -, %cx
@int %gy, =, %py
@int %gy, -, %cy

@int %ga, ang, %gx, %gy
@int %gd, dist, %gx, %gy

@int %cnt, +, 1
@int %cnt, \, 360

@draw 0

@cls 0, 0, 0

@font 2, 16, 0
@pos 0, 0
@str %stt, =, "角度="
@str %stt, +, %ga
@mes %stt
@str %stt, =, "距離="
@str %stt, +, %gd
@mes %stt

@font 2, 32, 0
@int %px, -, 16
@int %py, -, 16
@pos %px, %py
@mes "●"

@draw 1

@wait 1

@goto *main
 

「ぷちゲースクリプト」更新のお知らせ

 投稿者:naya  投稿日:2018年 4月27日(金)18時32分40秒
返信・引用
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。
「ぷちゲースクリプト」を更新しました。

【更新内容】
ver1.1.2
・@int命令に演算子(abs、sin、cos、ang、dist、asc)を追加
・@str命令に演算子(write)を追加
・@gettext、@settext命令の追加

@int命令に新しい演算機能を追加しました。
abs(絶対値を取得)
sin(サイン値を取得)
cos(コサイン値を取得)
ang(基準点(0,0)からの角度を取得)
dist(基準点(0,0)からの距離を計算する)
asc(半角文字のアスキーコードを返す)

@str命令に新しい演算機能を追加しました。
write(文字列を上書き、挿入する)

バイナリバッファ内のテキストデータから指定行の文字列を取り出す@gettext命令を追加しました。
バイナリバッファ内のテキストデータから指定行に文字列を上書きする@settext命令を追加しました。

それでは、これからも引き続き「ぷちゲースクリプト」をよろしくお願いいたします。
 

「ぷちゲースクリプト」更新のお知らせ

 投稿者:naya  投稿日:2018年 4月23日(月)19時19分0秒
返信・引用
  みなさんこんにちは。管理人のnayaです。
「ぷちゲースクリプト」を更新しました。

【更新内容】
ver1.1.1
・使用できる変数の数を300個までに増加
・システム命令#tag命令を追加
・変数内の数値を番号として変数を操作する機能を追加
・ゲーム画面のフルスクリーン表示に対応
・セーブデータの暗号化に対応

スクリプトで使用できる変数の数を300個までに増やしました。
変数に名前を付けて操作できるシステム命令#tag命令を追加しました。
"%%0"と"%"を連続して指定することで変数内の数値を番号とした別の変数を操作する機能を追加しました。
@screen命令でゲーム画面をフルスクリーン表示に切り替えることができるようになりました。
@save&@load命令でセーブデータを暗号化して利用できるようになりました。

これからもマイペースに更新していきますので、「ぷちゲースクリプト」をよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/4